時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

排卵のタイミングを知りたい人へ!高温期ってなんでしょう?

      2017/02/28

排卵のタイミングを知りたい人へ!高温期ってなんでしょう?

排卵のタイミングが判れば妊娠も狙いやすいし、避妊もできますね。

基礎体温を測っていますか?

排卵日と高温期の関係について知っておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


基礎体温と高温期

日ごろから、基礎体温をつけておくことは非常に大切です。

基礎体温をつけると、その波形から自分の現在の状態を知ることができ、今後についても予測しやすくなるからです。

特に、排卵日がいつであるのかを知ることは、恋愛中・妊活中の大人女子にはとても重要なことですよね。

基礎体温は、普通の体温よりも細かく温度を測ることのできる基礎体温計で測ります。

そのため、安静にした状態で測らなければなりません。

最も適している時間帯は、朝目覚めたとき。

まだ身体の内部が休んでいる状態で、活動による体温変化が少ないからです。

より、正確な記録をとるために、毎日同じ時間帯で図るのがいいでしょう。

また、基礎体温は脇の下に挟んで測るのではありません。

体温計を口の中に入れ、舌の下に挟みこんで測り、基礎体温手帳に記録しましょう。

記録した基礎体温表は、どのように読めばよいのでしょう。

基礎体温を記録すると、「低温相」と「高温相」とよばれる時期があることがつかめてきます。

そして、この2つの温相の分かれ目のあたりに「排卵」とよばれる時期があるのです。

つまり、健康な状態であれば、「低温相→排卵→高温相」の3つのサイクルが毎月くるのです。

さらにホルモンバランスが良い状態であるときは、排卵の時期がよりはっきり分かるようになります。

それぞれの時期を意識しながら、体調や気分の変化も基礎体温表に記録しておくといいですね。

排卵日のタイミングと高温期の関係

毎月、「低温相→排卵→高温相」という3つのサイクルがあることが分かりました。

では、生理はいつ来るのでしょう。

生理は、基礎体温が高温相から低温相になったときに始まるとされています。

生理の周期はホルモンと重要な関係があります。

私たちの卵巣の中にある卵は、あるホルモンの分泌をうけて成熟します。

成熟した卵からは、”エストロゲン”というホルモンが分泌され、その後、約2週間ほどかけて排卵します。

排卵すると、卵巣は黄体ホルモンが分泌して、子宮の内膜を厚くします。

受精・妊娠のための準備をしているのですね。

しかしながら、受精しなかった場合は不要なものとなりますので、これが剥がれ落ち、2週間ほどで生理が始まるのです。

生理の周期は、生理が始まった日を1日目とし、次の生理の前日までで1周期となりますが、その期間は人それぞれ。

およそ1ヶ月くらいとされていますが、期間が長い人は40日近くの人もいるそうです。

排卵日は高温期に入る前の、最も体温の低い日といわれていますが、実際には基礎体温表のグラフだけで特定するのは難しいでしょう。

しかし数ヶ月記録を続けてみると、おおよそのリズムが分かり、生理周期から計算しやすくなるのです。

毎日記録をつけるように、心がけたいですね。

排卵日のタイミングを知ろう

排卵日は、厳密に言うと、必ずしも体温が一番下がった日であるとは限りません。

WHO(世界保健機構)の定義によると、排卵日の可能性がある日は4つある、というのです。

1周期のうち、①体温が最も低い日(可能性51.5%)、②体温陥落日(つまり、体温が急に下がった日)(可能性56.3%)、③低温相の最後の日(62.5%)、④高温相の最初の日(26.8%)。

このように、一般的には低温相と高温相の境目で排卵があるとはされていても、より詳しくいうと、4つの可能性があります。

そして、あなたの場合どれにあたるのかは、分かりません。

だからこそ、日ごろから自分の周期を把握することが大切なのです。

周期を正確に把握すると、排卵日を予測しやすくなります。

また、ストレスや体調不良などの要因から、パターンが変わる可能性もあります。

記録をつける際には、その日の体調や気分などのメモも、合わせてつけておくと大変役に立つといえるでしょう。

排卵日のタイミングには個人差も

WTOの定義などから、排卵日のタイミングには個人差があることが分かりました。

「低温期の終わりで、ガクンと体温が下がった日」が排卵日と認識している人も多いようですが、じつは陥落日自体も誰にでも必ず現れるとは限らないのです。

ですから、排卵日の予測はある程度の幅を伴うのです。

あなたがもし、妊娠を希望している場合は、排卵期が近づいていると思われる時期から、基礎体温が高温期に移って排卵が終わったと確認できるまでの期間に、特に性交渉を持てば妊娠の可能性が高まるといえるでしょう。

しかし、排卵日予測にはある程度の幅があり、また基礎体温からは事後の情報しか得られず、先のことはあくまで予想でしかありません。

でしから、排卵検査薬や頚管粘液法などをあわせて利用することが、より有効でしょう。

あなたが、妊娠を希望していない場合は、上記の時期に性交を行うことは避けたほうが良いでしょう。

俗にいう、「危険日」だからです。

一方で、「安全日」とされるのは、高温相が4日以上続き、完全に排卵期が終わったと確認できた後から、次の生理の始まりまでのおよそ10日間。

しかし、体調不良や測定ミスなどで、高温相を読み違えたりすることもありますし、どういうわけか排卵がずれることもありますので、性交を行う際は、コンドームなどの避妊具を必ず使用しましょう。

妊娠したい時に気をつけたいこと

最近は「妊活」という言葉がよく使われるようになり、夫婦が共に協力して、妊娠をめざせるようになってきました。

しかし、妊娠のためにタイミング療法を試みる夫婦は、「セックスは子作りのための義務」になってしまう状態に陥ってしまう場合があるとも言われています。

タイミングを計るため、また禁欲したほうが精液の質が良くなると考えて、排卵日にしか夫婦生活を持たない人もいるそうです。

けれども、それは場合によっては逆効果。

『規則ただしい排卵」や『健康な卵子』を左右するのは女性ホルモンのバランスです。

そして、これは「精神面」に大きく左右されるものなのです。

赤ちゃんがほしい気持ち、より確立を高める方法・・・そういった夫婦の努力は良く分かります。

しかし、それが「ストレス」になってしまっては、妊娠確率は高まるとはいえないのです。

性交渉はあくまでも、夫婦が愛を確かめ合う手段であるということを、ぜひ心にとどめて置いてください。

お互いの気持ちや2人の時間を大切にして、心に余裕を持って、妊活を行えると素敵ですね。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ