時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

頭痛吐き気や眠気を伴う怖い病気とは?

      2017/02/24

頭痛吐き気や眠気を伴う怖い病気とは?

頭痛吐き気や眠気を伴う辛い症状で悩んでいる方は多いと思います。

じつは軽く考えていると怖い病気の可能性もあります。その代表的な症例と対策を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


頭痛吐き気眠気を伴う代表的な症例、偏頭痛とは

頭痛は現代病と言ってもいいくらい多くの人が悩みを抱えています。

特に、頭の片側だけが「ズキンズキン」「ガンガン」と痛くなる、いつも同じような時間に痛くなる、吐き気を伴う、というような頭痛の症状は、偏頭痛である可能性が高いでしょう。

偏頭痛は、20代〜50代の女性に多く、頭全体が痛むというよりも頭の片側だけが痛くなる状態です。

月に1・2回、多い人はもっと多くの回数突然痛みが襲ってくるのが特徴です。

人にもよりますが、偏頭痛には何かしらの前兆があることがあります。

「閃輝暗点(せんきあんてん)」といって、突然視野の真ん中あたりに太陽を直視した後の残像のような点が現れて、視界の一部がゆらゆら動きだし、物が歪んで見えにくくなったりします。

そのうち視界がチカチカし、視界が見えなくなるというような症状です。

これ以外にも、イライラと情緒不安定になったり甘いものを無性に食べたくなったり、空腹感や眠気が襲ってくることもあります。

偏頭痛が起こる原因として考えられるもの

頭痛が起きる原因として考えられるものの一つに、頭部の血管が拡張することによって頭痛が起こると考えられています。

強いストレスを感じると、人間の脳はドーパミンやアドレナリンが増加し、セロトニンという血管を収縮させる神経物質が大量に放出されます。

このセロトニンが血管を収縮させると、血流が悪くなります。

しかし、セロトニンはすぐに減少しますので、その時に悪くなった血流が一気に血管を流れていきます。

その時に血管の周りの神経を刺激したり、痛みを出したりして偏頭痛が起こるというものです。

他にも、三叉神経と言って、顔面周辺の感覚を司る脳神経の中でも最も大きい神経が偏頭痛に関係しているとも言われています。

ストレスなど、何らかの原因で脳の太い血管が拡張するとその周囲にある三叉神経が圧迫され、刺激を受けます。

刺激を受けた三叉神経からは、神経ペプチドとよばれる痛みの原因になる物質が放出されます。

すると、血管周辺に炎症が起こりさらに欠陥が拡張し増々三叉神経が刺激される悪循環に陥ります。

そして、この刺激が大脳に伝わって偏頭痛が起こるとされています

頭痛吐き気や眠気を伴う症状はじつはPMSの可能性も

頭の片側だけがズキンズキンと痛み、吐き気や発熱を伴う偏頭痛はだいたい月に1.・2回襲ってくることが多く、その時間や周期も決まっているという人もいます。

もしもその周期が、生理前に症状がでてくるのであれば、PMS(月経前症候群)による偏頭痛かもしれません。

偏頭痛は、その原因がハッキリとは解明されていないのですが、PMSと深い関係があるという専門家も多くいます。

その罹患者の多くは女性で、その半数が生理周期に関係した偏頭痛を持っていると言われています。

その原因として「エストロゲン」というホルモンが関係していると言われています。

エストロゲンは、女性ホルモンの一つで、女性らしさを保つためにはもちろん、妊娠ホルモンとも言われていて女性にとっては欠かせないホルモンなのです。

このエストロゲンは、生理が終わってから排卵直前をピークに徐々に増えていきます。

そして、妊娠が成立しなければ急激に分泌量が減り生理が始まる前にまた減少します。

そして、生理が始まった頃からまた増えていくという周期を繰り返します。

このエストロゲンが減少すると、脳内物質のセロトニンを生み出す力が下がってしまうと言われており、そのセロトニンが減少すると偏頭痛を引き起こすと言われています。

そのため、生理前のエストロゲンが減少する時期に偏頭痛に襲われるということなのです。

自分には関係ないことはない、その症状うつの場合も

いつもなんとなく頭が痛くて、時には頭が割れてしまうんじゃないかと思うほどの頭痛が長期的に続くと、脳の疾患か偏頭痛を疑うます。

しかし、さらに異常な眠気を伴う場合、それは「うつ病」である可能性があります。

頭痛は強いストレスで発症することがあります。

そして、眠気はうつ病の患者の多くが訴える症状の一つなのです。

うつ病の人は、日常生活や社会生活の中で、人一倍多くのストレスを感じています。

さらにそのストレスを発散することが苦手な人が多く、結果様々なことが不安になってしまったりイライラが募ってしまい、睡眠障害へと繋がっていってしまうのです。

うつ病でなくてもとても腹立たしいことがあった日は、なんだかイライラしてなかなか寝付けないということを経験した人も多くいると思います。

また、試験前や大切な会議の前に不安で眠りが浅く、寝た気がしないとか、早朝に目が冴えてしまったとか、夜中に何度も目が覚めるとか、経験ありませんか?
うつ病の人は、このような眠りの質が毎日続いているのです。

そのため、慢性的な睡眠不足状態になり、日中でも常に眠気に襲われている状態になっているのです。

頭痛、吐き気、眠気を誘発するのはセロトニン不足かも

毎日なんとなく不調で、頭痛や吐き気、眠気に悩まされていることはありませんか?その原因、実は脳内物質のセロトニンが関係しているかもしれません。

セロトニンは、精神のバランスを整える作用のある伝達物質で、セロトニンが不足するとキレやすくなったり、うつ病を発症したりすると言われています。

それだけでなく、セロトニンはメラニンの原料にもなるため、夜眠って朝に目覚めるというサイクルにも影響を及ぼしています。

ですから、このセロトニンが減少すると睡眠障害になってしまったり、そこまでいかなくても眠りにつきにくくなってしまったり、夜中に目が覚めてしまったりしてしまうのです。

また、セロトニンが不足すると、脳内の血管が収縮し頭痛の原因にもなっていると考えられています。

このセロトニンが原因の頭痛は、脳内での刺激が大脳へ伝わる途中嘔吐中枢と言われている場所を通るため吐き気を誘発してしまうのです。

このようにセロトニンは様々な働きをしており、非常に重要な物質だということが言えます。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ