時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

求人応募の電話をするときのコツと緊張を少しでもなくす方法

      2017/03/21

求人応募の電話をするときのコツと緊張を少しでもなくす方法

アルバイトや就職などで、求人応募の電話をしたことが一度はあるのではないでしょうか。

初めて電話をかけるとき、緊張しますよね。上手く話せなかったらどうしよう、電話をかける時間がわからない、他にも電話に対する悩みは多くあると思います。

求人応募の電話をするときのコツをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


電話で求人応募するときのマナー

電話をかける前に、応募先の求人要項書類、メモ用紙、鉛筆、カレンダーなど日付が分かるもの、これらを準備し、それから電話をかけましょう。

求人要項を見ても分からないことなど、質問することを事前に整理してメモにしておくといいでしょう。

電話をかけるタイミングについても気をつけて下さい。

受付時間が決まっているならその時間内にすること。

そしてそれ以外でも相手が忙しくないと思われる時間にして下さい。

外食産業などはお昼や夕食時は避けたほうがいいです。

普通の会社だと10:00〜11:00、14:00から17:00の間が良いようです。

またうるさい場所を避けるなど、周りの状況にも気を配って下さい。

携帯電話からかける時は電波状況の確認もして下さい。

電話をかけたらまずこちらの名前を伝え、それから求人の応募だと簡潔に伝えます。

話す内容を事前にメモしておけば緊張せずにうまく話せます。

面接の日時などが決まったら、きちんと復唱して確認しましょう。

間違いを防ぐためですから、必ず実行して下さい。

ビジネスマナーでもあります。

分からないことは遠慮せずに質問し、後で困ることのないようにした下さい。

話が終わったらきちんと挨拶をして電話を切って下さい。

求人応募の電話は静かな場所を選んでかけよう

携帯電話なら電車の中や車の中、または歩きながらでも電話をかけることができますが、それはそもそも相手に失礼ですし、周りの音で話が聞き取れなかったり、電波状況が悪くて途中で通話が切れてしまうこともあり得ます。

気が散って話に集中できないこともあります。

ですからこうした重要な電話をする時は出来れば自宅の静かなところで固定電話からかけるのが望ましいと思います。

自宅でもテレビをつけていたり音楽を流すのはだめです。

やむを得ず外出先で携帯や公衆電話からかける場合は、なるべく周りの騒音のない、落ち着いた場所を見つけてかけるようにして下さい。

電車のホームなどはもってのほかです。

周りが忙しい場所は気が散っておちおち話もしていられないでしょう。

それでは相手方の担当者の印象も悪くなるはずです。

電話をかける場所の選び方が採用の可否に影響することもあり得ると思って下さい。

電話面接の日時や場所などメモを取る必要がありますから、テーブルのある場所が望ましいです。

求人応募の電話会話例

会社に電話をかけて相手が出たら、まず挨拶をし、自分の名前を名乗ってから用件に入ります。

募集に対する応募であることを伝えて、担当者に繋いでもらいます。

この時もし担当者が不在だったりした場合はまた後でこちらから電話をし直します。

いつ頃なら都合がいいかを聞いてかけ直しましょう。

担当者に替わってもらったら、改めて自分の名前を名乗り、募集に応募したいということを伝えて下さい。

またこの時に「今お話しさせて頂いてよろしいですか」と相手の都合を聞くようにした方がいいでしょう。

もっと大事な用件を抱えている場合もあるからです。

基本的な条件などの話をした後に、面接ということになるはずです。

面接の日時、場所を聞いたらきちんと復唱して確認しましょう。

もし都合が悪い場合は大変申し訳ありませんがと言って別の日時に変えてもらいます。

向こうからこちらの都合のいい日を聞いてくることもあるでしょうから、その時はこちらから空いている日を提案してもいいでしょう。

そして当日持参するものがあるか、それもよく確認して下さい。

緊張を和らげるためには常日頃から自分を追い込もう

最初は緊張しても、日々経験を積み重ねていくうちにだんだんと緊張しなくなるものです。

初めて経験することには誰だって緊張で足が震えるものです。

しかしそこで1つ経験を積めば、次はそれほど緊張しなくてもすむようになります。

面接で緊張して失敗してしまったという人も、それは次に合格するための練習だと思えばいいのです。

最初からうまく行かなくても、次はもっとうまくやれるはずです。

誰でも一度や二度は失敗するものです。

一度落ちたからといってそんなに気に病むことはありません。

たくさんの求人の中から自分に合うものを見つけるのは難しいですし、緊張して自分の能力をフルに見せられなければ、なかなか採用とはならないのです。

応募して落とされると何か自分を否定されたように感じて落ち込むのは誰でもそうです。

周りに話したり相談するのも恥ずかしくてできないかもしれません。

それでも何度か場数を踏めば次第に緊張することもなくなって、いずれ採用してもらえる時が来るはずです。

ですから例え落とされたとしてもそれは無駄にはならない、必要なプロセスなんだと思って下さい。

日頃から自らプレッシャーが掛かることに挑戦し、緊張感に慣れるのも1つの方法かもしれません。

緊張をほぐすためにゆっくりと話そう

緊張すると思わず早口になってしまう人は多いですね。

早く用件を伝えなければと焦るあまり、一方的にまくし立てる人もいます。

これはついつい頭で考えたことをそのまま整理せずに口にしているのですね。

頭で考えるのは口を動かすよりもずっと早いですから、自然と早口になってしまうのです。

いつも早口だという人も含めて、ゆっくりと静かに話をする術を身につけましょう。

頭では分かっていても実行するのはなかなか難しいかもしれませんが、話の中身を丁寧に相手に伝えるように意識するとうまくいきます。

電話では相手が目の前にいないので、話のペースを掴むのが難しいですが、そんな時は目の前に鏡をおいて、鏡の中の自分を電話の相手に見立てるのが効果的です。

自分を電話している相手だと思って笑顔で話しかけて下さい。

そうするとだんだん緊張せずに話せるようになります。

何度もやっているうちに鏡がなくてもちゃんとゆっくり丁寧に話ができるようになりますから、ぜひやってみては如何でしょうか。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ