時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

これで大丈夫!仕事が不安で失敗しそうな時のリラックス法

      2017/02/28

これで大丈夫!仕事が不安で失敗しそうな時のリラックス法

仕事が不安だと思うことは誰しもあること。

でも、それをうまく乗り越える人もいれば、不安のあまりに失敗してしまう人もいます。

今回は仕事が不安で失敗しそうな時のリラックス法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


不安は誰もが感じるもの

不安に押しつぶされそうになってしまう人と、そうでない人の違いは何でしょう。

不安を感じるか、感じないかの違いかというと、違うのです。

不安はどちらも感じているのです。

しかし、押しつぶされそうになる人は、そこで不安を取り除こうと努力することで、余計に神経を使ってしまうところに問題が発生します。

押しつぶされそうにならない人は、抱いた不安をしかたがないものと捉えるために、そこから先のストレスがなくなるのです。

不安を取り除こうとする人は、少しでも不安が残っているといけないために、それを打ち消そうと一生懸命になってしまいます。

そのためなんども同じことにとらわれ、止められなくなってしまうのです。

不安というものは誰にもあるものだということに早く気づくべきでしょう。

不安を抱いているのは自分だけではないと感じることで、切迫感は薄れていくはずです。

自分もみんなと同じ感覚を持っているということをまず大事にしましょう。

仕事の不安は脳が出すアラーム

不安というのは精神のアラームであり、脳が勝手に出すものです。

自分で考えていることは自分でコントロールしているように感じますが、反射的な感覚というものは意思とは関係なく勝手に出てくるのです。

そして、異常に気づき、何とかしなければならないと考え始めるとパニックになってしまうのです。

不安が不安を大きくするといってもいいでしょう。

ですから、不安に巻き込まれているときは、危険があるから不安なのではなく、不安という間違ったアラームが鳴っているからだと考えることが大切です。

それによって客観的に自分のこころを見ることができるようになり、不安から距離を置くことができるようになります。

不安というアラームが出てきた時は、あまり敏感に反応しないようにしましょう。

他に楽しいことを考えるとか、身の回りに起こっていることを冷静に、あるがままに受け止める練習をしましょう。

そして不安の原因になっていることをじっくり見つめるようにしましょう。

不安なことを書き出してみる

仕事で悩んで不安になるときは、そのことばかりが頭の中をぐるぐる回ってしまうことでしょう。

しかも、そのことを考えているとますます情報が整理できなくなり、さらに不安を大きくさせてしまうというような悪循環に陥ってしまうのです。

そんなときは、不安なことを紙に書きだしてみましょう。

どんなことを不安に思っているのか、なぜ不安なのかを書きだすと、意外と不安を小さく感じたりできるようになるものです。

そうならない場合でも、不安なことが明確になるだけで、自分で解決できる問題なのか、誰かに相談すべきなのかが見えてきたりするものです。

また、誰かに相談するならどこに持っていけばいいかなどと考えていくうちに、不安に対する分析ができるようになり、心配事が整理できるようになります。

書いたメモは、相談の際に持っていくようにしたほうがいいでしょう。

相談を受ける側も、材料があったほうが話が早いし、あなたも整理がついて話しやすいはずです。

オンオフのスイッチを作る

不安と付き合う素質の中でもっとも重要なのが、不安を考えるときと考えないでリラックスするときの2つの行動を切り替えるコントロールスイッチを持つことです。

不安と四六時中向き合っていたら、脳が休む暇がなくなってしまいます。

それを防ぐために「考える」「考えずにリラックスする」という2つのスイッチのオフ・オンが重要になるのです。

スイッチの切り替えが上手い人は、気分転換できる手段をいくつも持っています。

趣味や関心があることなどがたくさんあればあるほど、スイッチは切り替わりやすくなります。

時間があるうちに今関心を持っていることなどを書きだしておきましょう。

不安との向かい方に失敗すると、その不安の対処のために何も考えられなくなり、最後には思考停止状態になったりします。

うつ病になるのは、そういうふうなことが原因になったりします。

脳が正しく機能しているうちに、リラックスする方法を身に付けておきましょう。

不安に陥りそうになったら、リラックスできることがらを思い出して、自問自答しましょう。

仕事で失敗しそうな時は深呼吸をする

仕事で失敗しそうなとき、冷静になることが大切です。

深呼吸はとても大事です。

深呼吸をすると酸素を取り入れますが、不安がつのると過呼吸になり、酸素中毒になるのを防いでくれます。

深呼吸をしてもっとも影響を及ぼすのは、脳です。

落ち着いた精神状態を作り出し、緊張が抑えられ、血圧の低下、体温の上昇などさまざまな効果が生まれます。

また、自然とお腹を膨らませることになるので、内蔵のマッサージ効果やリラックス神経と呼ばれる副交感神経を活発化することにも役立ちます。

リラックスホルモンといわれるセロトニンが分泌され、不安が解消しやすくなるという効果も確認されています。

深呼吸することによる、心理的効果としては、目をつむることによる気持ちの集中もあるでしょう。

そのときに、不安になるのは自分だけではないと思い出してみましょう。

不安になるのは自然なことなのだと言い聞かせてみましょう。

そして肩の力を抜いて、もう一つ深呼吸しましょう。

不安は少しずつ抜けていくでしょう。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ