時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

耐えられない?我慢する?東京での生活が苦しいと感じる理由

      2017/02/24

耐えられない?我慢する?東京での生活が苦しいと感じる理由

東京での生活は便利な反面苦しいと感じている人も多いようです。

そこで今回は東京での生活が苦しいと感じる理由をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


東京都民の生活に関する世論調査の結果

東京での暮らしを、つらい、苦しいと感じた瞬間はありませんでしょうか。

東京という場所は、良くも悪くも他の多くの県との違いがたくさんある場所です。

そして多くの人が、東京ではない場所で産まれ、育ち、大学進学や就職を機に上京してくるのです。

たとえば、長期休みに実家に帰った時に、やっぱり地元はいいな、と感じることはないでしょうか。

東京でくらす息苦しさの原因はいったい何なのでしょうか。

東京都がまとめた「都民生活に関する世論調査」によると、
東京での暮らしが昨年と比較して「苦しくなった」と答えた都民が34.4%だったそうです。

昨対比で8.1ポイント増の結果で、増加したのは5年ぶりだということです。

東京での暮らしが苦しくなった理由で、税金や物価上昇を指摘する声が多かったそうです。

この調査は毎年1回、8月から9月に都内在住の20歳以上の男女3000人を個別に訪問し聴取したもので
今回は1850人から回答を得た結果です。

東京での生活が苦しい一番の理由

東京で生活はたしかにとても便利です。

田舎にはない最新の情報が常に取得でき、流行のお店に行くことができます。

ライブやコンサートも東京で開催されます。

専門店も多く、町中が賑やかです。

そして、仕事をするのにも、多くの会社が東京にあるので、とても便利です。

いろいろな人が集まるので、素敵な出会いが多いのも東京です。

しかし、東京のすべてが良いと考える人は少ないでしょう。

今年インターネット上で行った調査「都政モニターアンケート」によりますと、東京について
「魅力的ではない所」に対しての回答が「物価、地価が高い」という答えが多く占めていました。

「東京での生活は高くつく」ことはほとんどの人にとってすでに常識です。

東京での生活にはお金が必要です。

そのうえ、人口が多いので犯罪率も高く、危険がつきものです。

「お金もかかり、危険が多い東京よりも、安くて静かに落ち着いて暮らせる田舎での暮らしがしたい」
と考える人も多くいることでしょう。

しかし、そのように思う人のほとんどが、実際に田舎に移住することはありません。

なぜなら「仕事が東京にある」からです。

会社や仕事に縛られているので、自由に田舎に移住することはできず、仕事を辞めて田舎に移住しても
仕事がないので生きていくことができないのです。

東京での生活は近所付き合いも薄い

東京の特徴として、近所付き合いが薄いことがよくあげられます。

東京はいろいろな人がいるので、長くその土地に住み続ける人は多くありません。

すぐに引っ越してしまう隣人がいったいどんな人なのか、いちいち把握することは困難です。

また、東京はいろいろな人がいるということは、変な人が隣人である可能性もあります。

へたに近所付き合いをした結果、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

近所付き合いをしなくても、東京は便利なので困ることはそこまで多くありません。

何か足りないものがあれば、コンビニまで買いに行けばよいし、
東京は狭いので、助けてほしいことがあれば友人へ電話をすれば夜遅くまでやっている
電車やタクシーにのって助けにきてくれるでしょう。

友人がいなかった場合でも、助けてくれるサービスがあることでしょう。

ネット社会の今、わからないことはネットで調べ、さみしくなったらネット越しに会話をする。

近所付き合いの役割が失われてきていることが現状です。

東京でも、下町など昔ながらの近所付き合いがあるところでは、話は別ですが
地方の人の出入りが激しい場所では近所付き合いはほとんどないと考えてもよいでしょう。

生活が苦しいと感じても東京に住み続けたい

私の知り合いの女性で、地方出身の人がいます。

昼間の事務の仕事だけでは食べて行けず、夜にキャバクラでバイトをしている人です。

彼女の話をきいて、私は不思議に思いました。

地方で暮らし続ければ、きっと事務の仕事だけで食べていけるでしょう。

なぜ彼女は東京に住んでいるのでしょうか。

彼女の実家は裕福らしいので、彼女が東京で働き続けなければいけない理由はないと思います。

親との仲も良いようですので、実家に戻って、趣味だという洋服づくりをして暮らせばよいのに、と思います。

地方でも、インターネットをつかって洋服づくりの材料を購入したり、通信教育を受けたり
作成した洋服を販売することもできるでしょう。

彼女の実家は新幹線の駅の近くなので、新幹線を使えば東京まで2時間とかかりません。

東京にしかないものを楽しみたいのなら、実家から日帰りで行くことも可能です。

私には、彼女が東京に何を求めているのかよくわからないのですが、もしも東京に住んでいるというプライドのために
苦しい思いをして東京に居続けるのだとしたら、馬鹿らしいことだと思ってしまうのです。

東京の生活はストレスだらけ

東京での生活には多くのストレスが潜んでいます。

日常生活を営む上で東京に住むことのメリットはほとんどありません。

まず、生活費がかかります。

土地が高いので家賃も高く、住んでいるだけで田舎の何倍ものお金が飛んでいきます。

また、スーパーでの買い物も田舎よりも高くつくので、食費や日用品にもお金がかかります。

また、道が狭く、車での移動に向いていません。

車で移動すれば高い駐車場代を払うはめになり、
常に渋滞に巻き込まれます。

では電車で移動すればよいのでしょうか。

満員電車ほど辛いものはありません。

朝の通勤ラッシュの時間は主要な電車はほぼほぼ満員です。

毎日人につぶされながら通勤しなければいけません。

それでは道を歩けばよいのでしょうか。

東京は道も狭く人も多いので、田舎の距離感で歩いているとすぐに人とぶつかります。

そして東京の人は、人にぶつかることを当たり前だと感じているのでほとんどの場合謝罪されることはありません。

もしも、自分のプライベート空間を常に確保していたいという思いがある人は、絶対に東京に住んではいけません。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ