時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

彼氏からの電話の断り方とは?断りたい理由とは?

      2017/02/22

彼氏からの電話の断り方とは?断りたい理由とは?

大好きな彼氏からの電話でも断りたい時はあるものです。

嫌いになった訳じゃないんですから、断るにもそれなりの理由を女性は考えるんじゃないでしょうか?

そんな時、女性はどんな理由を考えるんでしょう?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


彼氏からの電話を断りたい(会いたくない)時、女性がとる行動例3つ!

彼氏に疲れて会いたくない場合は、正直にそれを彼氏に伝えてください。

彼氏の事は好きだけど、少し疲れているので、1人になりたいと伝えるのです。

彼氏は驚きますが、ゆっくりと説得していきましょう。

そして、こちらから連絡するまでは、連絡しないでほしいと伝えるのも大切です。

また、彼氏に疲れて会いたくない時は、はぐらかすという方法もあります。

何かと理由を付けて、彼に会わないようにするのです。

ただ、注意をして欲しいのが、彼氏に浮気を疑われないようにすることです。

彼氏に余計な心配を掛けないようにしましょう。

長い間彼氏に会いたくなければ、正直にその理由を伝える方が、彼氏から疑いをかけられることはなくなるでしょう。

彼氏に疲れて会いたくない場合は、音信不通にする方法もあります。

彼氏からの連絡は全て拒否して、家に来たら居留守にするのです。

この方法は、突然の失踪のようなものなので、家族や仲の良い友達には、理由を説明しておいてください。

本当に失踪人扱いになってしまったら大変です。

あなたからの電話の頻度によっては彼女は電話を断りたくなることもある!

世間には様々な人がいるので、恋愛をしているときに、「いつも会いたい、いつも話がしたい」という人がいます。

逆に、気持ちが通じ合っているなら、そんなに頻繁に連絡を取らなくても大丈夫だという人もいます。

この例だと、彼が前者、あなたが後者になるでしょう。

考え方や感性は、変えるのは難しいです。

でも、彼のことが好きなら正直に、「電話はあまりして欲しくない、1日1回ぐらいのメールでいい」と伝えましょう。

そして、「これは愛情の問題ではなくて、自分の気持ちです」というのも、プラスするほうが良いでしょう。

彼があなたの気持ちを理解してくれて、あなたの状況を考えないで電話をしてきたりするのをやめてくれれば、さらに良い関係で付き合っていけるはずです。

彼のことが嫌いなのではなくて、毎日の連絡がストレスになっているだけなので、それを彼氏に伝えるほうが、これからの2人のためには良いでしょう。

もし私がそのようにパートナーから言われたら、少し凹むとは思いますが、改めます。

彼女が考える彼氏との理想の電話の頻度とは?

女性は、彼氏と毎日電話したいという人が多いです。

しかし、実際に電話をする回数は、学生と社会人では違います。

学生同士のカップルなら、毎日電話をすることに、何も問題がないでしょう。

特に仲が良い学生のカップルだと、1日1時間以上の長電話をするカップルも多いようです。

しかし、社会人同士のカップルになってくると、学生のカップルとは話しが違ってきます。

社会人は、仕事をしているので、自分が自由に使える時間は、とても少ないです。

そのため、仕事の内容や忙しさにもよるところはありますが、毎日電話をするのは、学生のときのように簡単ではありません。

特に、男性は、頻繁に電話をすることを嫌がる人が多いようです。

男性は、会社での付き合いも多いし、趣味などの他にやりたいこともあったりするので、電話に時間を費やすことを好まないのです。

そのため、社会人のカップルの場合は、電話をする回数は、週に2、3回くらいのカップルが多いようです。

好きな彼氏からの電話やメールを敢えて断る女性の心理とは?

男子は、女子よりも社会性が高いため、恋愛より仕事や友達を優先することがよくあります。

男子は、彼女の事で頭がいっぱい、とはなりにくいようです。

それでも、今までは自分の言うことを受け入れていた女子に拒絶されると、ふとしたときに、「なんで突然拒絶?」と彼女の事を考えることがあるようです。

ただ、やたらに彼の言うことを拒絶していると、そのうちに、ただのワガママ女と思われたり、他に男ができたのでは、と疑われたりしてしまいます。

今までは、彼からの誘いは必ず応じていたとしても、先約などがある場合は、断るようにしましょう。

そして、毎日の電話やメールも、たまに拒絶するのです。

そして、自分のしたいことや気分を優先すれば、我慢をすることなく適度に「NO」が言えるようになります。

彼の事も好きだけど自分の時間も好き、というような女性は、男性にとって魅力的です。

今まで「YES」ばかりの女子が「NO」と言うようになれば、彼は「次はYESと言わせる」ということを考えます。

男子は、逃げるものは追いたくなります。

そのため、「彼に私のことをもっと考えて欲しい」と思う場合は、YESとNOを上手に使って、彼に追わせる女になりましょう。

あなたからの電話を断るのは彼女があなたに嫉妬させたいから?

付き合っているけど、メールや電話が少ない、 月1回会えばいい方、普段の出来事の報告はほとんどなく愛情表現も少ない、という淡白なカップルも意外にたくさんいます。

お互いに干渉をされたくないタイプの場合は良いのですが、もし片方が頻繁に連絡を取りたい、あるいはヤキモチ妬きの心配性だったりすれば、寂しさから喧嘩に発展してギクシャクすることもあります。

逆に、嫉妬深いパートナーの監視が面倒くさい、窮屈、という悩みを持つ人もたくさんいいます。

全く嫉妬しないタイプの男女は、付き合っていても放任主義です。

浮気をしたり、異性と食事や軽い交際をしても、全くヤキモチを焼かないのかもしれません。

しかし、実際には、我慢していたりすることもあります。

このタイプは、包容力があって自信がある人なので、ありのままの相手を受け入れることができます。

そのため、相手の行動を制限したりしません。

相手に無関心のように見えても、実際には相手のことを信頼しているということなのです。

「ヤキモチを焼かないから不安」と感じるかもしれないですが、このタイプの人は、好きな人にも詮索しないことが普通なのです。

妬みは、ネガティブなエネルギーなので、良くありません。

しかし、これらのネガティブな嫉妬心、罪悪感、劣等感、などが依存関係を作ることがあります。

そのため、恋愛テクニックとしても一応使われます。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ