時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

必読!体調が回復してきた方のお見舞いをする時の敬語のマナー

      2017/02/27

必読!体調が回復してきた方のお見舞いをする時の敬語のマナー

このページの目次1 お見舞いに行った時は敬語の言葉遣いや言い回しに注意が必要2 …

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


お見舞いに行った時は敬語の言葉遣いや言い回しに注意が必要

入院をしている患者さんにとってお見舞いはうれしく歓迎されることが多いのですが、見舞う側が色々マナーとして気を付けなければ、せっかく気遣って見舞う患者さんへの負担になってしまうでしょう。

これは会社の上司や同僚へのお見舞いでも、親しい方や子供の入院患者さんのお見舞いでもでも同じことが言えるでしょう。

見舞う時の服装にこれといった決まりはありませんが、病院という場所がら華美で派手な服装は敬遠されます、マナーとしても良いとは言えません。

体調の優れない患者さんを見舞うのですから香料の強い過剰なメイクや香水はマナー違反以上に気遣いが感じられません。

会話の中でも気を付けなければいけないことがあります。

気落ちしているかもしれない患者さんに「ゆっくり」とか「気長に」などは、入院生活が長引くイメージを持たれてしまい、気分の良いものでは無いので控えた方がいいでしょう。

目上の方に対しての敬語や言葉使いそして言い回しにも注意が必要です。

気持に余裕の無い場合もあります、些細な会話にも注意を払って気持ちの良い気遣いのできる会話を心がけましょう。

闘病中の方に対してよく使われるフレーズ

闘病中の方や体調を崩されている方へのお見舞いの手紙ではどのようなものが良いのでしょうか?
一般的によく起用される慣用句は「ご回復を、御祈り致しております。

」等があります。

また上司や同僚など会社関係や取引先関係の方には「一日も早い復帰をお待ちして居ります。

」なども良いでしょう。

近しい方や親しくされている方には「心から案じております。

」なども気遣っている気持ちが表れています。

また、病気になられたと聞いた時に書く見舞いの手紙で、病気の話題を出す時に「ご体調を崩されたとうかがいました、その後のお加減はいかかでしょうか?」等の書き出しでも良いと思います。

会社関係の方や知人程度のお付き合いの方にあまり病状に関することや、今の状態などに関することなど、あまり立ち入ったことは書かないようにしましょう。

回復を焦らせる内容の文言を書くのも相手の方の負担になってしまう可能性もありますので配慮をする必要があります。

相手の気持ちになり書くことが大切です。

お見舞いの時に使う敬語の言い換えフレーズ

お見舞いの時は、「お大事にどうぞ」丁寧になると「くれぐれもお大事になさって下さい。

」それよりも丁寧に「心よりお見舞い申し上げます。

」などが使われます。

体の調子をたずねる場合は「お加減はいかかですか?」丁寧にたずねると「〜とのことで、大変心配しております。

」さらに丁寧にたずねる場合「〜はいかがかとご案じ申し上げております。

」などが良いでしょう。

大変だと気遣う場合「大変驚いております。

」「ご心痛のほどお察し致します。

」「突然のことに言葉もありません」このような言い回しがいいのではないでしょうか。

回復を願う場合、元気になってくださいより「一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

」又は「このさい十分なご静養をなさるよう願っております。

」や「一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈り致します。

」などが使われます。

しかし、一番大切なことは相手のことを思って気遣いのある気持ちのこもった言葉と相手ことを思いやる言葉が大切です。

相手を安心させる言葉選びが大切

お見舞いの時相手にかける言葉で「お加減いかがですか?」「思ったよりお元気そうで安心しました。

」などといわれる方も多いと思います。

見舞いに来てくれた人に「元気そうですね」と言われることは『自分は元気そうに見えるのか』と病気を患っている相手にも印象が良く安心感を生むことでしょう。

もちろん、本当に元気そうで安心したのならぜひそう伝えてあげて下さい、喜ばれます。

また相手が上司や同僚などの場合、本人は色々と仕事面で迷惑を掛けていると考えていることが多いでしょう。

そんな相手に「あなたがいなくても大丈夫」とか「何も困ることは無い」などを言葉にしたり、そんな雰囲気の言い回しは気遣いがあるとは言えません、「あなたがいなくてやっぱり大変です、でも復帰までみんなで力を合わせてなんとかやっています」など相手の居場所を守っているニュアンスで「こちらは問題ありませんので、どうぞ安心して静養して下さい」と伝えることが大切でしょう。

病気療養中の上司へのメールの例文

件名「お見舞い申し上げます」「お加減いかがでしょうか?」「○○部長のお早いご回復を祈っております」など

【本文】 

○○○様

部署名   名前
○○○○  ○○○○○です(ございます)

例)その後、お加減はいかがでしょうか、この前よりご回復されているとのことで何よりです。

急なご病気でΟΟ部長もご不自由なことは存じますが、どうか、ご自身を信じられて今の苦境を克服さあれますよう、心よりお願いいたします。

この頃、暑くなってまいりましたので、くれぐれも無理をなされずご療養に専念されてください。

本来は、お見舞いにお伺いすべきところですが、中々時間がとれせず、メールにてお見舞いを申し上げた次第です。

これが少しでもΟΟ部長の励みになれば幸いに存じます。

私達皆でΟΟ部長の早い全快を陰ながらではありますが、お祈りいたしております。

例)退院後、体調はいかがでしょうか、お伺いした時よりまだ○○のままとのことで少し安心いたしました、ご療養が長引かれていて、ΟΟさんも気落ちもされるのもやむを得ないとは存じますが、どうか、気持ちをしっかりお持ちになって、今の状況を克服さあれますよう、心よりお願いいたします。

この頃、寒くなってまいりましたので、くれぐれも体調に気を付けいただき治療に専念されてください。

本来は、お見舞いにお伺いすべきところですが、中々遠方のためそうもいきませず、メールにてお見舞いを申し上げた次第です。

これが少しでもΟΟさんの励みになれば幸いに存じます。

私共皆でΟΟさんの早いご回復を遠方ではありますが、お祈りいたしております。

例)あれから、お怪我のご様子はいかがでしょうか、ΟΟさんの話によりますと気落されてるとのことで、皆も心配しております。

思いもしないお怪我でΟΟさんもお辛いとは存じますが、どうか、絶対に怪我に勝という強い信念をお持ちになって、今の辛さを克服さあれますよう、心よりお願いいたします。

この頃、季節の変わり目で体調を崩しやすくなってまいりましたので、くれぐれも無理をなされずリハビリに専念されてください。

本来は、お見舞いにお伺いすべきところですが、中々時間がとれませず、メールにてお見舞いを申し上げた次第です。

これが少しでもΟΟさんの励みになれば幸いに存じます。

僕もΟΟさんの早い完治を陰ながらではありますが、お祈りいたしております。

【署名】

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ