時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

なぜ、血液検査の結果が出るのにとても時間がかかるのか?

      2017/02/24

なぜ、血液検査の結果が出るのにとても時間がかかるのか?

血液検査を受けてから結果が出るまで、早くて2・3時間、長くて半日。

病院によれば、1週間以上かかることも!なぜこんなに時間がかかるのか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

スポンサーリンク


血液検査とは

健康診断などでおなじみの血液検査ですが、採血後、血液はどのように分析をされて私たちの手元に届くのでしょうか。

また血液検査のメリットとはなんでしょうか。

血液検査とは、一般的には注射などで採取した血液を分析し、血液の状態や成分によって体がどのような状態であるか判断する目安になるものです。

もしある種類の成分が増加していると肝機能の可能性がある、というふうにです。

血液を分析し検査をするのは臨床検査技師といわれる人たちです。

血液検査のメリットは、血液が体内を隅々までめぐっていることにあります。

血液が体内をめぐることによって、体の各器官の細胞に酸素や栄養などの必要なものを供給し、不要物を血液に受け渡すことで体は健康を保っています。

ですから血液を採取することで、体の各器官の状態が分かります。

検査の際は血液自体の病気の有無も知ることができ、赤血球系、白血球系、血小板系、血漿タンパクに関連する病気が分かります。

血液検査の結果でわかること

血液検査をすると血液がどのような状態か知ることができます。

それをもう少し詳しく説明しましょう。

赤血球数(RBC)は主に、肺で酸素を受け取り体中に供給して回ります。

その際、酸素と交換に不要な二酸化炭素を受け取り、再び肺に戻ります。

もし赤血球が減少すると、酸素不足になり貧血を引き起こす原因になります。

赤血球が減少は「鉄欠乏性貧血」が一番多いとされています。

原因は鉄分不足、栄養不足や偏った食事、痔、胃潰瘍があげられます。

要因は主にダイエットです。

他には関節リウマチ、胃ガンが要因になることがあります。

反対に赤血球過多になると、血流が悪くなる、血管がつまるなどの症状が現れます
これを「赤血球増多症(多血症) 」といいます。

ヘモグロビンとして有名な赤色素量 ヘモグロビン(Hb)は、血液の色のもとになる色素を含んでいます。

酸素と結びつき全身に酸素を運びます。

貧血がどうか調べる際には一番重要です。

100g中のヘモグロビン(Hb)の量で決まります。

またヘマトクリット(Ht)は血液中のヘモグロビン(Hb)の割合が分かります。

ヘモグロビン(Hb)とヘマトクリット(Ht)は相関関係にあります。

血液検査をして結果が出るまでの時間

病院の施設や検査内容にもよりますが、病院内に検査施設があれば、一般的には約15分ほどで結果は出ます。

ですが一人ずつ行うのではなく、数人分を一度に検査した方が効率が良いため、病院側の事情を含めると結果が実際にわかるのは、再検査を入れたとしても1時間ほどです。

総合病院の場合は予約の有無で検査結果が分かるまでに、1〜2時間の時間差があり、かなり待つことになります。

血液検査などは予約していく方が早く結果が分かるでしょう。

急ぐ必要がなければ、個人病院でも血液検査はできます。

その場合は2〜3日かかります。

患者さんに処方された薬の効果や、症状の経過をみるためにさらに2週間以上時間をかけて行う場合もあります。

病院によっては検査内容に適切な検査施設が院内にないため、検査機関に外注しているところもあります。

外注に検査を依頼すると結果がわかるのは時間がかかりますが、性格に検査内容を知るために外注している病院もあるでしょう。

その中に異常値の出た緊急に報告しなければならない項目があれば、検査した本人に連絡が行きます。

血液検査に時間がかかるわけ

血液検査は検査内容によって検査時間が変わります。

検査結果が遅くなる主な原因は、健康診断のように血液の状態を分析する項目が多い場合です。

そして病院側に検査視閲がない場合は、院外の血液検査センターなどの専門機関に依頼するためです。

採血された血液は、病院側で検査機関に依頼します。

そして検査機関で分析後、病院に結果が届き、検査結果がようやく採血者のもとへ届く、とこのような流れになるのである程度時間がかかってしまうのは仕方ないでしょう。

たとえば検査項目が幾つかに絞られている場合は、検査結果は調べる項目が少なくなるので、それだけ結果は早くわかります。

医師が病気の原因を特定し、どの薬を処方するかスムーズな対応をしてもらうためには血液検査は判断材料としてとても重要です。

健康診断でも結果によっては再検査、ということもあります。

病気の早期発見につながることもありますので、再検査はしっかり受けるべきでしょう。

もし何も異常がなくても、日頃の生活を見直す良い機会になります。

血液検査の結果待ちにできること

血液検査の結果が出るには病院によっては、長い待ち時間になることもあります。

病院によっては喫茶店が入っているところもあります。

また休憩室が充実している病院もあります。

ですが一番待ち時間を退屈しないで過ごすアイテムは本、雑誌、マンガでしょう。

人によってはゲームやスマホで時間をつぶす人もいるでしょう。

最近では携帯電話やスマホの使用も緩和されつつあります。

心配されているペースメーカへの影響も20㎝離されていれば異常が起きないことが分かっています。

ですが電磁波が出るゲーム機やスマホなどの使用できる場所は限られているところが多いため、やはり気兼ねなく読める本、雑誌、マンガが良いかもしれません。

電子カルテなどを導入している病院では、待ち時間が長くなる傾向にあるようです。

待ち時間中に何もすることがないのは苦痛ですよね。

病院によりますが待ち時間中に外出ができるところもありますので、受付に聞いてみるのも良いでしょう。

本も雑誌もマンガももう読んでしまったら、外出をする、それも無理なら人間観察で時間をつぶすのも面白いかもしれません。

病院には様々な人が来られます。

どんな人なのか想像していたら、待ち時間があっという間だった、ということもあるかもしれませんね。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ