時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

なぜ、血液検査の結果が出るのにとても時間がかかるのか?

      2017/02/24

なぜ、血液検査の結果が出るのにとても時間がかかるのか?

血液検査を受けてから結果が出るまで、早くて2・3時間、長くて半日。

病院によれば、1週間以上かかることも!なぜこんなに時間がかかるのか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


血液検査とは

健康診断などでおなじみの血液検査ですが、採血後、血液はどのように分析をされて私たちの手元に届くのでしょうか。

また血液検査のメリットとはなんでしょうか。

血液検査とは、一般的には注射などで採取した血液を分析し、血液の状態や成分によって体がどのような状態であるか判断する目安になるものです。

もしある種類の成分が増加していると肝機能の可能性がある、というふうにです。

血液を分析し検査をするのは臨床検査技師といわれる人たちです。

血液検査のメリットは、血液が体内を隅々までめぐっていることにあります。

血液が体内をめぐることによって、体の各器官の細胞に酸素や栄養などの必要なものを供給し、不要物を血液に受け渡すことで体は健康を保っています。

ですから血液を採取することで、体の各器官の状態が分かります。

検査の際は血液自体の病気の有無も知ることができ、赤血球系、白血球系、血小板系、血漿タンパクに関連する病気が分かります。

血液検査の結果でわかること

血液検査をすると血液がどのような状態か知ることができます。

それをもう少し詳しく説明しましょう。

赤血球数(RBC)は主に、肺で酸素を受け取り体中に供給して回ります。

その際、酸素と交換に不要な二酸化炭素を受け取り、再び肺に戻ります。

もし赤血球が減少すると、酸素不足になり貧血を引き起こす原因になります。

赤血球が減少は「鉄欠乏性貧血」が一番多いとされています。

原因は鉄分不足、栄養不足や偏った食事、痔、胃潰瘍があげられます。

要因は主にダイエットです。

他には関節リウマチ、胃ガンが要因になることがあります。

反対に赤血球過多になると、血流が悪くなる、血管がつまるなどの症状が現れます
これを「赤血球増多症(多血症) 」といいます。

ヘモグロビンとして有名な赤色素量 ヘモグロビン(Hb)は、血液の色のもとになる色素を含んでいます。

酸素と結びつき全身に酸素を運びます。

貧血がどうか調べる際には一番重要です。

100g中のヘモグロビン(Hb)の量で決まります。

またヘマトクリット(Ht)は血液中のヘモグロビン(Hb)の割合が分かります。

ヘモグロビン(Hb)とヘマトクリット(Ht)は相関関係にあります。

血液検査をして結果が出るまでの時間

病院の施設や検査内容にもよりますが、病院内に検査施設があれば、一般的には約15分ほどで結果は出ます。

ですが一人ずつ行うのではなく、数人分を一度に検査した方が効率が良いため、病院側の事情を含めると結果が実際にわかるのは、再検査を入れたとしても1時間ほどです。

総合病院の場合は予約の有無で検査結果が分かるまでに、1〜2時間の時間差があり、かなり待つことになります。

血液検査などは予約していく方が早く結果が分かるでしょう。

急ぐ必要がなければ、個人病院でも血液検査はできます。

その場合は2〜3日かかります。

患者さんに処方された薬の効果や、症状の経過をみるためにさらに2週間以上時間をかけて行う場合もあります。

病院によっては検査内容に適切な検査施設が院内にないため、検査機関に外注しているところもあります。

外注に検査を依頼すると結果がわかるのは時間がかかりますが、性格に検査内容を知るために外注している病院もあるでしょう。

その中に異常値の出た緊急に報告しなければならない項目があれば、検査した本人に連絡が行きます。

血液検査に時間がかかるわけ

血液検査は検査内容によって検査時間が変わります。

検査結果が遅くなる主な原因は、健康診断のように血液の状態を分析する項目が多い場合です。

そして病院側に検査視閲がない場合は、院外の血液検査センターなどの専門機関に依頼するためです。

採血された血液は、病院側で検査機関に依頼します。

そして検査機関で分析後、病院に結果が届き、検査結果がようやく採血者のもとへ届く、とこのような流れになるのである程度時間がかかってしまうのは仕方ないでしょう。

たとえば検査項目が幾つかに絞られている場合は、検査結果は調べる項目が少なくなるので、それだけ結果は早くわかります。

医師が病気の原因を特定し、どの薬を処方するかスムーズな対応をしてもらうためには血液検査は判断材料としてとても重要です。

健康診断でも結果によっては再検査、ということもあります。

病気の早期発見につながることもありますので、再検査はしっかり受けるべきでしょう。

もし何も異常がなくても、日頃の生活を見直す良い機会になります。

血液検査の結果待ちにできること

血液検査の結果が出るには病院によっては、長い待ち時間になることもあります。

病院によっては喫茶店が入っているところもあります。

また休憩室が充実している病院もあります。

ですが一番待ち時間を退屈しないで過ごすアイテムは本、雑誌、マンガでしょう。

人によってはゲームやスマホで時間をつぶす人もいるでしょう。

最近では携帯電話やスマホの使用も緩和されつつあります。

心配されているペースメーカへの影響も20㎝離されていれば異常が起きないことが分かっています。

ですが電磁波が出るゲーム機やスマホなどの使用できる場所は限られているところが多いため、やはり気兼ねなく読める本、雑誌、マンガが良いかもしれません。

電子カルテなどを導入している病院では、待ち時間が長くなる傾向にあるようです。

待ち時間中に何もすることがないのは苦痛ですよね。

病院によりますが待ち時間中に外出ができるところもありますので、受付に聞いてみるのも良いでしょう。

本も雑誌もマンガももう読んでしまったら、外出をする、それも無理なら人間観察で時間をつぶすのも面白いかもしれません。

病院には様々な人が来られます。

どんな人なのか想像していたら、待ち時間があっという間だった、ということもあるかもしれませんね。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ