時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

悩んでない?年上彼女の呼び方ってどうしてますか?

      2017/02/23

悩んでない?年上彼女の呼び方ってどうしてますか?

歳の差にもよるかも知れませんが、年上の彼女がいるあなたは彼女のこと、どんな風に呼んでますか?

「○○さん」ではよそよそしい感じがするし、呼び捨てもちょっと…。

どんな呼び方が多いのか、調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


年上の彼女の呼び方一つであなたへの印象や接し方が変わることもある!

最近は年上の女性と付き合っている男性も少なくないです。

女性の結婚年齢が高くなってきているせいもあるでしょう。

年上の女性は年齢を気にしてる場合もあります。

もっと仲良くなるために呼び方や話し方に気をつけてみましょう。

結婚するまで年齢をごまかしていたり、なかなか年齢を教えてくれなかったりする人もいます。

それだけ女性が年齢を気にしているということです。

男性は年齢を気にするという事はあまりありません。

しかし女性は違います。

この気にしてしまうという性質を利用して、呼び方で印象をよくすることは難しくありません。

ある程度仲良くなってきたら、距離を縮めるためにも言葉遣いを変えてみましょう。

例えば、年上の女性に対して呼び捨てにしたり、タメ口を使ったりしましょう。

二人の仲がぐっと縮まると思います。

しかし、これは個人差があります。

不快に思ってしまう女性もいるかもしれません。

そこは相手の様子をよく見て使い方を見極めましょう。

好きな年上女性(彼女)との接し方のコツ3つ!

気になっている年上の女性との、コミニュケーションのコツを説明します。

まず1つ目は決まり文句です。

年上の女性にアプローチする際、自分は年齢を気にしないタイプの人間と言うことを、さりげなく伝えましょう。

例えば今までの恋愛話だったり、エピソードに混ぜて伝えるのがオススメです。

2つ目があだ名を使うことです。

年上の女性と話していると無意識に、さん付けで呼んでしまうことが少なくありません。

年齢が上の相手には、さん付けで呼ぶのが常識ですが、気になっている女性の場合は別です。

さん付けで読んでしまうと、心に距離があるように感じてしまいます。

しかし、いきなり呼び捨てやちゃん付けしてしまうと失礼になります。

そこで、あだ名を使うのです。

あだ名とは、親しみを込めて使うものです。

さん付けほど距離を感じず、呼び捨てほど失礼ではない、ちょうどいい距離感を取ることができます。

ここで気をつけてほしいのが、無理矢理あだ名をつけるのではなく、既に使われているあだ名を使うことです。

年上・年下に限らず恋人同士の呼び方と呼ばれ方で多いのは?

それでは、自分の恋人をどんなふうに読んでいたかのアンケートを紹介します。

苗字にさん付けが10.3%、苗字にくん、ちゃん付けが8.3%、苗字を呼び捨てが5.3%、名前にさん付けが8%、名前にくん、ちゃん付けが24%、名前を呼び捨てが24.3%、あだ名が17%、その他が2.3%という結果でした。

上位を占めているのが名前にくん、ちゃん付け、または呼び捨てするというものでした。

厳密には名前を呼び捨てするのが1番多い結果になりました。

やはり呼び捨てが1番シンプルで、しかも親密さを感じる呼び方、という事なのでしょう。

個人的には、かなり仲の良いカップルはお互いを、あだ名で呼んでいるイメージがあります。

周りから見れば、いわゆるバカップルと言われる人たちです。

ちなみに、その他の中には呼ばない、または呼び名がないという答えもありました。

「おい」や「ねえ」と言う掛け声で呼ぶのが、多いと言うことでしょうか。

これも個人的なイメージですが、結婚して何十年も経っている夫婦は、このような呼び方をしているイメージがあります。

年上彼女の呼び方ではこんな方法もあり!?

実は、個性的なオリジナルの呼び方も人気があります。

街でカップルを見かけたとき、よくわからない呼び方をしているのを、耳にした事はありませんか?
正直言って、意味が分からない呼び名もありますよね。

でも、恋人同士の仲を深めるためなら、個性的な呼び方をするのもありかもしれません。

なた、友人や家族などから呼ばれているのと、同じあだ名で呼ばれたいと言うカップルもいます。

これは、友達のグループ内から生まれたカップルに多く見られます。

この理由は、付き合って彼氏と彼女という関係になっても、仲間同士と言う意識が強いからです。

また、グループ内の友達との関係も大切にしているためです。

カップルの2人だけのあだ名で呼び合えるのは、仲がいい証拠です。

2人だけの時間や場所をいつでも持っていたく、2人だけの世界にどっぷりと浸かっていられるカップルがよく使います。

2人の特別な世界を生まれさせる特別なあだ名は、周りの人を寄せ付けません。

相手は年上彼女!最初は固い感じでも、いずれはもっと気軽にしたい!呼び方を変えるタイミングベスト3!

呼び方を変えるタイミングは、いつが良いのでしょうか?
いくつかご紹介します。

まず、ストレートに聞いてみる方法です。

この方法は特にタイミングを気にする必要はありません。

あえてタイミングを決めるのならば、付き合ってから1ヵ月や1年などの、何かしらの記念日が良いでしょう。

もうだいぶ付き合ったし、苗字にさん付けするのも変な感じだよね?と言うふうに聞いてみてはいかがでしょう?
次は、自分が距離を感じる呼び方で呼ばれたときに、そろそろ呼び方変えない?と言うふうに切り出す方法です。

もし相手が「じゃあ呼び捨てにするね」と言ってきた場合、「じゃあこっちも呼び捨てにするね」と続けることができます。

3つ目が、誕生日やクリスマスなどのイベントを利用する方法です。

プレゼントを送るときに、カードをつけましょう。

できれば手書きで書くことをお勧めします。

カードの宛名のところに、自分が呼びたい呼び方を書きましょう。

新しい呼び方で呼ぶのが恥ずかしい人は、これが予行練習になります。

そして、プレゼントと一緒にカードを渡すときに「おめでとう〇〇」と呼びたい呼び名で言いましょう。

それからは、その呼び名で呼ぶことができるようになると思います。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ