時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

離婚後の子供の保険証はどうなる?健康保険の基礎知識

      2017/02/24

離婚後の子供の保険証はどうなる?健康保険の基礎知識

離婚をすると色々なことが変わります。

子供の親権を自分ではなく母親が持つことになると、今までの保健相は使えなくなってしまいます。

今回は離婚後の健康保険の基礎知識をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


そもそも保険証って?

医療機関に受診する時には必ず必要になります。

というのも、医療費というのは結構高額ですから、収入に応じて治療を受けられない事を回避するために、日本ではすべての国民がどこかの健康保険に加入する事が義務づけられています。

健康保険に加入すると「健康保険被保険者証」(保険証)が交付されます。

これは、健康保険に加入していることを示す身分証明書になります。

これがないと受診しても、いくら加入しているといっても、医療費は全額負担になります。

つまり保険証は身分証明書であると同時に金券同様の役割をしますので、大切に保管してください。

保険証は医療機関の初診時に提示する事は必須ですが、通院している病院でも月が替われば提示しなくてはいけません。

提示をしなかった場合は給付金の支給が遅れる原因になることもあります。

また、仮に何らかの理由で健康保険の加入していない人がいるとします。

また偶々忘れただけだったとしても、自分の保険証を他人に貸したり、不当に使用することは、厳重に禁止されています。

子供が扶養家族として認められれば保険証が発行される

結婚したり、子供が生まれたりした時に、「扶養家族」として認められるために、別途手続きが必要になります。

妻の場合は所得制限などがありますので、多少ややこしいですが、子供の場合は、子供が収入を得ている事はほぼないので、加入手続きさえすれば保険証が発行されます。

健康保険には大きく二種類あります。

一つ目は会社が加入している健康保険です。

こちらの場合、健康保険料は、扶養家族が何人いても保険料は同じ(1人分)です。

例えば、妻、子ども2人、両親というように扶養家族が5人いても、扶養家族がいなくても「給与額が同じなら保険料は同じ」になります。

考えてみると不思議ですよね。

扶養家族のそれぞれが病院へかかり、医療費の3割は本人が支払い、あとの7割は健康保険が負担するのですから、扶養家族が多いほど、健康保険の負担が大きくなるにも関わらず、徴収する「保険料は1人分」という事です。

二つ目は「国民健康保険」です。

残念ながら扶養家族という考え方はなく、加入する人数に対して保険料(世帯所得という考え方)を納めるのですから、つまり扶養家族分だけ健康保険料がかかるのです。

実際、会社を辞めた人が、役所へ国民健康保険の加入手続きに行って「保険料が高い!」と驚く事が多いのです。

まして、保険料の算出には前年の世帯所得と本人の所得に対して保険料が計算されるため、会社を辞めてお金がないにも関わらず、勤めている時の収入をもとに計算されるのですから、仕方ないとはいえ家計への負担は増大します。

離婚後の子供の保険証はどうなる?

離婚すると、感情的な問題もたくさんありますが、思った以上に細かい事務手続きが必要になります。

子供がいる場合、二つのパターンが考えられます。

一つ目は、夫婦が共稼ぎでそれぞれ勤務先の健康保険に加入している場合です。

夫と妻のどちらの健康保険の被保険者になるかの基準は、原則として年収の多い方ということになります。

また、年収が同等の場合は「被扶養者移動届の提出等により、主として生計を維持している者の被扶養者として、保険者が決定する(昭和60.6保険発60号)」ことになります。

しかし、原則なので、実際の扶養状況を保険者(社会保険事務所・健康保険組合)に問い合わせてみてください。

二つ目は、離婚後別居し、妻を世帯主とする国民健康保険に妻が加入している場合です。

子供の住民票の住所が夫と妻どちらと一緒であるかによって、どっちに加入するか変わります。

なお、夫の被扶養者であった子供を、妻の被扶養者に変更する場合は、子供の資格喪失証明書が必要になってくるので、離婚の際に、夫側に送ってもらうよう手配しておきましょう。

勤務先の健康保険に加入している時の離婚後の手続き

健康保険の加入は国民の義務であると前述いたしました。

つまり一人で一つ以上の健康保険には加入できません。

もし妻と子供が夫の勤務先の健康保険に加入している場合は、夫の勤務先の健康保険から脱退しないと、他の健康保険には加入できないのです。

まずは夫が、勤務先を通じ健康保険から妻と子供を脱退させる旨連絡すると健康保険の資格喪失証明書が発行されます。

夫は妻に対して、この健康保険の資格喪失証明書を妻に送付し、妻が資格喪失証明書を市区町村役場に持参します。

窓口で、どこの健康保険にも属していないという事が、資格喪失証明書で証明できるので、そこで初めて国民健康保険の加入手続きを行うことが出来ます。

これで妻を世帯主とする国民健康保険の保険証が新たに作成されます。

では、夫婦共働きだった場合です。

もし、妻がすでに自分が勤める会社が加入している健康保険に加入しているのであれば、子供の手続きだけになります。

妻が夫の健康保険に加入していたのであれば、離婚後に会社員として健康保険に勤務先を通じて保険加入手続きを行います。

妻や子供が妻の勤務先の健康保険に加入する場合も、国民健康保険に加入する場合も、夫の勤務先から資格喪失証明書を送付してもらう必要があります。

国民年金の場合は離婚後子供を扶養に入れる事ができない

離婚の相談の中でわりと多いのが、離婚後、子どもを引き取るのだけれど、子どもの健康保険はどうすれば良いのかということです。

ネットの離婚情報サイトなどを見ると、「離婚後妻が子どもを引き取った場合でも子どもは夫の健康保険の扶養に入れる」というようなことが書かれていますから、離婚後も子どもは夫の扶養に入れておいた方が良いのではないかと考える人が多いようです。

しかし、夫が国民健康保険に加入している場合、そもそも「扶養」に入ることはできません。

何故なら、前述した通り、国民健康保険には「扶養」という概念がないからです。

扶養家族の分だけ健康保険料はかかります。

会社の健康保険とは違うのです。

国民健康保険は「世帯」ごとの加入することになります。

つまり、離婚すれば、当然夫とは別の世帯として国民健康保険に加入する必要があります。

そして、多くの場合妻が親権を有していると思いますが、仮に世帯が違う夫の国民健康保険には子供は加入できません。

では夫が会社などの健康保険に入っている場合はどうでしょうか?確かに離婚後も子どもは夫の健康保険の扶養に入れるようになっています。

けれど、だからと言って、夫の健康保険に入れておいた方がメリットがあるかどうかは微妙な所です。

離婚をすれば、妻は夫の扶養とはなりません。

そのため働いているのであれば、自分の会社の健康保険に入るか、国民健康保険に入るのか選択が必要です。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ