時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

ブライダルの仕事は大変なのか?ブライダル業界のまとめ!

2015.4.25

ブライダルの仕事には興味がある!!

でも休みも少なく色々と大変そう・・・

そんなブライダル業界の実情を紹介します。

ブライダルの仕事とは?

ブライダルの仕事とはどのようなものなのでしょうか?

結婚が決まったお2人に、挙式や披露宴、パーティーなどについて、専門的にアドバイスを行い、企画から運営まで幅広くサポートをする仕事です。

ブライダルコーディネーターは、ウエディングプランナーとも呼ばれ、結婚式場を紹介し、式場が決まればどういう式にしたいか打ち合わせを重ね、式のプランニングを行います。

具体的にはウエディングドレス選び、招待状のデザイン、引き出物選び、式場内の小物選びに至るまで、予算内でベストなプランを提案します。

式ではタイムスケジュールを組み、その通りに進行できるようサポートします。

ブライダル関連職には、プランナーの他にもカメラマンやメイクアップアーティスト、楽器演奏をしてくれるブライダルプレーヤーなどもあります。

最近はセカンドウエディングやおめでた婚、プラチナ婚など様々な種類の結婚式があります。

女性にとっては晴れ舞台である結婚式、どうしてもこれをやりたい!といったような、オリジナルの演出にこだわる人も多いので、質の高いプランニングやサービスが必要です。

結婚式をどれだけ盛り上げられるか、新郎新婦の希望に近づけられるか、いい結婚式にできるかどうかが、この仕事のやりがいだと言えます。

幸せいっぱいの新郎新婦をお手伝いできる、素敵な職業だと思います。

ブライダルの仕事の魅力とは?

ブライダルの仕事の魅力とは、いったいどこにあるのでしょうか?

ブライダルプランナーは圧倒的に女性が多く、子供を持つ方も活躍しているのが特徴的と言えます。

と言うのも、知識や技術はもちろん必要ですが、実はそれだけではなく豊富な経験が欠かせない仕事なのです。

大勢の方と接し、多くの現場を経験することで、プランナーとしての経験値が上がり、より腕を磨くことができます。

結婚式は新郎新婦の感情が左右する部分が大きいため、ブライダルプランナーには人の気持ちを瞬時に理解する力や、とっさの対応力といった人間力が求められてきます。

ですので、結婚や出産、子育てといった経験は、重要な人生経験として仕事にも大いに役立ってくるのです。

結婚や子育てなどで多少ブランクがあっても、実務経験者であれば採用のニーズは少なくないので、一生の仕事として続けることができます。

出産、子育てで仕事を続けられない時期のある女性にとっては、非常に魅力的な点だと言えるでしょう。

新郎新婦にとって最大のイベントである結婚式、披露宴をトラブルなく無事に成功させた時の達成感は、何ものにも変えられません。

ブライダルプランナーになってよかったと思える瞬間のひとつです。

成功後に新郎新婦やご家族からいただく「ありがとう」の言葉があるからこそ、これからも頑張ろうと思えるブライダルプランナーは非常に多いです。

ブライダルの仕事に必要なスキル

ブライダルの仕事をするにあたって、必要となるスキルはどのようなものなのでしょうか?

衣装、料理、挙式・披露宴会場、会場内の装飾に至るまで、全てにおいて質が高く豪華なものを揃え、最高の舞台を作り上げなければならないブライダルの世界では、ウエディングプランニング、ドレススタイリングといった様々な分野での、ハイレベルな知識とスキルが求められます。

それ以外にも、ブライダルという普段とは違った、夢のような特別な世界だからこそ、備わっていないといけないスキルもあります。

それは「お客様の役に立ちたい」と言う気持ちと、それを実現するための企画力です。結婚式をあげるお客様は「自分達らしい式にしたい」「来てくれた方達の思い出に残るような式をあげたい」など、自分らしさや個性に強くこだわりを求める方が多いです。

お客様1人1人に最も適した結婚式を提案するには、要望を理解したうえで、オリジナルの結婚式を提案する企画力とイマジネーションが必要となります。

しかしながら、いくら個性的な提案をしても、自分勝手な提案ではお客様からの満足は得られません。

お客様の希望をしっかりと引き出し、把握することが何よりも大切です。

「お客様に喜んで欲しい」「お客様の役に立ちたい」という気持ちが、最も重要と言えるでしょう。

ブライダル業界の求人状況

ブライダル業界に興味が出てきたのではないでしょうか。

そこで現在の求人状況をご紹介します。

少子化が進む現在、結婚式の件数も減少の一途をたどっており、ブライダルプランナーの需要も減るのではないかと思うかもしれませんが、実際は違うようです。

有名な結婚相談所では、結婚が決まって退会する人数は増加しており、結婚式場などのウエディングフェアに訪れる人数も増加しています。

また、結婚式にかける費用もその平均額は上昇していると言われています。

結婚年齢が上がってきている分、結婚式により多くお金をかけられるようになったように見受けられます。

近年、おめでた婚やプラチナ婚など、結婚式の形態が多様化しているため、オリジナル性の高い結婚式を希望する新郎新婦が増えているので、幅広い専門知識を持ったブライダルプランナーの需要は上昇していると言えるでしょう。

ブライダル業界全体を見ると、売り上げや結婚式の件数は減少していますが、ハウスウエディングやレストランウエディングなど、結婚式のスタイルも多様化しているので、印象に残る結婚式をあげたいと思うカップルは増加しています。

そういった面を考えても、ブライダルプランナーに求められる役割は、より大きくなっていると言えます。

そんな結婚式をあげたいカップルのために、特色のある結婚式をプロデュースする企業も増えているので、ブライダルプランナーの活躍の場はより一層広がりを見せそうです。

ブライダルの仕事で大変なこと

ブライダルの仕事で、大変なことは何か聞いてみました。

日本で結婚式が多い季節は、気候のいい春と秋です。

暑すぎもせず寒すぎもしないこの季節が、結婚式をあげるには人気だと言えます。

このシーズンは週末になると、1日数件の結婚式が入ることもあり、仕事は忙しくなります。

週末が大安と重なったりすると、多忙を極めるそうです。

特に自分が担当するお客様の結婚式だと、朝早くに出勤し、結婚式を終え、その後片付けや翌日の準備をするともう深夜、なんてことも多々あります。

繁忙期以外は月に6〜8日間休日が取れますが、繁忙期は月4〜5日間程度の休日になってしまうこともあるそうです。

ですがその分、真夏や真冬といった結婚式が避けられがちな時期には、振替休日が取れたり、有給を消化して連休にすることも可能です。

連休を利用して旅行に行ったりもできます。

職場によるとは思いますが、年間通してずっと忙しいということは、さほど多くないと思います。

とは言っても、結婚式をあげるには大きな金額が動きますし、お客様にとっては重大なイベントです。

肉体的な疲労はもちろんですが、失敗できないという精神的なプレッシャーも大きいので、激務だと感じる人も多いようです。

 - 仕事