時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

頭痛吐き気や眠気を伴う怖い病気とは?

      2017/02/24

頭痛吐き気や眠気を伴う怖い病気とは?

頭痛吐き気や眠気を伴う辛い症状で悩んでいる方は多いと思います。

じつは軽く考えていると怖い病気の可能性もあります。その代表的な症例と対策を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


頭痛吐き気眠気を伴う代表的な症例、偏頭痛とは

頭痛は現代病と言ってもいいくらい多くの人が悩みを抱えています。

特に、頭の片側だけが「ズキンズキン」「ガンガン」と痛くなる、いつも同じような時間に痛くなる、吐き気を伴う、というような頭痛の症状は、偏頭痛である可能性が高いでしょう。

偏頭痛は、20代〜50代の女性に多く、頭全体が痛むというよりも頭の片側だけが痛くなる状態です。

月に1・2回、多い人はもっと多くの回数突然痛みが襲ってくるのが特徴です。

人にもよりますが、偏頭痛には何かしらの前兆があることがあります。

「閃輝暗点(せんきあんてん)」といって、突然視野の真ん中あたりに太陽を直視した後の残像のような点が現れて、視界の一部がゆらゆら動きだし、物が歪んで見えにくくなったりします。

そのうち視界がチカチカし、視界が見えなくなるというような症状です。

これ以外にも、イライラと情緒不安定になったり甘いものを無性に食べたくなったり、空腹感や眠気が襲ってくることもあります。

偏頭痛が起こる原因として考えられるもの

頭痛が起きる原因として考えられるものの一つに、頭部の血管が拡張することによって頭痛が起こると考えられています。

強いストレスを感じると、人間の脳はドーパミンやアドレナリンが増加し、セロトニンという血管を収縮させる神経物質が大量に放出されます。

このセロトニンが血管を収縮させると、血流が悪くなります。

しかし、セロトニンはすぐに減少しますので、その時に悪くなった血流が一気に血管を流れていきます。

その時に血管の周りの神経を刺激したり、痛みを出したりして偏頭痛が起こるというものです。

他にも、三叉神経と言って、顔面周辺の感覚を司る脳神経の中でも最も大きい神経が偏頭痛に関係しているとも言われています。

ストレスなど、何らかの原因で脳の太い血管が拡張するとその周囲にある三叉神経が圧迫され、刺激を受けます。

刺激を受けた三叉神経からは、神経ペプチドとよばれる痛みの原因になる物質が放出されます。

すると、血管周辺に炎症が起こりさらに欠陥が拡張し増々三叉神経が刺激される悪循環に陥ります。

そして、この刺激が大脳に伝わって偏頭痛が起こるとされています

頭痛吐き気や眠気を伴う症状はじつはPMSの可能性も

頭の片側だけがズキンズキンと痛み、吐き気や発熱を伴う偏頭痛はだいたい月に1.・2回襲ってくることが多く、その時間や周期も決まっているという人もいます。

もしもその周期が、生理前に症状がでてくるのであれば、PMS(月経前症候群)による偏頭痛かもしれません。

偏頭痛は、その原因がハッキリとは解明されていないのですが、PMSと深い関係があるという専門家も多くいます。

その罹患者の多くは女性で、その半数が生理周期に関係した偏頭痛を持っていると言われています。

その原因として「エストロゲン」というホルモンが関係していると言われています。

エストロゲンは、女性ホルモンの一つで、女性らしさを保つためにはもちろん、妊娠ホルモンとも言われていて女性にとっては欠かせないホルモンなのです。

このエストロゲンは、生理が終わってから排卵直前をピークに徐々に増えていきます。

そして、妊娠が成立しなければ急激に分泌量が減り生理が始まる前にまた減少します。

そして、生理が始まった頃からまた増えていくという周期を繰り返します。

このエストロゲンが減少すると、脳内物質のセロトニンを生み出す力が下がってしまうと言われており、そのセロトニンが減少すると偏頭痛を引き起こすと言われています。

そのため、生理前のエストロゲンが減少する時期に偏頭痛に襲われるということなのです。

自分には関係ないことはない、その症状うつの場合も

いつもなんとなく頭が痛くて、時には頭が割れてしまうんじゃないかと思うほどの頭痛が長期的に続くと、脳の疾患か偏頭痛を疑うます。

しかし、さらに異常な眠気を伴う場合、それは「うつ病」である可能性があります。

頭痛は強いストレスで発症することがあります。

そして、眠気はうつ病の患者の多くが訴える症状の一つなのです。

うつ病の人は、日常生活や社会生活の中で、人一倍多くのストレスを感じています。

さらにそのストレスを発散することが苦手な人が多く、結果様々なことが不安になってしまったりイライラが募ってしまい、睡眠障害へと繋がっていってしまうのです。

うつ病でなくてもとても腹立たしいことがあった日は、なんだかイライラしてなかなか寝付けないということを経験した人も多くいると思います。

また、試験前や大切な会議の前に不安で眠りが浅く、寝た気がしないとか、早朝に目が冴えてしまったとか、夜中に何度も目が覚めるとか、経験ありませんか?
うつ病の人は、このような眠りの質が毎日続いているのです。

そのため、慢性的な睡眠不足状態になり、日中でも常に眠気に襲われている状態になっているのです。

頭痛、吐き気、眠気を誘発するのはセロトニン不足かも

毎日なんとなく不調で、頭痛や吐き気、眠気に悩まされていることはありませんか?その原因、実は脳内物質のセロトニンが関係しているかもしれません。

セロトニンは、精神のバランスを整える作用のある伝達物質で、セロトニンが不足するとキレやすくなったり、うつ病を発症したりすると言われています。

それだけでなく、セロトニンはメラニンの原料にもなるため、夜眠って朝に目覚めるというサイクルにも影響を及ぼしています。

ですから、このセロトニンが減少すると睡眠障害になってしまったり、そこまでいかなくても眠りにつきにくくなってしまったり、夜中に目が覚めてしまったりしてしまうのです。

また、セロトニンが不足すると、脳内の血管が収縮し頭痛の原因にもなっていると考えられています。

このセロトニンが原因の頭痛は、脳内での刺激が大脳へ伝わる途中嘔吐中枢と言われている場所を通るため吐き気を誘発してしまうのです。

このようにセロトニンは様々な働きをしており、非常に重要な物質だということが言えます。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ