時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

不妊治療!hcg注射を打って強制排卵させタイミングを取る方法

      2017/02/24

不妊治療!hcg注射を打って強制排卵させタイミングを取る方法

不妊治療って大変ですよね。

自然周期でのタイミング法でうまく妊娠することができない場合や、排卵を確実にしたい場合などはhcg注射を使って強制排卵させる方法もあります。

今回はhcg注射を打って強制排卵させタイミングを取る方法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


そもそもタイミング法って?

誰もが、赤ちゃんが欲しいと思ったタイミングで自然に妊娠することができるのならどんなに良いことでしょう。

世の中には、そううまく子宝に恵まれず、不妊治療をする方が多くいます。

なかなか妊娠しないな、と思ったら、すぐにでも病院に行ってみてください。

あまりに高齢でない限りは、病院に行ったからといってすぐに、
配偶者間人工授精(AIH)や体外受精をすすめられることはそうありません。

できることならまずは、お医者さんのアドバイスを受けながら自然に妊娠したいと思うことがほとんどです。

まず一通りの検査をし、以下のような条件の夫婦にはタイミング法が指導されることが一般的です。

・精子に問題がない・卵管につまりがない・年齢が若い・妊活歴が浅い・本人の希望
タイミング法とは、排卵の時期を超音波などで正確に確かめて、医師の判断のもと妊娠に適した性交日を指示されて
それに合わせて夫婦生活をもつという方法です。

自然周期でのタイミング法と、排卵誘発剤を使ってのタイミング法の二通りがあります。

排卵を誘発するhcg注射

HCG注射とは、不妊治療全般によく用いられる注射です。

HCG注射をすると、注射後36時間以内に排卵するとされているために、タイミングをとりやすいのです。

自然周期でのタイミング法は、卵胞の成長具合などから医師が経験をもとに日付を指示しますが
思った時期に排卵しないこともよくあります。

自然周期のタイミング法で妊娠できない場合に、排卵誘発剤であるHCG注射を打つ治療に移行することがあります。

排卵誘発剤はあまり使用しすぎると副作用もあります。

かならず医師の指示に従ってください。

HCG注射のほかにも、経口の排卵誘発剤クロミフェン製剤であるクロミッドという薬で排卵をコントロールする治療法もあります。

AIH(人工授精)では、クロミッドやHCG注射を使用して治療することが多いです。

しかし年齢があがるにつれ、妊娠率も下がります。

年齢が高い場合、HCG注射よりも高度な不妊治療である体外受精への移行をすすめる病院も多いです。

なぜなら、妊娠できる確率は35歳を契機に著しく下がっていくといわれているからです。

ある調査によると、40歳以降に出産まで妊娠を継続できる確率は2%という研究結果も出ています。

できるだけ自然に妊娠したいという気持ちもわかりますが、妊活の開始時にすでに高齢であった場合
いちはやく体外受精に挑戦してもよいかもしれません。

残された時間が限られていることをまず認識しましょう。

まだ20代の方も、はやめに病院にいって医師に相談することが大切です。

そして、不妊の原因は男女ともにあるのでまずは必ず夫婦で話しあい、できることならまずは二人で病院に行きましょう。

排卵直前の卵子を確認したらhcg注射を打ってもらう

生理が終わってしばらくしたタイミングで、排卵する前の卵子をお医者さんに確認してもらいます。

その時、18mmや20㎜といったちょうど排卵に適した大きさだった場合、「HCG注射」を打ってもらいます。

この注射が、筋肉注射といって普通の注射よりも少し痛いのですが、赤ちゃんを授かるためだといつも我慢しています。

注射を打ってもらったらその夜に必ずタイミングをとります。

HCGとは、「絨毛性性腺刺激ホルモン」のことで、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促す作用があります。

HCG注射を打ってから、約36時間後に排卵が起きるとされています。

なので、注射した日にタイミングをとると
妊娠する確率があがるとされています。

タイミング法の難しいところは、夫婦生活をもつ日が指定されるので、夫婦で時間を調整しなければいけないことです。

時には仕事が忙しく、帰宅後にすぐに寝てしまったりして、タイミングをあわせられない周期もあります。

HCG注射を使用すれば、普通にタイミングをとるよりも前もって日程がわかるので、タイミングを合わせやすいです。

HCGは妊娠検査薬に反応しますので、検査薬で正しい結果が知りたい場合はフライングで使用しないように注意が必要です。

いつタイミングをとればいいかわからない

先日、初めて卵胞チェックを経験しました。

その時には卵胞の大きさは20mmと、排卵してもよい頃合いに成長していました。

しかし、尿検査をしてみると、排卵を表すLHサージは起きていませんでした。

そこでお昼頃にHCG注射を打ってもらい、翌日の夜にタイミングをとるよう指示されました。

しかし、夫の仕事が忙しく、タイミングをとることができませんでした。

注射を打つ前日にはタイミングをとっていますが、注射後36時間で排卵と考えるとすこし早すぎますよね。

排卵をすれば高温期になるはずですが、注射以降基礎体温はずっと低温のままです。

注射から4日たちましたが、今朝の体温は36.31度と低温でした。

初めての注射なのでとても不安です。

HCG注射をしたのに、排卵していないのでしょうか。

注射後のタイミングは翌日の夜でよいのでしょうか。

もしも翌日の夜にタイミングがとれなかった場合も、あきらめずに次の日などにタイミングをとってもいいのでしょうか。

hcg注射後のタイミングの取り方

HCG注射後のタイミングについては、病院で指示された日にするのが一番です。

あなたの体のことをよく知っている先生が、あなたにあったタイミングを指示してくれているはずだからです。

しかし、先生のいうとおりのタイミングで、夫婦生活がもてないこともあると思います。

そんな時にはあせらずに、翌日にタイミングをとりましょう。

HCG注射は注射後36時間以内に排卵するとされていますが、もし注射する前にすでに排卵直前で
注射の効果とは関係なしに排卵することもありますし、何らかの作用で36時間よりも遅れて排卵することもよくあります。

精子は36〜48時間、長ければもっと生き続けられる寿命があります。

それに対して卵子が受精能力をもっている時間は
たった12時間です。

基本的には排卵前にタイミングをとり、精子が卵子を出迎える形にすることが一般的です。

その考え方でいくと、注射後のタイミングであれば、当日、翌日と何度かチャンスを狙ったほうがよいのです。

先生の指示どおりにできなかったからといって落ち込まずに、できれば翌日の朝にチャレンジしてください。

注射の前の卵胞の大きさからも、排卵日を推測できますので、何度かタイミングをとっていると推測しやすくなります。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ