時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

大学で付き合ってる彼女と結婚したいけど、大丈夫かな?

2015.6.3

大学に在学中に付き合ってる彼女と結婚したいって思った人もけっこういそうですね。

でも、このご時世、大学を卒業してからもちゃんと生活出来るのか、親は説得できるのかなど問題もたくさん!

そんな大学生の現状を調べてみました。

大学生が彼女と結婚を考えるきっかけ5選!

大学生のカップルが結婚をしようと思うタイミングは五つあります。

一つ目は夫婦のようなことをしたときです。

どちらか一人暮らしをしていて、そこに恋人がやってきて食事を作るシチュエーションです。

一緒にスーパーに行くことも同様で、また男性は女性の手料理に弱いものなので結婚を考えるようになります。

二つ目は遠距離恋愛が始まるときです。

地元を離れるひとは恋人と遠距離恋愛になってしまいます。

そうなるともっと一緒にいたいと思うようになり、就職で帰郷するか恋人に上京してもらうか、思い切って結婚してしまおうかと考えるようになります。

三つ目は就職活動を始めたときです。

特に女性の場合は仕事と結婚・出産を同時に考えるものなので、そうなると自然と結婚生活についても考えるようになります。

男性にしても就職は遠距離恋愛もありますから就職は結婚を考えるきっかけになります。

四つ目は親に褒められたときです。

親を恋人に会わせる機会があって、恋人が帰宅してから「優しそうな人ね」とか「礼儀正しい人ね」とか親から言われると、親と恋人の相性が良いことが分かるので結婚を考えるようになります。

五つ目は恋人が自分の親を大事にしてくれたときです。

恋人が親を気遣ってくれると、恋人も親のことを思っていることが分かるので結婚を意識できるようになります。

大学時代から付き合ってるカップルは結婚に至る割合が低いって本当?

大学時代のカップルが結婚までたどり着く可能性は正直なところそれほど高くないと思います。

理由は双方とも経験が足りないからです。

あばたもえくぼという言葉があるように相手を好きになってしまうと欠点を見つけ難くなってしまいます。

その傾向は経験の少ない若い人ほど強いですし、好きという感情だけでは欠点を隠せないのが事実です。

ぼんやりと結婚について考えていたとしても相手の欠点が見えてくと破局してしまうのが自然です。

また大学生ではまだ幼い感覚の人がいます。

特に女性との付き合いに慣れていない男性も多く、そのため上手くいかないことも多いです。

そのような中で大学時代のカップルが結婚までたどり着く場合は、カップルになる前からの知り合いであることが多いです。

つまりお互いの良いところとダメなところを知ってからカップルになったというわけです。

付き合ってから短所を知るのではなくて、短所を知ってから付き合うようになることが結婚を考える上で大切なことになるでしょう。

しかし、そういう大学生カップルは少ないのて結婚にたどり着くカップルは少ないです。

今どきの大学生カップルの現状と結婚について!

大学生カップルの現状としては、卒業を機に破局してしまうカップルが多いです。

大学時代では気が合ったものの結婚には踏み切れず、卒業、進学、就職といった新生活が始まることで自然と会う時間も取れなくなってそのまま破局してしまうのです。

原因は生活環境の変化と言えそうですが、そもそも結婚する気が起きなかったこともあるので卒業はきっぱり別れるのに良いタイミングだったと言うこともできるでしょう。

卒業後も遠距離恋愛で頑張ったり、卒業した直後に結婚したりするカップルもいます。

しかし全体から見ればそのようなカップルは珍しいと言えるでしょう。

大学生のころは比較的時間も取りやすいので会う頻度も多くなりますし、それだけ愛を育むこともできますが、卒業して新しい生活が始まるとなかなか時間を取れなくなり、会わなくなるのが当たり前になってしまいます。

またそれぞれの生活が異なるために話題も合わなくなって、すれ違いが多くなってしまうことも大学生カップルが結婚までたどり着かない原因になっています。

大学生に聞いた付き合ってる彼女と結婚したい?したくない?

大学生にアンケートで、今の恋人と結婚したいか聞いてみました。

男性では75.0%は結婚したいと答えて、25.0%は結婚したくないという結果でした。

女性では結婚したいと答えてくれたのが76.1%で、結婚したくないのは23.9%という結果でした。

男女ともに75%以上は今の恋人と結婚したいと考えているので多くのカップルに結婚願望があると言えるでしょう。

アンケートではさらにそれぞれの理由も聞きました。

結婚したいと答えてくれた人たちの理由は、男性からは、内定がなかったときに支えてくれたから結婚したいとか、彼女に背中を押されて実力以上の会社に入社できたから恩返ししたいとか、共通の思い出がある伴侶と一緒にいたいからだったり、女性からは、仕事や会社の付き合いのよりも学生時代の付き合いのほうが良い結婚生活が遅れそうだからとか、学生と社会人という大きな潮目を乗り越えて絆が深まったからだったりと答えてくれました。

結婚したくないと答えてくれた人たちの理由は、男性からは、他の人とも付き合いたいからとか、結婚となると今とは違うので考え直すべきだからという答えだったり、女性からは、今の自分では結婚を考えることができないとか、最低限のマナーも身につけていないとか、仕事をしてから認めてもらいたいだったりと答えてくれました。

大学生の彼女と結婚にたどり着くポイント3つ!

大学生カップルが結婚するためのポイントは三つです。

一つ目は干渉しすぎないことです。

お互いの時間を共有できる学生だからこそ相手のやることに口を出したくなるのですが、それだと相手の成長の芽を摘み取っていることがあります。

まだ学生で、伸び代があります。

大人として成長するには、自分で考えて自分で決断する経験が欠かせません。

それを学生のうちからお互いに磨いておきましょう。

二つ目は助けすぎないことです。

これは干渉しすぎないことに近いです。

好きな相手のことが気になってついつい保護者のように手伝ってしまいたくなるものですが、それはぐっとこらえるべきです。

部屋を片付けたりノートを取ってあげたり料理してあげたり相手のためとは思っても、世話を焼きすぎると相手が怠けてしまいます。

世話をしてくれるのが当たり前になって相手が感謝すらしてくれなくなるケースもあります。

そのようなことにならないようにお互いを尊敬して、助けすぎないことが大切です。

三つ目は共有の思い出をたくさん作ることです。

大学卒業後は学生時代とのギャップで打ちのめされるものです。

そんなときに背中を支えてくれるのは共通の思い出です。

環境の変化から会える時間も減るでしょうが、共通の思い出あればどれだけ相手が好きでどれだけ相手から好かれていたか思い出すことができるでしょう。

笑顔になれる記憶はおじいちゃんおばあちゃんになっても失われることはない大切なものになります。

 - 恋愛