時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

手や足の指を骨折した場合、全治までどれぐらいかかる?

      2017/02/21

手や足の指を骨折した場合、全治までどれぐらいかかる?

手や足の指の骨折は、日常、誰にでも起こりうる怪我の一つです。

手は生活で一番使うものですし、足も勿論、歩行ことを考えれば出来るだけ早く治したいですね。

しかし、全治するまで放置や無理は厳禁ですよ!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


手の指の骨折、症状や治療法は?

足や手の指を骨折した際の症状には圧痛を含む患部の痛みや腫れなどがあります。

骨折した指は軽度と思って放置していたり、リハビリを疎かにしていると時に曲がってしまったり、形が歪んでしまうなど奇形になる場合もあります。

骨折の痛みの度合いも様々で、患部を動かすだけで激痛という事もあれば、我慢出来る位の鈍い鈍痛のこともあります。

痛みが少ないから軽度の骨折という訳では無いので必ず病院で早期に検査を受けましょう。

骨折の際の診断は、触診などの身体検査やX線検査で確認することがほとんどです。

治療にはテーピングを施したり副木を当てたりしますが。

複雑に骨折していたり安定性に欠ける場合は固定が必要になります。

重度の場合、ピンやネジ、ワイヤーなどを使った外科手術によって骨の固定を行います。

適切な治療やリハビリによって変形を防いだり、手の機能や力を維持することができますので自己判断で治療をやめたりしないようにしましょう。

指の骨折にも手術は必要?

指の骨折で手術が行われることがありますが、それはどのような場合に選択されるのでしょうか。

手や足の骨折の手術による治療は保存治療が行えないような重度の場合に採用されます。

例えば、骨片がたくさんあるものや、欠損してしまったもの、関節の中で骨折が起きたもの、整復した骨がズレて正常な位置にないものなどが対象になります。

これらの場合、治癒の際に変形したまま固まってしまう可能性が高く、骨同士がキチンとくっつかないこともあります。

手術には小さな骨の欠片を固定する細いワイヤー利用し、骨と骨の関節を固定する石黒法という手術法が行われます。

そして術後には、骨折が治癒した後に抜釘術が行われます。

抜釘術とは、骨折の完治後に骨に固定していたワイヤーや、ピン・ネジなどを外す事です。

指の骨折の際の予後は早期診断、早期治療が行えるかどうかで変わります。

頻度も高い骨折であり、 早期に整形外科などの専門医に診断を仰ぎましょう。

手指の骨折… 全治にどれ程かかる?

先月、小指の第二関節を骨折したAさん。

年明け初の通院の際についに副木(金属製の固定具)が外せたそうです。

指の骨折の治療期間は、骨折の場所や、軽度・重度などにより期間は変わります。

お医者さんによると、最低でも1ヶ月はかかるとのことです。

Aさんの場合でも、約1ヶ月固定具が外せなかったようです。

現在でもまだ小指を完全に曲げることは出来ず、握りこぶしは出来ないそうです。

リハビリの為、入浴時などに積極的に関節を動かすようにと言われているそうです。

完全に治癒するまでには安静にして1〜2ヶ月かかるそうですが、それにも個人差があるようです。

骨折の際の固定には、ギプスやシーネ、その両方を使ったこていがあります。

固定期間は約1ヶ月で、軽度であればもっと短い場合もあります。

骨折初期には痛みや腫れがある場合は消炎鎮痛剤などの内服が必要であり、固定具を外した後はリハビリが必要になります。

リハビリは関節の変形などを防ぐことも出来るため途中で辞めたりしないようにしましょう。

足の指の骨折 特に親指の骨折は重症化し易い

足の指の骨折は裸足で壁や家具などの硬いものにぶつかった衝撃が原因となることが多いです。

足の親指に関しては異常に曲がった場合に正常な位置に戻す必要があります。

ですが、 その他の指の単純骨折はギプスやシーネを用いなくても治すことが可能です。

テープやマジックテープを使って数週間固定します。

隣の指と骨折している指を固定するバディテーピングという方法もあります。

また、つま先にゆとりがある靴を履くことでつま先がぶつかっておきる不快感を抑えたり、骨折部を保護したりすることが出来ます。

そして骨折部分を支えるのに適した幅広で靴底の硬い靴を履くことがオススメです。

それでも靴を履くと痛みが出る時はお医者さんに相談すると骨折者専用の靴を処方してくれる場合もあるそうなので1度聞いてみるのも良いでしょう。

足の親指は上から物を落としてしまった時や、どこかにぶつけた時に骨折することが多いです。

ほかの指の骨折に比べて、親指の骨折は激痛や内出血、腫れが悪化する事が多いです。

親指の関節の骨折は、ギプスでの治療や、ひどい場合は外科手術が必要になります。

早期に医師の診断を受けることが必要です。

足の指をぶつけて激痛! これは骨折?打撲?

では、もしも足の指をぶつけた際に骨折か打撲を見極める方法はあるのでしょうか?

一般的には骨折した場合、床に足をつけることが出来ないほどの激痛と短時間の間に内出血による腫れを伴い色も紫色になるなどの症状が出ると言われています。

指を動かすことも困難な程の痛みがあることがほとんどでしょう。

一方、打撲の場合は激痛とまでは言わない程度の痛みと、内出血が起きます。

痛みはあるが指を動かすことが可能なことが多いようです。

ただしどちらの場合でも、骨折の経験が無ければ比べられないのでただ骨折したことがなければ比較ができないので素人が見極めるのは困難と言えそうです。

指の向きが異常であったり、尋常では無いほど腫れている場合には骨折の可能性が高いでしょう。

骨折をしていなくともヒビが入っている可能性もあるので冷やしても腫れが引かなかったり内出血がある時は医師の診察を受けましょう。

骨折をしている可能性がある場合は応急処置をした上で必ず診察を受け、適切な治療をしましょう。

しっかりとした処置を受けて固定をしていないと、骨同士がうまくくっつかずに奇形になってしまったり、治りが遅くなることがあります。

ただし、緊急の救急外来などでは整形外科の医師が不在の場合もあり骨折を見落としてしまう場合もあります。

打撲と診断されても腫れが引かない、痛みが治まらない場合はもう1度別の整形外科などの専門医の診察を受けレントゲンを撮る必要があります。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ