時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

結婚相手の条件に一部上場の会社勤めって理想高くない?

      2017/03/21

結婚相手の条件に一部上場の会社勤めって理想高くない?

女性みんなが言う訳じゃありませんが、中には結婚相手の条件に一部上場企業の会社員を挙げる人がいますね。

でも、一部上場企業なんて条件を出されたら結婚を諦めるしかない男性も多いことでしょう。

結婚を意識する彼女からそんな条件を出された男性はどう対処したらいいんでしょう?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


女性が求める結婚相手の条件にはどんなものがある?

結婚相手に求める必要な条件ベスト5を発表します。

多くの人が結婚に思いやりや安らぎを求めていることが、わかりました。

男女総合ランキングのベスト5はこちら!

5位 収入が安定していること 44.7%

経済面の安定は結婚生活の基盤ともなる大変重要なことです。

ですが、この結果は男女間で大きな隔たりがあることがわかりました。

男性は8.6%、女性は64.8%と結果に8倍近く差が開いたのです。

働く女性が増えている現在ですが、「お金のことは女性頼みにしない」という男性の決意の現われだと思います。

女性としては、頼もしい結果ですね!

4位 食事の好みが合う 45.5%

毎日のことですから、やはり食事は大事になってきます。

2人の好きなメニューを、笑顔で一緒に美味しく食べられるのは、結婚生活ならではです。

3位 癒されること 54.8%

男女ともほぼ同じくらいの方が、挙げた条件です。

2人でいるだけでお互いに癒されることが、結婚生活には欠かせません。

2位 思いやりを感じること 72.9%

かなり高い支持率ですが、こちらも男女で開きがあったデータです。

男性の59.6%に対して、女性は80.4%とかなり差が生まれました。

やはり女性は男性以上に思いやりを求めていると言えます。

1位 性格が合う 77.5%

こちらは納得の1位ですね。

しかし、この結果も男女で差が開きました。

男性は66.8%、女性は83.4%と女性の方が性格を重視する傾向にあるようです。

トップ3の結果を見てもわかるように、やはり皆さん2人の時間を大事にしたいようですね。

女性が外見や仕事、収入も含めて結婚相手に妥協したところとは!?

女性が結婚相手に妥協した点はどんなところなんでしょう?

1.外見

パートナーになる人はかっこよくて、痩せ型がいい、など外見を重視する女性は多いようです。

ですが、実際に結婚した相手は外見よりも中身で勝負!の男性。

結婚は性格重視とわかってはいても、やっぱり外見もいい彼が良かった、という本音が聞かれました。

「以前は面食いで、かっこいい人とばかり付き合ってきたが、結婚した相手はかっこいいとは言えない。派手なタイプでなく地味なタイプです」(20代後半女性)

「結婚するにあたって、正直顔は妥協した。でも性格は合うので性格を重視して後悔はないが、子供が可哀想かな、と思ったりもします」(30代前半女性)

2.収入

彼のいい面を見つけて結婚をしたことに後悔はないものの、経済的な問題により将来設計を変えなければいけない場合もあります。

専業主婦を希望していたが、働かざるを得なかったという女性も少なからずいるようです。

「今までお付き合いした人の中で、1番収入が低かったので不安でした。私が働かないと余裕のある生活はできません」(30代前半女性)

「同じ旅行が趣味の彼なので、一緒に旅行を楽しめるだろうと思い結婚しました。遠い将来のことはあまり考えず、収入面は妥協してしまいました」(30代後半女性)

3.住む場所

結婚したら自分の実家の近くに住みたいと思っていても、実際はそうならないことが多いようです。

また自分の実家でなく、彼の実家近くに住む場合も「仕方がない」と妥協するようです。

「遠距離恋愛だったので、旦那が住んでいる県に仕事を辞めて引っ越した。地元が好きで県外に出たくなかったが、好きになった人が県外の人だったので、妥協することにした」(20代後半女性)

「彼の職場と実家の関係で、結婚後は田舎に引っ越さなければいけなくなった。性格などに不満はないのでその点は妥協したが、都心でしか住んだことがない私にとっては、友達もいない田舎生活はとても不安でした」(20代後半女性)

結婚相手の条件に一部上場企業勤務なんてナンセンス!?妥協しても問題なかった実例!

結婚するにあたって、妥協しても問題なかった実例をご紹介します。

1.イケメンかどうか

「基準をイケメンかどうかではなく、毎日顔を合わせても飽きないかどうかに切り替えて考えたほうが、いいかと思います」

美人は3日で飽きると言われますが、イケメンだって同じこと。

となれば、飽きない顔を選んだ方が結婚生活を長く続けることができるでしょう。

2.年齢差

「私が33歳で、旦那は23歳で10歳年が離れています。最初は世間体など気になったのですが、慣れたらなんてことはありません」

自分が65歳の時、彼は55歳だから、自分の老後は安泰だと恵美さんは笑って話してくれました。

周りを気にしすぎず、物事を前向きに捉えたほうがいいようですね。

3.彼の年収

「結婚当初の彼の年収なんて、気にする必要ありません。
転職して給料が上がることもありえますし、年功序列の会社に勤めている場合は毎年年齢給が上がるので、少しずつでも給料は上がっていきます。
サラリーマンを辞めて自営業になったりすると、話も変わってきます。
年収が低かったとしても、ゆくゆくは遺産相続の話なども出てきますので、年収だけにこだわるのはやめた方がいいと思います」

多少荒っぽい意見ではありますが、正論ですね。

世間の荒波にもまれて、物事を広く考えられるからこそ出てくる意見だと思います。

4.2番目に好きだった人だということ

「旦那には言っていませんが、今の旦那は当時2番目に好きだった人です。
結果的にこの人を選んで良かったと思います。恋愛と結婚はやはり別なのだと感じています」

なかなかコメントしにくい意見ですが、結果オーライならよかったのではないでしょうか。

最近耳にする「三平女子」。そう自称する女性が求める結婚条件は実は結構ハードルが高い!?

最近よく聞く「三平女子」かなりハードルが高くないですか?

1.身長175cm以上

「「私あんまり男の人の身長って気にならないんだよね。175cmもあればOK!」という女性が意外と多いんです。日本の成人男性の平均身長は171cmですから、知らず知らずのうちに平均より上を狙っています」」(21歳大学生)

自分が高望みをしない「三平女子」だと自称するならば、「身長175cm以上」を条件にするのは、平均以上だと突っ込まれても仕方ありません。

実際に仕事として結婚相談を受けていても、身長175cm以上の男性を希望される方は多いのですが、その時点で男性の半分以上を対象外としている自覚が必要でしょう。

2.学歴はMARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)以上

「自分はそうでもないのに、相手に求める学歴はMARCH以上と平気で言う女性に引いてしまいます。その自覚もなく「私そんなに高望みなわけじゃなくて、平均ぐらいの人でいい」などと、自己評価もできていないから言えるんだ、と幻滅します」(26歳メーカー)

自分がMARCH以上の学歴であれば、周りにも同じくらいの学歴の人が多いでしょう。

ですが、一般的に自分の出身大学とレベルのかけ離れた学歴の人とは、出会う確率も低くなります。

あまり縁のない学歴を条件に挙げては、高望みと言われても仕方がありません。

理想を掲げるのは勝手ですが、一般的な平均と自分の環境について冷静に考える必要があります。

3.勤務先は一部上場企業

「なぜか結婚相手は一部上場企業に勤めている人がいいと言う人が多い。その割に、自分の理想は高くないと思っているから面倒。そもそも一部上場企業以外の会社がどれくらいあるのか知ってるんでしょうか」(29歳経営コンサルタント)

自分が一部上場企業に勤めていれば、社内恋愛すれば相手も一部上場企業の人になります。

しかし、一部上場企業で働いている人という条件は、一般的な平均とは言えません。

まずは社会の平均を知ることが大事です。

4.話が面白くないと嫌

「話がつまらない人が嫌、という女性は勘違いしていると思う。会話は2人でするものだから、面白い話を引き出したり、自分も盛り上げる努力をすべき」(28歳会計士)

自分は何の努力もせずに、楽しませてもらおうなんて甘い考えは捨てましょう。

受け身でいるだけでなく、自分が話す時も相手の話を聞く時も、それなりに努力は必要です。

結婚相手の条件が高くて理想の結婚をしたと思っても意外な現状が!?

20代で結婚して、人間の平均寿命まで生きられるとしたら、男性は50年間、女性は60年間近く夫婦一緒に暮らすことになります。

長い時間を一緒に過ごすのですから、結婚する時は慎重に相手を選ばないと、後々後悔することになるかもしれません。

理想の条件をあげ、それに近い相手を選べるという点ではお見合いが最も適していますが、高い理想ばかりをあげられると、紹介する側の気持ちも萎えてしまいます。

特に女性は男性を選ぶ際の条件が非常に厳しく、年収1千万円以上、大学は一流大学卒、勤務先は一部上場企業、などを求める傾向があります。

結婚の本質を勘違いしているのではないかと考えさせられますが、実際そういった女性は数多く存在するのです。

友人の女性もかなり厳しい条件をあげて、お見合いを幾度となく繰り返していました。

結婚相談所も高学歴、高収入の人しか会員になれないところを選び、理想通りの一流国立大学卒、一部上場企業勤務、年収1千万円以上の男性と結婚しました。

しかしながら、その結婚生活は数年で破綻を迎えてしまい、子供を連れて離婚しました。

理想通りの男性だったはずでしたが、夫婦喧嘩の度に夫は「一流大学を出て一流企業で働いている俺と結婚できて何の文句があるんだ」と言っては、暴力を繰り返していたそうです。

別の友人は、憧れだった医師との結婚の夢を叶えました。

子供にも恵まれ、周りからは幸せそうに見えていましたが、結婚から16年目で離婚。

こちらも夫によるDVが原因だそうです。

どちらのケースも夫側に非はありますが、そうとも言えないようにも思います。

結婚する際に相手の人柄よりも、学歴や職業といったスペックを重視し、結婚した女性が招いた結果とも取ることができます。

自業自得と言われてしまえばそれまでですが、スペックだけで決めてしまうのも考えものですね。

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ