時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

しますといたしますの違いは?丁寧語と謙譲語の違いと敬語の基本

      2017/02/21

しますといたしますの違いは?丁寧語と謙譲語の違いと敬語の基本

しますといたしますの違いは丁寧語と謙譲語の違いですが、

みなさんはきちんと使い分けができているでしょうか?

今回は敬語の基本と使い方をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


しますといたしますの違い

あなたは「します」と「いたします」の違いをちゃんと認識して、使い分けているでしょうか。

「後ほど電話『します』」「後ほど電話『いたします』」この二つをちゃんと場合によって使い分けている人は少ないのではないでしょうか。

よく分からないけどなんとなくこっちを使ったりあっちを使ったりというのが実情かも知れません。

「後ほど『電話します』」は丁寧語で、「後ほど『電話いたします』」は謙譲語です。

ちゃんと違いが分かるでしょうか?どちらも敬語ですから相手を敬う表現であることには違いありませんが、こちらが相手に対してへりくだる表現かどうかという違いがあります。

この違いをちゃんと認識出来るかどうかが敬語を使いこなす上での鍵となります。

なんとなく使っているのではなく、敬語についてちゃんとした知識を持ってきちんと使いこなせるようになりましょう。

ちゃんと上下関係を保った会話が出来るかどうかは社会人としての評価に関わってきます。

謙譲語は2種類に分類される

敬語は基本的に自分と相手の身分の違いを明確にするものです。

謙譲語とは自分が相手よりも身分が低いときに自分を下に、相手を上にするための言葉遣いです。

「申し上げる」「うかがう」「参る」「存じる」「お目にかかる」などがそれに相当します。

ある言葉が謙譲語になるときにその表現が元の言葉と大きく変わる場合と単純に言葉の修飾によって謙譲の意味を表す場合があります。

前者は例えば「行く」の表現です。

この言葉は謙譲語では「伺う」という言葉に変わります。

「言う」は「申し上げる」、「知る」は「存じる、承知する、「来る」は「参る」になり、「いる」は「おる」になります。

「食べる」は「頂く」、「会う」は「お目にかかる」、「受け取る」は「賜る、頂戴する」、「帰る」は「おいとまする」となります。

一方で後者の言葉では、「会う」を「お会いする」、「売る」を「お売りする」、「美しい」を「お美しい」、「所望」を「ご所望」という風に言います。

丁寧語とは

丁寧語は話をしている相手に対して敬意を示すためにに使う言葉です。

「です」「ます」「ございます」がそれに当たる言葉です。

「ございます」は他の二つの言い回しよりもさらに丁寧な言い方になります。

尊敬語、謙譲語は必ずと言っていいほど丁寧語とセットで使われます。

例えば目上の人に向かって「それではこれでおいとまする」と言う人はあまりいませんね。

「それではこれでおいとまします」と「ます」という言葉を付けるはずです。

ですから丁寧語は最もよく使われる敬語と言ってもいいでしょう。

また丁寧語は尊敬語や謙譲語を使うほどではない相手、例えば先輩とか隣人などとの会話によく使われます。

「あの本はお読みになられましたか?」ではちょっと堅苦しくなります。

「あの本を読みましたか」なら丁寧語だけでもっと打ち解けた感じになります。

謙譲語と丁寧語の違いですが、謙譲語は自分をへりくだらせるための言葉ですので、相手の行為に使うことは出来ません。

一方丁寧語は自分にも相手にも使えます。

しますよりもいたしますの方が敬度が高い

丁寧語、謙譲語Ⅱは両方とも直接話をしている相手に敬意を示す言葉です。

ですから「説明しました」でも「説明いたしました」でも機能的には違いはありません。

どちらを使った場合も間違いではありません。

とはいえ単なる丁寧語である「説明しました」よりも、謙譲語Ⅱである「説明いたしました」の方が敬意の度合いが高くなるのは確かです。

より改まった場面では「説明いたしました」と言う方が適切かも知れません。

普段からそれほど強く意識する必要はないかも知れませんが、両者の違いは一応きちんと把握しておいた方がいいでしょう。

「説明しました」は単なる丁寧語です。

一方で「説明いたしました」は「いたす」という自分をへりくだらせる言葉が入っています。

これは自分と相手の間の関係を明確にする表現です。

面接などで自分と相手の上下関係を明確にしなければならない場合など、単なる丁寧語と謙譲語の区別を明確に意識し、正しい言葉遣いが出来ることが重要です。

謙譲語や丁寧語は自分側のことに使う

尊敬語は相手の行為に敬意を示すために使い、謙譲語と丁重語は自分の行為に使うというポイントを押さえておきましょう。

例えばお客様に対して「資料をご持参下さい」と言うのは誤りです。

「資料をお持ち下さい」と言わなければなりません。

「持参する」は謙譲語です。

「社長はいらっしゃいません」と言ってはいけません。

「社長はおりません」と言います。

身内の者の場合、自分から見ても上の者であっても、客先はそれよりも上になります。

尊敬語と謙譲語を使い分ける基本は、主語を誰にするかを考えることです。

つまり尊敬語の主語はお客様、そして謙譲語の主語は私どもです。

例えば「見る」、尊敬語は「ご覧になる」、謙譲語は「拝見する」です。

「食べる」の尊敬語は「召し上がる」、謙譲語は「頂く」です。

「言う」、尊敬語は「仰る」謙譲語は「申す」です。

何が尊敬語で何が謙譲語かを理解した上でお客様には尊敬語を、自分には謙譲語を使うようにすれば間違いありません。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ