時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

パートを休みたい!でも理由が思い浮かばない。どうしよう…

2015.6.20

パートだって休みたい!

しかし、実際休んだら何故か肩身も狭くなる。

パートだって休む権利があるのに…。

良い理由はないだろうか?

パートの休みの希望が通らない

パートの休みの希望が通らない方も多いと思います。

代わりを見つけないと駄目だったり、人数が少ないために申し出を断られたり…。

パートより家庭の方が大切ですが、パートを辞めるわけにもいかないので悩みますよね。

1週間前など事前にオーナーや店長に口頭で希望をしても、
「困るから冗談言わずに来てね」とからかって終わったり、
「休みを許可した覚えはない。」や「休み希望の理由が誰が聞いても理不尽。」などの文句を当日に言われることもあります。

理由があるために休んでも、電話越しに散々文句という名の八つ当たりをされることもあるようです。

無遅刻、無断欠勤無しでも、休む理由が切実じゃない場合は厳しいのかもしれません。

ですが正社員とは違い、パートは働きやすく自由な経済活動を行えるのが最大のメリットです。

店側の気持ちも分かりますが、理由を聞いても希望を通さなかったり、クレームのような攻撃方法をする場合は考えた方がいいかもしれませんね。

仕事を休みたい時の上手な理由

パートを休みたいときの上手な理由をいくつか紹介します。

①家族の体調不良
自分が体調悪い場合は「大丈夫だろう」と軽く見られることは多いですが、「家族の体調が悪い為看病します」となると話は別です。

「誰かに見てもらえば?」という人もいるかもしれませんが、「無視して来なさい」なんていう人はいないでしょう。

誰かに任せる・無視して来なさいという責任者には強めに言ってもいいと思います。

家族に何かあっても責任を取ってくれないので、折れずにしっかりお休みをいただきましょう。

熱や病院で言われたことなどを細かく説明するのも効果的です。

②家族の介護
家族の体調不良以外にも、近くに住む祖母など介護が必要な方のために休む場合もありますね。

急な理由の為に良い印象は与えないかもしれませんが、休みを却下されることは少ないようです。

③長期休暇
旅行などで1カ月以上の休みを取る場合は
数カ月前から事前連絡をし調整が必要になりますが取りやすい場合があります。

その理由は、事前に言う事と長期の為に調整が簡単だからのようです。

長期は取りにくいイメージがありますが、旅行が確定する前に一度言ってみるのもいいかもしれません。

④子どものイベント
子どものいる人限定になりますが休みやすい理由になります。

上司が育児に対する理解がないと却下されてしまう可能性がありますが、
上司が育児に対する理解がある場合は効果的です。

パートを休みたい時の注意点

パートを休むときは店側のことを考えて行った方がいいことがいくつかあります。

①連絡は早めにする
働く時間の前までに連絡すればどうにかなる…わけはありません。

休むことがわかれば早めに伝えましょう。

早めに言うことで代わりの人を探す時間が出来るので休める可能性も増えるのでお互いの為になります。

メールでは気づくのに時間がかかる場合もありますし相手に失礼です。

始業時間前までに電話での連絡を入れるようにしましょう。

②翌日の態度に気を付ける
急に休んだ場合、誰かしらに負担をかけたことになります。

その日の店員みんなが1人分フォローするために早く動いていた可能性もありますし、代わりに入った人は本来休みの日だったのです。

店長も調整をし直すなどをしているはずなので平然な態度ではなく、
謝罪と感謝を込めた言葉を伝えるのが良いと思います。

嘘の理由で休んだ場合は、バレないように下手なことは言わないようにしましょう。

④常習化させない
急なお休みを取られて良い気分になる人はいません。

頻繁に休んでしまうと信用を失ってしまうので気を付けましょう。

⑤普段から真面目に働く
普段から仕事をしっかりこなすことで信頼を得ましょう。

信用のない人よりも信用している人の方が急な休みを取っても嫌な顔されません。

逆に心配してくれたりと優しい言葉をかけてもらえるかもしれません。

急な休みの為に真面目に働くのはおかしいかも知れませんが、
自分の行いをよくすることが、後々自分の為になります。

仕事を休むパートの理由に賛否

パートを休む理由は、会社側の気持ちとパート側の気持ちどちらに入りやすいかで賛否あると思います。

パートは契約期間に制限があるため、短時間のみ働くことが出来ます。

子どものいる主婦にはとても有り難い制度で、パートの多くは子どものいる主婦だと思います。

会社の方針によって様々だと思いますが、
以前ヤフー知恵袋の相談でキャリコネニュースで紹介され
ニコニコニュースやmixiニュースにまで広がり1000件以上のコメントがされたものがあります。

内容は、台風の影響で小学校が休校になり、1人で留守番させるわけにもいかないので休みを申し出るも断られたというものです。

上司からは「そういう理由は通じない」「代わりがいるなら別だが」と言われたようです。

会社にとって急な休みは誰かが穴埋めしないといけないので負担が大きいのは事実です。

記事の中でも上記の理由で会社擁護するための内容を付け加えましたが、コメントの多くは会社を批判し母親を擁護しました。

研修中の人員ですら大事なほどギリギリの人数で回していることやパートに過度な期待をしていること、
小学生だけで留守番させることでネグレクト(虐待)と懸念する声もありました。

勤務先によっては急に休まれても困らない場所にパートを配置する工夫をしている場所もありますが、
今回の様に自分で代わりを探さないと休めない場所も多くあります。

ずる休みではなく、台風による急な申し出なのでパート主婦の正当性を賞賛する人もいるのはしょうがないと思いますが、どうなのでしょう。

「仮病で休む、駄目ならパート終了」と強気のコメントもありましたが、パート先を失うことで次の場所を探さなければならないので言いにくいのも現実です。

休みたいと思う時は覚悟が必要?

シフトで決まった休み以外で休みを貰う場合は覚悟が必要になります。

当日に急なお休みを申し出る場合は、
店長及びオーナーが1番嫌がることだと覚えておきましょう。

自分が体調を崩すのは風邪など体調の変化で数日前に気づくことが出来ますが
子どもの場合は気づけませんよね。

その他にも就活の予定や家族との予定など外せない予定があったとしても、オーナーにとっては関係ありません。

どんな理由であれ、当日キャンセルは一番覚悟が必要です。

当日キャンセルをすると、あなたの代わりを見つけるためにオーナーや店長が休みのバイトやパートに電話を掛けることになります。

それでもダメだった場合は、残りのメンバー(店長含む)が休んでいる分の負担をカバーしなければなりません。

駒扱いされやすいパートやアルバイトは、負担をかけてしまったことで信用を失いシフトを減らされてしまう可能性があるので覚悟しておきましょう。

また長期で休む場合は、
適度な人数で回している場合は事前連絡で調整してくれることもありますが、最小限度の人数でまわしている場合は嫌がられます。

インフルエンザなどが理由の場合は、嫌な顔はされますが休めると思います。

ですが、長期間休まれると困るからと解雇させられる可能性もあるので旅行などで長期間休む場合は覚悟をしましょう。

 - 仕事