時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

夫婦が別居する時、住民票はどうしたらいいの?

2015.5.7

夫婦が別居するってことは当然、住まいが別々になる訳ですから、住民票も分けなくちゃいけませんよね?

そのままにしている人もいるんでしょうか?住民票の扱いについて調べてみました!

別居の理由は様々。

でも住民票の扱いには注意が必要?経験者のコメントを参考にしよう!

私も、別居を経験したことがあります。

今の状況での住民票についてですが、質問者様には、子供がいらっしゃるため、実家のご両親の扶養には入れないでしょう。

これから離婚したとしても、質問者様が筆頭者となります。

そして、質問者様が筆頭者となった、子供との新しい戸籍を作ることになります。

私の場合は、別居をしているときは、もし子供が病気になった場合でも、国民保険証が個人別だったので、べつに不便に感じることはありませんでした。

私も違う県で、別居をしていました。

そして別居している期間は、半年くらいだったため、住民票は離婚したあとも何も問題はありませんでした。

しかし、別居をする期間がどれくらいの長さになるかわからない場合は、役所に相談することをおすすめします。

あまり上手に説明ができていないのですが、質問者様のお役に立てると幸いです。

別居の理由はいろいろとあり、住民票の扱いなどは気になるところですが、頑張ってくださいね。

別居することになった!?住民票の移動に関して知っておくべき事!

別居が1年以上の場合は、住民票を移すことをおすすめします。

旦那と同じ住所でなくても、旦那から生活費をもらっているのであれば、旦那の扶養家族からは外れません。

また、別居している場合は、保険証が問題になることがあります。

旦那の保険が組合保険の場合は、遠隔地、扶養家族用の保険証の発行をしてもらうために、会社に別居していることを伝えましょう。

それから、幼稚園や学校に通う子どもと共に別居するときは、園や学校での手続きがあるため、急いで住民票の手続をしないといけません。

この手続きは、単身赴任と同じ手続なので、簡単です。

また、郵便局に手続きをすることも忘れないようにしましょう。

郵便の転送などをしてもらうために、必要です。

離婚を考えずに別居をした場合でも、周りのことが動き始めたら、離婚に発展しやすいです。

離婚を考えていないのなら、別居はおすすめしません。

別居して住民票を移せば、戻ることが難しくなるでしょう。

別居して住民票を移動した場合、離婚するとなったら何か影響はあるの?

住民票を移動したら、離婚に影響するかどうかについて、ご説明していきます。

別居して住民票が旦那と別々になると、調停や裁判になったときに、「別居の証拠」になります。

別居期間が長ければ長いほど、婚姻関係が破綻していることを立証するころができます。

もし、住民票が同じ場合で、たまに家に戻ってくるような場合は、夫婦のどちらかが別居していないと主張すれば、別居をしていることを立証するのがとても大変になってしまいます。

そのため、別居をするときに、住民票を移動するかどうかは、ただの手続きだけの問題ではないと言えるでしょう。

そして、住民上の移動は、旦那との新しい問題の原因になることもあります。

それだけでなく、離婚ができるかどうかにも、大きな影響を与えることがあるでしょう。

そのため、住民票を移動させるかどうか迷うことがあると思います。

住民票の移動は、別居や離婚に関する手続きになるため、迷ったり悩んだりする場合は、弁護士に相談してみましょう。

離婚を前提に別居する場合に知っておくべき事トップ3!

①民法は752条では、夫婦には同居義務があるとしています。

また、民法上定める離婚原因のなかに「悪意の遺棄」があり、相手の意向を無視した別居はこの悪意の遺棄に当てはまることがあります。

そのため、別居は①同居義務違反と評価されないため②悪意の遺棄と評価されないため、という理由が必要です。

②「別居するのはやむを得ない」という別居の理由がいります。

たとえば、相手に法律上の離婚原因がある場合です。

DVやモラハラを避けるため、生活費を渡してくれない、相手の不貞が原因、相手が家庭をかえりみない、などの原因です。

また、お互い納得の別居も、違反や遺棄になりません。

③別居のために準備することは多いです。

経済的に自立する準備、別居してからもらえるお金について知る、相手へ金銭を請求する準備、仕事の確保、住むところを探す、などの準備が必要になります。

別居をしたら、今までのような経済的な依存を相手から受けることはできません。

また、別居する所がいるので、住むところについて考える必要があります。

別居だけでなく、離婚も考えている夫婦が直面する困ったこと3つ!

①住むところがなければ、生活できません。

私は、離婚前に別居しました。

別居してすぐは、ビジネスホテルに子供と行きました。

それからは、実家に住みました。

今は子供と社宅に住んでいますが、一時的に実家が受け入れてくれる場合はラッキーでしょう。

もし実家がない場合は、しばらく泊めてくれる友人宅を探してください。

また、安いアパートなどでもOKです。

住む場所があれば、一安心です。

②職がある人は、安心です。

私も手に職があったので、問題ありませんでした。

職を持っていない人は、やる気があれば何でもできるので、とにかく仕事をしましょう。

③離婚や別居の被害者は、子どもです。

片親しかいなくてさみしいのに、学校まで変わるのは可哀想です。

しかし離婚や別居をする時は、両親は自分達の事で精一杯なので、なかなか子どもの気持ちまで気がまわらないのです。

私もそうで、住む地域が変わったので学校も変わり、子どもにさみしい思いをさせました。

 - 結婚