時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

これで安心!うつ病で仕事ができなくなった時の収入と保障制度

      2017/02/25

これで安心!うつ病で仕事ができなくなった時の収入と保障制度

うつ病になって仕事ができなくなった時、治療をしようにも仕事を休んだら収入がなくなってしまうし、どうしたらいいんだろう?

そんな風に考えたことがある人もいるのではないでしょうか。

今回はうつ病で仕事ができなくなった時の収入と保障制度についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


うつ病は自分をしっかりと守って回復させる必要がある

今では現代人の最も認知度が高い精神病の一つが「うつ病」です。

うつ病というと、昔は気合が足らないからなるのだ、などと気持ちの問題だと言われてきましたが、実はれっきとした病気です。

精神病なんて気持ちの持ちようだなどと思わずにご自身の症状をキチンと把握し、回復に努めましょう。

うつ病になってしまった場合は、何よりも自分の回復だけを優先しましょう。

無理に外出したり、収入の為にアルバイトやパート・契約社員などになり仕事を始めるのは病状を悪化させる原因にもなりえます。

働き始めることが出来たとしても、多くの人は仕事でミスや失敗をした時にそれがどんな人にでも起きる大した事のない問題だったとしても「なんでこんなことが出来ないのだろう」「私はダメな人間だ」などと自分を責めてしまう結果につながってしまいます。

自責の念にうつ病の人は追い込まれてしまうのです。

また、うつ病の人にとって何かに対して不安を抱えてしまうことも病状の悪化の原因になります。

うつ病で仕事ができなくなってしまったらまずは休職する

うつ病と診断されたらまず仕事先に休職を希望しましょう。

働けないなんてダメな人間だなどと思わずにまずは回復することが大切です。

いきなり仕事をやめてしまうこともありません。

そのための「休職」という制度を活用しましょう。

多くの会社には「休職」という制度が設けられています。

この制度は会社に籍を残しながら一時的に仕事を休むことが出来るものです。

病気・怪我などで一時的に働くことができなくなった時に休みを取らせ回復を待つ為の制度です。

主に正社員に対するものですが契約社員でもこれに該当する場合もあります。

会社によっては「休職」の制度自体がない場合もありますが、もしも勤め先の会社の就業規則にこの制度があるならばしっかり利用しましょう。

これは社員であるあなたの権利です。

うつ病も休職の理由になります。

うつ病だけでなく心療内科で診断される他の病気でも大丈夫です。

休職の制度の中には期間が細かく決まっている事がありますので就業規則を確認してみましょう。

休職してしまうことに引け目を感じてしまう人もいると思いますが、うつ病も立派な病気です。

まずはしっかりと休んで自分自身をいたわりましょう。

労働基準法ではうつ病による休職時の一定の収入の補償義務付けている

うつ病で休職するにあたって、一番不安なのが収入のことですよね。

うつ病と診断されたことだけでもショックなのに休職で収入もなくなる…、と思われる人がたくさんいるようです。

休職時の収入についてはどうすれば良いのでしょうか。

実はうつ病などの診断で休職する場合、労働基準法で収入の保証を義務付けています。

なので急に収入が0になることはないので安心してください。

ただし、これは仕事が原因の場合のみ適応されます。

労働基準法では、雇用主の故意や過失に関係なく労働者が仕事により病気に罹患した場合に一定の生活保障を行うことを義務としています。

ですので、社員が休職した場合は会社が一定の生活費を給付してくれます。

では、一定の保証とは具体的にどのくらいの給付を受けることが出来るのでしょうか。

これも会社の規定によって変わりますが、大体の給付額は給与の2/3くらいの金額になるそうです。

歩合などで給与に変動がある場合は平均した月額の2/3を目安とすると良いでしょう。

残念ながら、仕事が原因だと断定できない場合のうつ病では、労働基準法での保証は適応することが出来ないので気をつけましょう。

傷病手当を利用して収入を得る

他にも休職中の収入の助けになってくれるのが健康保険の傷病手当です。

会社からの休職手当などの支給がない場合にはとてもありがたいこの制度。

誰でも給付を受けることが出来るのでしょうか。

そもそも、「傷病手当」とはいったい何でしょうか?
傷病手当は病気や怪我によって仕事を休職しなければならない方の為に、安心して療養出来るように給与の一部を支給する制度です。

これは健康保険に加入している人が対象です。

健康保険に加入に加入している方で、うつ病のために休職をしており給与をもらっていない場合や連続して3日以上(4日目以降が対象になります)休んでいる場合は傷病手当の給付対象になります。

では傷病手当ではどのくらいの支給を受けることが出来るのでしょうか。

一般的に傷病手当では給与の2/3くらいの金額が支給されるそうです。

ですが、障害年金を受けている場合や会社からの支給などを受けている場合は、傷病手当の支給額は調整されます。

この手当は最長で1年半支給を受け続けることが出来ます。

うつ病と診断され、休職した際にはこうした制度を活用し、収入面での不安を少しでも払拭しましょう。

傷病手当金は仕事が原因ではないうつ病が前提

先程取り上げた「傷病手当」ですが、こちらは労働基準法での生活保障とは違い、仕事が原因ではないうつ病に対して起用されます。

もちろん、仕事のストレスなどがうつの原因になっている可能性もありますが、実際はそれを証明するのはとても難しいのです。

場合によっては会社と裁判になることも…。

うつ病の状態で裁判沙汰になることは余計な負担になり、うつ病悪化の原因にもなります。

無理に労災認定を受けるよりは傷病手当を支給される方が負担もなく良い方法だと思います。

会社を休職中であったり、退職してしまった場合などの自宅療養が必要な時に傷病手当の支給を受けることが出来ます。

最長で1年半もの間支給を受けられるのは大きいですよね。

もしもうつ病で休職する時は必ず給付を受けましょう。

うつ病の患者さんは、皆さん真面目で無理に自分を鼓舞しがちですが、まずは自分の体とココロをいたわり、回復を優先しましょう。

そのために受けられる支援は積極的に受けて良いのです。

労災や傷病手当はそのための支援です。

あなたの権利を活用しましょう。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ