時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

血液検査、どのくらい?…結果待ち時間・採血量・費用などいろいろ

      2017/02/27

血液検査、どのくらい?…結果待ち時間・採血量・費用などいろいろ

体調不良や健康診断等、体調管理においても血液検査はわりと身近なもの。

血液検査にまつわるあれこれを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


血液の成分

Q:からだの中には、どれぐらい血液があるの?(血液の体重に占める割合)

A:男性は体重の約8パーセント(約12分の1)、女性は体重の約7パーセント(約13分の1)と言われています!

例えば、体重60キログラムの男性の場合、体重の約8パーセント、約4,800mlの血液が体内を流れています。

体重50キログラムの女性の場合を例にとりますと、体重の約7パーセント、約3,500mlとなります。

血液は、45パーセントは細胞成分、55パーセントは液体成分と成っています。

具体的に、細胞成分とは、赤血球・白血球・血小板のこと、液体成分とは血しょうのことです。

<参考>
細胞成分とその役割
・赤血球ー肺で空気中の酸素をとり、身体の中に運ぶ。

・白血球ー身体の中に入ってきた細菌やウイルスを退治する。

・血小板ー血漿と協力して血を止める

液体成分とその役割
・血漿ー栄養や身体の中の二酸化炭素を運ぶ。

また、血小板と揚力して怪我による出血を止める。

血液と血管のしくみ

血液は、とても大切な働きをしています。

1.血液の働きは、4つ。

①栄養を運ぶこと
②酸素を運ぶこと
③不要物を運ぶこと
④細菌やウイルスを退治すること。

2.血液の中身とは
細胞成分
・赤血球ー肺で空気中の酸素をとり、身体の中に運ぶ。

・白血球ー身体の中に入ってきた細菌やウイルスを退治する。

・血小板ー血漿と協力して血を止める

液体成分
・血漿ー栄養や身体の中の二酸化炭素を運ぶ。

また、血小板と揚力して怪我による出血を止める。

3.血液の通り道、血管。

血管は、血液を身体のすみずみまで送り、また集めてるためのパイプの役割をしています。

私たちの身体の中の血管をつなぎ合わせると、なんと9万キロメートル。

これはおよそ地球2周半にもなる長さです。

様々な太さの血管が、身体の中に張り巡らされています。

4.血管の種類
・動脈ー心臓から送り出される血液を運ぶ血管。

動脈を流れる血液は、酸素をたくさん含み、赤い色をしている。

・静脈ー心臓へ戻る血液を運ぶ血管で、弁がついている。

静脈を流れる血液は、二酸化炭素や不要物を運搬しているため、赤黒い色をしている。

血液検査について

気分が悪くて病院を訪れた時や、職場や学校の健康診断の際に、血液検査をしたことがありますよね。

なぜ検査をするのでしょう。

それは、血液からいろんな情報を得ることができ、私たちの健康管理のためのバロメーターとして、血液検査は欠かせないからなのです。

血液検査とは血液を採取して、様々な項目において数値化し、異常を探すことを目的としています。

ですから、血液検査前の行動には注意が必要です。

検査数日前から、食事の量を減らしてみたり、急に運動しはじめたりする人がいます。

糖尿病を疑われるのがいやで、取り繕ってみたくなる気持ちも分かります。

でも実は血液検査は、皆さんの「悪あがき」を見抜くことができるのです。

ヘモグロビンA1Cの値を見れば、一目瞭然。

「悪あがき」がばれてしまうほうが、少し恥ずかしいですね。

普段どおりの状態で受けましょう。

また、胃の中に何も入っていない、空腹時でないと正しく評価できない項目もあります。

たとえば、中性脂肪や血糖などです。

受診する際は、注意事項をよく守りましょう。

血液検査では、悩んでいる症状の原因や病気などが分かります。

主には、貧血や肝臓の異常、腎臓の異常、高脂血症、糖尿病などです。

血液検査…結果が出るまでの時間はどのくらい

検査項目に応じて、結果が伝えられるまでの期間は異なります。

基本的な項目なら、数十分で結果が出ますので、即日伝えてくれる場合もあるでしょう。

しかし、1〜2週間ほどかかるものもあります。

また、血液検査の結果がいつ出るかは、病院の規模によって異なります。

設備の整った大きい病院であれば、血液検査のために採血してから、数分後から数時間後には結果は出ます。

しかし、小さいクリニックであれば、検査をするための機器がないため、別の病院や業者に検査を委託しているため、採血のちそれぞれに送られ、数日から1週間後にその結果が届くという場合もあります。

検査結果の判定をすることに関して緊急性のない場合には、余裕をみて2週間後に受診してくださいと伝える場合もありますし、2週間後に診察のフォローをしたい場合にも、2週間後に受診していただくようお伝えする場合もあります。

病院・診療所によって異なりますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

血液検査…採血はどのくらいの量?

検査の内容によって、必要となる量は異なります。

採血用の試験管2〜3本がおよそ、大さじ1杯ほどの量。

ごく一般的な検査(たとえば、肝機能、腎機能等の生化学検査(30〜40項目)と糖尿病診断の為の、血糖、HbA1cそしてB、C型肝炎ウィルス抗体、HIV抗体(感染症検査)、腫瘍マーカー(5〜15項目)、そして貧血の検査をする場合)

普通は3本の試験管に(生化学、感染症検査、腫瘍マーカー用に6ml、貧血検査用に2ml、血糖検査用に2ml)合計10ml採血すれば充分量に成ります。

血球数測定用の採血管に2ml、血清分離用の分離剤入り採血管に2〜4ml採血する・・・・これだけで一般的な検診(人間ドック)の採血量は十分なのです。

たとえば献血においては、体重50キログラム以上の方は、400mlまでは安全であるとされています。

これは、医学的に、普通の人間は、体内の血液量の15%以内であれば、失われても身体上の問題はないとされているからです。

献血可能な量と比べると、血液検査に必要な血液の量は、ごくわずかですので、ご安心ください。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ