時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

友達から告白されて迷惑に感じたことってありますか?

      2017/03/23

友達から告白されて迷惑に感じたことってありますか?

今まで友達として付き合ってきた相手から突然の告白

そんな時に困惑したり迷惑に感じたことってありますか?

自分はただの友達としか思ってない場合、どう対処したらいいんでしょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


友達からの告白で嫌だったり迷惑だった人のアンケート結果!

自分にとっては有難くない告白をされた経験があるという人は10人に1人の割合でいるそうです。

何日も付きまとわれた挙句に告白され、その後の処理に苦労したという話もありますが、やはり容姿が好みではないなど自分のタイプでない人や、向こうはこっちを知っていても自分にとっては見ず知らずの人から思いを告げられた場合には、困惑するという声が多いようです。

告白そのものが曖昧だったり、交際を申し込むメールを送り付けて来たかと思ったら、後になってそれを取り消すような意味不明の行為などされたら、相手も迷惑するだけです。

中学生くらいの年代だと虚偽の告白をするケースもあるし、同時に2人の女友達に告白されてしまった中学生の例や、大勢の友達と一緒に家まで押しかけてこられた例などもあるようです。

嫌なら断ればよいはずですが、それでも何度となく執拗に言い寄って来たり、連日のように交際を求める相手を冷たく拒んでも諦めてもらえず、苦労する人もいます。

そんな時には、後ろめたい思いをしながらも無視して嫌われるように仕向ける人もいるようです。

又、自分に秋波を送っているようだと前もって感じていた時には、極力相手を避けたり、こちらでは関心のない素振りを見せて遠ざけようとする人もいますが、それでも告白されてしまうと、やはり迷惑に感じてしまうと言います。

友達であるあなたに告白する女性も実は悩んでいる!?

これだけ想いを募らせていることを相手にも分かってもらいたくて告白したとしても、相手側は必ずしもそれを歓迎してくれるとは限りません。

場合によっては相手に余計な負担を掛けるだけかもしれないのです。

告白された側としては、その後の双方の関係がぎくしゃくしかねないことを思うと、断るにも悩んでしまったり、そのために神経をすり減らしたりすると言います。

実際に交際を断ったことで人間関係に影響が出てしまった人もいて、特にそれが仕事で顔を会わせる人だと、働きづらくなることもあるようです。

勿論、断った場合でも以前と同じ接し方をするなどして、人間関係に支障をきたさないように心がけるのですが、それ自体が非常に神経を使うことなので、大変な負担になってしまうのです。

にも拘らず、断られた側がぎこちない態度でいることもあります。

そうなるとせっかく時間をかけて構築した人間関係がおかしくなったり、こちらの気遣いが無駄になったように思えてくると言います。

一人の人間として好ましい評価を受けるのは良いとしても、恋愛の対象とされたことで苦労してきた経験のある人にとっては、このように好きでない人から告白を受けるのはご免被りたいと思っているのです。

誰かを好きになったら、まず告白をしてよいのかどうかを相手の立場に立って考え、状況によってはそれを断念する配慮も必要でしょう。

それを考えずに一方的に想いを告げてしまうのは、単なる自己満足に過ぎず、相手を困惑させるだけなのです。

それなのに、告白して断られても尚もしつこく交際を迫って、相手を辟易させる人もいるようです。

逆に男性のあなたが女友達に告白した時、迷惑に感じられる瞬間!

異性への告白が迷惑になってしまうその最たる例が、すでに結婚している人からのお誘いでしょう。

そもそも家庭を持っている上司が部下に声を掛けること自体が、不倫に他ならないのです。

中には相手も既婚者だということを知りながら誘ってくる既婚者もいるそうです。

こういう場合、誘われても普通の人ならきっぱり断ってしまうでしょう。

その次に迷惑なのは、諦めが悪く執念深い人たちです。

来る日も来る日も電話をかけてきて、睡魔に襲われて眠たい時にまで電話がかかってきて、怒り心頭に達してしまったという人もいます。

ひどいケースになるとストーカーまがいの行為をする人もいて、告白の為にわざわざ相手の住所を調べて自宅までやってくる人や、断られても相手の自宅周辺をうろついて、本人に会おうとする人までいるそうです。

相手側としては、警察に相談することさえ考えてしまう程の恐怖感さえ覚えると言います。

3番目に迷惑な相手は、生理的に受け付けられないタイプの人だそうです。

一見したところ問題なさそうな人であり、これと言って問題がある訳でもないのに生理的に苦手な人というのは誰しもいるようです、少し手を触れるだけでも嫌悪感を感じてしまうような相手から告白されてしまうと、勿論、即座に断ることになります。

デートの誘いの電話があればその場で切ってしまうなど、どうしても強い拒絶反応が出てしまうような相手からの告白も迷惑に受け取られるものです。

世の男性は女性からの告白についてどんな風に考えているんでしょうか?

女性に比べ男性は、見た目重視で交際相手を選びたがるとよく言われています。

特に20代半ばくらいまでの年代の男性の場合、女性の顔やスタイルなどから受ける第一印象というのは大きな比重を占めると言われ、このハードルをクリアしない女性は恋愛の対象とされにくいようです。

しかし、その女性の顔かたちが自分の好みに合っていても、会話をしてみると自己中心的な性格であると分かって幻滅してしまったという話もあります。

逆に最初にあった時には特に強い印象を受けなかったけれど、言葉を交わしているうちに相手の人柄の良さに次第にひかれていくようになるケースもあります。

男性自身も、恋愛経験を重ねていくうちに女性を見る時に外見以外の要素を重視するようになり、その分容姿のハードルも低くなると言います。

又、単に外見を知るだけなら写真だけでも足りますが、喋り方や立ち居振る舞いなど、直接本人と会ってみないと分からない魅力を持った女性もいます。

女性から働きかけても男性は関心を示さないと言う人いるようですが、女性も待っているばかりではチャンスは訪れません。

容姿はそれほどでもない女性でも、上手くアプローチしていけば男性の関心を引く可能性は低くないでしょう。

告白する前の男女の駆け引き!迷惑がられない為のポイント3つ!!

若し好きでたまらない男性がいたとしても、女性の方から先に想いを告げると失敗してしまう可能性があります。

仮に自分が相手に夢中になっていたとしても、向こうも同じ想いでいるとは限らないので、拒まれた場合には、双方のその後の関係はぎこちないものとなってしまいます。

又、その好きという感情が、女性の惚れやすい性格ゆえに沸き起こったものではないか、若しくは恋に恋しているためではないかについて、冷静に見つめ直す必要があります。

先を急ぎすぎる恋愛というのは、熱しやすく冷めやすいものだからです。

末永くお付き合いしたいのなら、二人の関係もじっくりと時間を費やしながら培っていくべきでしょう。

彼の方でもその女性に好意を持っていた場合には、好きになってから付き合い始めるまでの間というのは、気分的にも特に高揚している状態にあります。

まだ彼女が自分のものとなっていない段階ですが、実はこの時期が男性にとって最も熱中できる時なのです。

交際する前の恋の駆け引きをどのように進めていこうかハラハラしながら過ごしている時に、彼女の方から思いを告げられたら、そのワクワクしていた気持ちも拍子抜けしたようになってしまいます。

彼から恋の醍醐味を奪わないためにも、すぐに告白することは考え直した方が良いでしょう。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ