時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

仕事に限界を感じて、辞めたい、と思っているあなたに

2015.6.4

ブラック企業、パワハラ、鬱。

サラリーマンやOLをとりまくストレス事情には

現代の世情が浮き彫りになっていると言っても過言ではありません。

仕事に限界を感じるとき

仕事をしたくないとか辞めたいという気持ちは誰でも1度は、経験するのではないでしょうか。

365日いつでもどこでもモチベーションを維持する事は難しいと思います。

それは周りにいる同僚であったり、上司であったり、業務の内容に問題があったり、会社の理念に共感できなかったり、交通の便が悪くすぎて、通勤帰宅に時間がかかり苦痛などいろいろあると思います。

多くの人は、いろいろな問題を抱えながら、自分自身、はっきり問題の本質を理解できていない状態だと思います。

例えば最後の理由である、通勤帰宅に時間がかかり、苦痛であると言う事は、通勤時間に必要以上に時間がかかりすぎであるということが考えられます。

そうであれば、可能な限り職場に近い場所に引っ越しができれば、問題は解決します。

近くに住めば、朝遅く出かけることもできますし、帰ってきても帰宅する時間はとても早くなるはずです。

こんな当たり前のことなのに、通勤が嫌で仕方ないと悩んでいる人は世の中に五万といます。

そうは言っても、実際には引っ越しをできない理由のある人もいるかもしれません。

仕事を辞めたい気持ちをガマンするべきか

肉体的疲労である長時間労働や長時間通勤。

精神疲労である管理職からのいじめや思うように営業ができないストレス。

作業を大量に行わなくてはならないマルチタスクのような脳性疲労など、仕事には様々な疲労の原因があります。

サラリーマンは生活の大半が仕事を占め、家族との時間がなかなか取れず、心に余裕ができないのも事実です。

家族を養うため、自身の生活の為、働き続けなくてはなりません。

さらに、少ない睡眠時間で仕事に行かなくてはならない場合もあります。

体を休めるための睡眠が、ときには数時間で、疲労回復するための睡眠が、十分に取れなくなると、疲労を回復できません。

また生活リズムが狂うような、深夜勤や交代勤務は概日リズム睡眠障害を生じやすくなります。

長時間勤務や、深夜勤務、交代勤務以外でも、ストレスによる不眠などもこういった障害を生じやすくなります。

職場のストレスや仕事のストレスは、日々小さくても、積み重なっていくことで、雪だるま方式でどんどん膨らんでいく可能性があります。

ちょっとしたことだから大丈夫と思い、放っておくと、いつしか大きなストレスになりいつの間にかうつ病を発症しかねません。

ストレスとのつきあいかた

人間には、適度なストレスが必要だと言われています。

ストレスは人によって感じ方が違うためどの程度が適当なのかは度合いが違うと思います。

同じストレスを受けても、うまくやって退けていく人がいます。

それはストレスを上手に解消していく方法を身に付けているからです。

例えばリラックスできるようなアイテムを机の上に置いてみたり、好きな音楽を聴いて作業してみたりすることも良いと思います。

体を動かすことが好きな人は、運動することでストレスを解消しても良いでしょう。

運動すると、達成感と爽快感で心身ともに健康になれると考える人も多いと思います。

ただし、運動しなければならないと考えてしまうと、何が何でもやらなくてはいけないと義務感では、逆効果になるため自分のペースでやれるとをやることが大切です。

飲みに行くこともストレス解消の1つになることがあります。

しかしこれも、飲み過ぎは、逆効果になります。

体を壊してしまったり、癖になってしまったり、他人に迷惑をかけてしまうことがあるので注意する必要があり
ます。

職場の人間関係に悩むなら

人間関係にストレスを感じて辞めたくなる人は多いのではないでしょうか。

働く中で人間関係は良好でないと、とても辛いものとなります。

生まれ育った環境の中とは違い、もう作られた環境の中に自分が入っていかなくてはなりません。

もう作られた環境は変えられないのでしょうか。

そんな事はありません。

あなたの行動次第であなたが理想とする職場に生まれ変わらせることもできます。

あなたが周りに働きかけることで周りを変えていくことができます。

毎朝おはようございますと言っていますか?退社時にはお疲れ様でした。

お先に失礼しますと言っていますか?折に触れ、ありがとうございますと自分から積極的に挨拶をしてみましょう。

まずは明るい挨拶で「全方位外交」を目指してみませんか。

自分からできるだけ話しかけるよう心がけることで苦手な人を無視しないように、苦手な人が自分に話をせざるを得ない状況を作ってみましょう。

そうするうちに自分も相手もそれぞれ歩みよることができ、距離がどんどん近づいていくでしょう。

本当に辞めたいのか、限界の見きわめ方

自分の限界を知っている事はとても大切なことです。

仕事を辞めるレベルと言うのは体に変調きたすレベルと言えます。

では、レベルごとに簡単に分けてみましょう

レベル1

日曜の夕方になるにつれ憂鬱になる。

月曜日の朝、これから5日間仕事に行かなきゃならないのか、辛いなと思う。

レベル2

仕事で頭に来てもう会社にいたくないと突発的に早退してしまう。

仕事でミスをした夢を見る。

レベル3

家に戻ってきても頭の中が仕事のことでいっぱいになる。

休日なのに仕事のことが気になり何も手につかない。

夜眠れなくなる。

1日中体がだるくふわふわした感じがする。

人にあいたくなくなり仕事を休む。

レベル4

食欲がなくなり特に朝食はほとんど食べられない日が続く。

毎日頭が重くなり体も重くなりたっているのが辛くなってくる。

レベル5

朝食、昼食、夕食すべての食事が苦痛。

好きなものも食べたくない。

食べ物外交喉を通らなくなる。

吐き気がする。

体重が減る。

いくつかのレベルに分けましたが、レベル2が続く時は要注意です。

レベル3レベル4が長期的に続くようであれば、退職を視野に入れましょう。

レベル5になると、正常な判断が自分できなくなっています。

すぐ病院へ行くことをお勧めします。

 - 仕事