時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

無性に食べたい!そんな生理前の食欲を我慢しない方法

      2017/02/28

無性に食べたい!そんな生理前の食欲を我慢しない方法

生理前って無性に食欲が止まらないですよね。

そんな生理の食欲を我慢せず、工夫して抑える方法をまとめました

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


そもそも生理前の食欲はなぜ起こるのか?

女性の体では、排卵と同時に黄体ホルモンが増えていきます。

黄体ホルモンは食欲と深く関係していて、生理前には食欲、むくみなどの症状を引き起こします。

これらの症状は女性にとっては非常にやっかいなものですよね。

黄体ホルモンは妊娠するために必要なものですが、着床しなかった場合には生理がきて食欲はだんだんと収まっていきます。

基本的に生理前の数日間が食欲のピークですが、月経前症候群や黄体ホルモンによる影響の受けやすさによって異なります。

女性の心身のバランスには、「プロゲステロン」が大きく影響しています。

生理が近くなると食欲が出るのは、「プロゲステロン」が過剰に分泌されているからです。

「プロゲステロン」が分泌されすぎると血糖値が下がってしまいます。

血糖値が下がると空腹中枢が刺激されるので、これが食欲の増す原因になります。

脂っこい物や甘い物が食べたくなっている状態でさらに食欲が増すと、過食やカロリーの過剰摂取に繋がるので気をつけましょう。

生理前の食欲が我慢できない女性の意見

普段はなかなか食べないものを食べたくなる

「普段は食べたいと思わないものが食べたくなってしまって、結局いつもよりもたくさん食べ物を食べてしまいます」(31歳・小売店・事務系専門職)

普段あまり食べたいと思わないようなものを生理前だと何故か食べたくなってしまうという人は意外に多いようです。

いつも通りの食事に加えて普段食べないものも食べることになるので、結果、生理前は普段以上に食べてしまうことになります。

甘いものが食べたくなる

「お腹いっぱい食事をしたのに、まだ甘いものが食べたくなってしまう」(22歳・医療・専門職)
「クッキーを大量に食べてしまったり、ケーキをワンホール丸々一人で一度に食べてしまったりします。そんな状態が数日間続きます」(27歳・公益法人・専門職)
生理前だと不思議なことにお腹がいっぱいの状態でもまだ甘いものが食べたくなってしまいます。

ケーキをワンホール食べてしまうなんてとんでもない食欲ですよね。

生理前の食欲を我慢せず、抑制する方法

体のつくりというのはダイエットに深く関係しています。

つまりそれは「嗅覚」ということです。

私たちの食欲とにおいには実に深い関係があり、嗅覚をコントロールすることが効果的なダイエットに繋がります。

食欲抑えるのに役立つのがアロマです。

あなたは実際にアロマを利用したことがあるでしょうか。

たとえば、レモンやオレンジなどは柑橘系のにおいです。

これらの柑橘系のにおいには、食欲を抑えるのに非常に効果があるのです。

おなかがすいたら耳を触る

よく「痩せるツボはありますか」と聞かれますが、刺激すれば体重が減るというツボはありません。

体の機能は繋がっているので「食欲があるとき、ないときに、ちょうど良い状態にしてあげる、体調に合わせて食欲を調整する」というのが東洋医学の考え方です。

たとえば、「食べ過ぎてしまう」、「残業が多いので深夜に夜中にお腹がすく」、「水分の取り過ぎでむくむ」など、症状によって効果のあるツボは異なります。

崩れてしまったバランスを正しい状態にするためにツボ刺激をうまく活用しましょう。

耳を刺激する

耳のツボは、職場、電車の中、風呂やトイレなど、どこでも刺激できるので非常におすすめです。

「食欲を抑えるには、耳を刺激する」と覚えておくといいと思います。

耳のツボは、探しにくいと思われがちですが、「ある1点」を探すのではなく、「だいたい痛む場所」を探すとわかりやすいかと思います。

生理前の食欲を我慢せず、ダイエットに活用する方法も

生理は妊娠に備えるためのものなので、お腹に宿る子どもの分のエネルギーも確保しようとし、普段に比べて食欲が増します。

これは無意識的に起こることなのでどうにもなりません。

無理に「食べない」ことを続けてしまうと、体は食べたものを体の中に貯め込み、できるだけエネルギーを使わないように代謝の力を落とします。

普段はご飯の量を制限している人も、生理前はきちんと食べるようにしましょう。

ただし、主食だけを食べることはしないでください。

血糖値の上昇によって太りやすくなるのはもちろん、PMSの症状が強くなりイライラを増大させるという危険性もあります。

ちゃんと食べる代わりに、血糖値の変化を抑えるために、食事を数回に分けて食べることをおすすめします。

おやつ代わりにおにぎりを食べると、お菓子に手を出しにくくなるので是非やってみてください。

定期的に糖質を体に補給することで血糖値が安定し、強い空腹感はあまり感じなくなります。

生理前の食欲を緩和する食材

過食はイソフラボンで防止

生理が近くなると食べ過ぎてしまうという悩みを持つ女性は多いでしょう。

これは、妊娠に関係するホルモンの黄体ホルモンによる影響、必要なビタミンやミネラルの不足などの理由が複雑に絡み合うことによって食欲をコントロールするのが難しくなることが原因です。

生理前の過食は、PMSの症状を軽くしてあげることで改善することができます。

イソフラボンにはエストロゲンを調整し、ホルモンバランスを整える効果があるため、PMSの症状を軽くしてくれます。

他にも、生活習慣の乱れが原因の生理不順にも効果的です。

イソフラボンは健康的な体を維持するための強い味方になってくれるはずです。

マグロを食べる

赤身のマグロは低脂肪、低カロリーに加えて良質なタンパク質を多く含む食材です。

そのため、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

マグロに含まれるビタミンB6は生理前の食欲を抑える効果もあります。

どうしても食べ過ぎてしまうという場合はマグロやツナ缶を食卓に加えてみてください。

きっと効果が現れるはずです。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ