時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

年上彼女と結婚すると子供が言い出した…親としてどうする?

      2017/03/23

年上彼女と結婚すると子供が言い出した…親としてどうする?

もしあなたの子供が年上彼女と結婚したいと言い出したら?

結婚を前提に付き合ってると紹介されたら?

親としてあなたならどう受け止めますか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


年上彼女と結婚したいと子供が言い出した!年上彼女と付き合う(結婚する)メリット3つ!

ポリシーをしっかり持っている

年上の彼女は若い女性と違い自分のポリシーを持ち、様々な経験を重ねてきた女性です。

私生活や仕事において自分のやり方をしっかり持っているので、年下の男性からするととても落ち着きがあり魅力的に見えます。

ある程度人間形成が出来ているので、彼氏も良い刺激を受けながらお互い成長できる関係を築けるでしょう。

年上の彼女は人生経験の豊富な先輩と言えます。

お付き合いすることで「自分をしっかり持っている女性」に対する接し方を知る機会を与えてくれます。

包容力の強さ

年上彼女は若い女性と比べ包容力があります。

自分の経験から他人の痛みも良くわかり、寛容な対応を選択できます。

彼氏の知らないことを知っていたりと、経験豊富な言動をしてくれるのも年上の彼女の魅力です。

何かを相談した時にはしっかりとしたアドバイスや優しく背中を押してくれるでしょう。

普段の生活から刺激的な魅力を感じることができるでしょう。

普段から気を使ってお付き合いができる

彼女が年上の場合、最終的に考えるべきものは「出産と結婚」になります。

年が上の分、結婚に対しては彼女の方が真剣に考えていると捉えていいでしょう。

近年、晩婚や高齢出産が珍しくない時代になりましたが、若いうちに出産することのメリットは依然として変わっていません。

年上の彼女とのお付き合いで交際期間の割に結婚の話が出てこない場合、彼女は次第に不安を抱えたお付き合いをするようになってしまいます。

年上の彼女とお付き合いをするということは、相手の年齢や人生に対して責任を持ちながらお付き合いする必要があります。

年上彼女と結婚したい子供に分からせておきたい現実問題3つとは?

カップルに見えない?!

二人きりの時はお互い何も気にしていなくても、公衆の場では「どのように二人が見えているのか」と女性は気にしてしまいがちです。

周りの視線を気にしてしまうと楽しい外出も段々と楽しくなくなってしまいます。

カップル同氏はお互いを好きで付き合っているのですから、周りを気にせず自信を持て堂々と楽しみましょう。

少しでも若くしていたい

彼女が年上の場合、彼氏と同年代の女の子に負けないようにと派手なメイクや似合わない服など無理な若作りに一生懸命になってしまいがちです。

彼に好かれたい一心で間違った方向へ美を追求してしまうこともあります。

本来、彼は元々持っていた大人の魅力に対して好意を持ったはずですので、無理に若い子の真似をしても意味がないのです。

頼られ過ぎると困る

年上という現実は男性が思っている以上に気にしているものです。

自分が年上であるが故に彼に甘える態度がとれない人もいるくらいです。

同年代のカップルであろうと、年の差カップルであろうと、女性は男性にリードしてもらいたいと思っています。

また、年上の女性だって甘えたい時があるものです。

彼女が年上だからと言って完全に頼りきりでは彼女の方が困ってしまいます。

「俺に頼っていいよ」というアピールだけでも彼女の気持ちは楽になるでしょう。

年上彼女と結婚したい子供に教えてあげたい長続きするコツトップ3!

彼女のことを想ってあげる

年上・年下に関わらず女性想いであることを心がけましょう。

彼女が年上ならばなおさらです。

自分が年下だからといって無理に気を張る必要はなく、普通の恋人同士として接していくことが重要です。

自分から会いたいと言ったり、彼女のためにデートを計画したりと彼氏らしさをアピールしてあげましょう。

年上であることからうまく甘えられない女性の気持ちも汲みとり、あなたでよかったと思ってもらえる彼氏になってあげてください。

男として彼女を引っ張る態度をみせる

年上の彼女は自分より人生経験が豊かな分、いざという時に頼れたり、気配りが出来たりします。

彼女を尊重しすぎるあまり、彼女のやりたいようにしてあげてしまいがちになります。

しかしそれでは、彼女はどこか物足りなさを感じてしまいます。

年齢関係なく女性は男性にリードしてもらいたいものなので、少しくらい強引に引っ張っていける存在になることも重要です。

無理に意地をはらない

経験が豊かであることから、会話中に彼女から子ども扱いされたり、仕事のダメだしをされたりするかもしれません。

男としても年下として扱われることや仕事の部分に触れられることは嫌なものです。

しかし、そこで無理にムキになったり、張り合ってはいけません。

それこそが子供じみた態度になってしまいますので、余計に子供だという印象を与えてしまいます。

自分が年下だという変えられない事実に対して張り合う必要はないのです。

ただ、言われることが嫌ならば彼女に言って欲しくないと伝えるだけでいいでしょう。

あなたが彼女を年上だからで判断していないということを伝えれば、お互いが持つ不要な概念は取り去ることができるでしょう。

年上彼女と結婚したいという子供に気持ちを理解したいあなたが考えるべきこととは?

彼は甘えん坊タイプ?

年上の女性と付き合う男性は末っ子で甘えん坊なんでしょ?

という質問が多くありますが、そうとも言えません。

私のいままでの彼も全員が長男で、全員年上女性と付き合うのが初めてでした。

兄弟の何番目かということより自分が何タイプか(姉タイプ・妹タイプ)、彼が何タイプか(兄タイプ・弟タイプ)に関係すると感じます。

姉と弟、兄と妹タイプの二人は相性が良いと思います。

私は妹タイプなので年齢関係なく兄タイプの男性と気が合うことが多いです。

とはいえ、やっと甘えることのできる存在ができたという声はやはり年下男性から良く聞かれます。

しかし、年齢関係なく誰だって甘えたい時はあるものです。

甘えたい男ではなく自由になりたい男が、年上の女性との関係でのびのびできるようになったという感覚に近いのではないでしょうか。

そのうち若い子に乗り換えてしまうのでは?

「数年お付き合いをした結果、年下彼氏がいい男に変化して年下女性に取られてしまった。」という声は良く聞かれます。

こればかりはお付き合いした経過にもよりますが、出会い方にもよると思います。

年下男性と運命の出会いをし、結婚したカップルも大勢います。

年上であると「いつか別れるのでは?」という不安が強くなる傾向にありますが、不安に負けて破滅したカップルも多く見てきました。

一番大事なのは周りの一般論に流されず、お互いのことを良く考えるということです。

年上彼女と結婚しようとしている子供を持つ親なら相手女性の結婚観をも理解しよう!

年上初婚女性の結婚観

経済的に独立していても、社会的地位を持っていても、未婚の女性は結婚にある種の夢を持っていると言っても過言ではありません。

そのため、結婚したければ心を込めてプロポーズすれば相手の女性は受け入れてくれるでしょう。

女性の親も貰い手が現れると安堵の気持ちが芽生えます。

ただし、男性が若すぎると、経済的な不安や後々捨てられるのではないかという心配も多くなります。

そこを乗り切ることができればあとはスムーズに話は進むでしょう。

お互いの親も年齢が離れるため若い親同士のようなギスギスした雰囲気もないでしょう。

しかし、相手の親は晩婚であっても結婚式はしっかりと挙げることを望むものですから、可能な限り彼女と相手親の希望を叶えてあげられるように心がけましょう。

あなたへの遠慮から「もう歳だから結婚式は・・・」と言うかもしれませんが、女性というものはいくつになっても一生に一度の結婚式の夢を叶えたいと思っているものです。

たとえ彼女が何と言っても、あなたの意向で結婚式を挙げたいと言ってあげれば彼女は感激すること間違いなしでしょう。

年上バツイチ女性の結婚観

バツイチの女性は結婚に失敗した過去の経験から「また失敗するかも」「同じ思いはしたくない」とマイナスに偏った考えをしてしまいがちです。

また、今の生活を壊したくないという思いから別れる気持ちはなくても結婚に踏み切れるだけの勇気も出せないと思い込んでしまいます。

さらに子供がいる場合は、子供の反対を恐れたり、新しく子供ができた時の我が子の気持ちを考えたりと余計に決断しづらい立場に陥ります。

初婚のあなたやあなたの両親への配慮から遠慮していることもあります。

彼女の持つマイナス思考を払拭できるような言動をしていかないと、ただプロポーズするだけではうまくいかないかもしれません。

彼女はあなたのこと周りのこと、そして自分のことを考えて総合的に判断します。

マイナス思考を持っていると考えて、プロポーズする前から彼女のマイナスを解決していく覚悟をもって話を進めていく必要があります。

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ