時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

下痢に嘔吐に寒気…こんな症状の時はこの病気を疑え!!

      2017/02/21

下痢に嘔吐に寒気…こんな症状の時はこの病気を疑え!!

下痢に嘔吐に寒気…こんな症状が重なったらとても辛いですよね。

いち早く病気を治すためには、しかっりと症状を知っておく必要があります。

下痢・嘔吐・寒気が出てきたときに疑うべき病気をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


ストレスからくる腹痛の歴史

体調が悪くなり、病院で診察してもらうと「ストレス」が原因であるということがよくあります。

症状としては特に腹痛が多く、過敏性腸症候群と診断される方が多いです。

今や、「ストレス」という言葉を9割の日本人が使っているということが2002年の調査で分かっています。

しかし、日本では60年以上前まで「ストレス」という言葉は物理学でしか使われていませんでした。

生きていれば「ストレス」があるのは当たり前になってしまった現代ですが、それは今に限ったことなのでしょうか。

昔の人も仕事をしていたでしょうし、過酷な戦争も経験しています。

歴史を見てみると、「ストレス」に悩まされたのは現代人に限ったことではありませんでした。

1861年アメリカの軍医ダ・コスタは、兵士たちの体の不調に悩まされていました。

ダ・コスタはこの原因を、戦争による「死の恐怖」であるとしています。

このことから精神的苦痛が体の症状になって表れるということが昔からあったと分かりますが、この時代は「ストレス」という言葉は使われておらず、物理学などの専門用語として使われていました。

1936年にハンス・セリエの研究「ストレス・シンドローム」が発表されました。

この研究ではラットに苦痛を与えることで、さまざまな体調不良が起こることが分かりました。

これより、「ストレス」という言葉が医学的に使われるようにもなり、さまざまな社会問題はストレスが原因であることが分かってきました。

どうしてストレスで腹痛になるの?

ストレスによる腹痛に悩まされているのは、老若男女を問わず大変多くなってきています。

近年では、若い女性が特に多いと言われています。

仕事が忙しい方はもちろん、几帳面や神経質などの性格によってなりやすい方、大きな出来事によるストレスで症状がでてきてしまう方もいます。

症状としては、腹痛はもちろん下痢になりやすい方と便秘になりやすい方に分かれる傾向が多いです。

両方を繰り返す症状の方もいます。

これらの症状は、ストレスによる自律神経の乱れが引き起こしています。

腹痛はトイレにかけこんだり、ガスがたまったりと、少々恥ずかしい思いをすることがあります。

さらに、仕事の会議中や学校の授業中であれば、教室から出ていかなくてはなりませんし、仕事で手が離せず我慢しなければいけないこともあるでしょう。

そうすると、「お腹が痛くなったらどうしよう」という不安がいつもつきまとうようになってしまいます。

その不安によってストレスがさらに大きくなり、自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経の乱れが、さらに腹痛を引き起こしてしまうというスパイラルな状況に陥ってしまうのです。

腹痛を起こす腸の特徴

脳と腸の関係が「脳腸相関」と言われていることはご存知でしょうか。

例えば、脳で受けたストレスが自律神経を乱して過敏性腸症候群の症状である腹痛を引き起こします。

下痢や便秘などの腹痛の症状により、さらに脳でストレスを受けると緊張や不安がどんどん大きくなります。

さらにその大きくなった不安感などが自律神経を乱し、過敏性腸症候群をさらに悪化させます。

不眠、めまい、肩こり、頭痛などの胃腸以外にもさまざまな全身の症状を引き起こしてしまうのです。

ストレスが大きいのに、それがさらにたくさんの症状となって現れる過敏性腸症候群は大変辛い病気だと言えるでしょう。

ストレスがあっても、症状がでても、がんばっていることでどんどん悪化してしまうのです。

このように互いに影響してしまう脳と腸は、過敏性腸症候群を悪化させてしまいます。

過敏性腸症候群が悪化していく過程は、脳と腸の関係が「脳腸相関」と言われている理由がよく分かります。

腸は大変ストレスを受けやすい臓器であるという特徴があるのです。

過敏性腸症候群の主な症状

主な症状を見てみましょう。

・緊張や外出前に腹痛、下痢、便秘になってしまう。

精神的なストレスにより症状が引き起こされています。

楽しみな予定であっても、腹痛になってしまうこともあります。

トイレに行きたくなるので、電車やバスに乗れない。

出勤や通学の際、トイレに行くために何度も途中下車してしまい遅刻してしまうこともあります。

遅刻どころか何時間たっても目的地にたどり着けないということもあります。

炎症性腸疾患や潰瘍などがないのに、いつも腹痛がある。

レントゲンや内視鏡による検査で異常がないのに、腹痛が慢性化している状態です。

排便のない腹痛がある。

排便してしまえば少しは楽になるのですが、いつまでも腹痛が続いてしまい苦痛です。

腹痛を伴う下痢や便秘がある。

この症状が毎日続くので、大変生活がしにくいです。

下痢と便秘を繰り返している。

以外にこのタイプの過敏性腸症候群も多いです。

食生活の乱れ、過労、不安がある。

これらが原因で自律神経が乱れてしまい、腸に影響してしまいます。

ストレスからくる腹痛の対処法

過敏性腸症候群の1番の原因はストレスです。

ですが、現代社会でストレスをなくすのは無理に等しいと言えるでしょう。

ストレスの影響を受けやすい方は、ストレスと上手く付き合っていくことが大切になります。

ストレス対策としてまず効果的なのは生活リズムを整えることです。

規則正しい生活を送ることを心掛けましょう。

早寝早起きはもちろん、食事の時間にも気を使いましょう。

毎日同じ時間に睡眠や食事をとることによって、生活リズムが整います。

そして朝食後は必ずトイレの時間を作りましょう。

便意がなくてもこの時間を取ることが大事です。

さらに、好きな物や趣味を大いに楽しみましょう。

好きなことをしているとストレス解消になります。

適度な運動も大切です。

運動が苦手な方は、ストレッチなどから始めるのも効果的です。

過敏性腸症候群で市販の下痢止めを使用されている方もいますが、病院では過敏性腸症候群のお薬を処方してもらえるのでおすすめです。

症状に合わせたお薬なので効き目が違いますし、その時の症状に合わせてお薬の種類や量も変わってきます。

心療内科で話を聞いてもらうのも、大変効果的だと言われています。

無理をしすぎないように気をつけながら、生活リズムを見直してみましょう。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ