時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

血液検査、どのくらい?…結果待ち時間・採血量・費用などいろいろ

      2017/02/27

血液検査、どのくらい?…結果待ち時間・採血量・費用などいろいろ

体調不良や健康診断等、体調管理においても血液検査はわりと身近なもの。

血液検査にまつわるあれこれを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


血液の成分

Q:からだの中には、どれぐらい血液があるの?(血液の体重に占める割合)

A:男性は体重の約8パーセント(約12分の1)、女性は体重の約7パーセント(約13分の1)と言われています!

例えば、体重60キログラムの男性の場合、体重の約8パーセント、約4,800mlの血液が体内を流れています。

体重50キログラムの女性の場合を例にとりますと、体重の約7パーセント、約3,500mlとなります。

血液は、45パーセントは細胞成分、55パーセントは液体成分と成っています。

具体的に、細胞成分とは、赤血球・白血球・血小板のこと、液体成分とは血しょうのことです。

<参考>
細胞成分とその役割
・赤血球ー肺で空気中の酸素をとり、身体の中に運ぶ。

・白血球ー身体の中に入ってきた細菌やウイルスを退治する。

・血小板ー血漿と協力して血を止める

液体成分とその役割
・血漿ー栄養や身体の中の二酸化炭素を運ぶ。

また、血小板と揚力して怪我による出血を止める。

血液と血管のしくみ

血液は、とても大切な働きをしています。

1.血液の働きは、4つ。

①栄養を運ぶこと
②酸素を運ぶこと
③不要物を運ぶこと
④細菌やウイルスを退治すること。

2.血液の中身とは
細胞成分
・赤血球ー肺で空気中の酸素をとり、身体の中に運ぶ。

・白血球ー身体の中に入ってきた細菌やウイルスを退治する。

・血小板ー血漿と協力して血を止める

液体成分
・血漿ー栄養や身体の中の二酸化炭素を運ぶ。

また、血小板と揚力して怪我による出血を止める。

3.血液の通り道、血管。

血管は、血液を身体のすみずみまで送り、また集めてるためのパイプの役割をしています。

私たちの身体の中の血管をつなぎ合わせると、なんと9万キロメートル。

これはおよそ地球2周半にもなる長さです。

様々な太さの血管が、身体の中に張り巡らされています。

4.血管の種類
・動脈ー心臓から送り出される血液を運ぶ血管。

動脈を流れる血液は、酸素をたくさん含み、赤い色をしている。

・静脈ー心臓へ戻る血液を運ぶ血管で、弁がついている。

静脈を流れる血液は、二酸化炭素や不要物を運搬しているため、赤黒い色をしている。

血液検査について

気分が悪くて病院を訪れた時や、職場や学校の健康診断の際に、血液検査をしたことがありますよね。

なぜ検査をするのでしょう。

それは、血液からいろんな情報を得ることができ、私たちの健康管理のためのバロメーターとして、血液検査は欠かせないからなのです。

血液検査とは血液を採取して、様々な項目において数値化し、異常を探すことを目的としています。

ですから、血液検査前の行動には注意が必要です。

検査数日前から、食事の量を減らしてみたり、急に運動しはじめたりする人がいます。

糖尿病を疑われるのがいやで、取り繕ってみたくなる気持ちも分かります。

でも実は血液検査は、皆さんの「悪あがき」を見抜くことができるのです。

ヘモグロビンA1Cの値を見れば、一目瞭然。

「悪あがき」がばれてしまうほうが、少し恥ずかしいですね。

普段どおりの状態で受けましょう。

また、胃の中に何も入っていない、空腹時でないと正しく評価できない項目もあります。

たとえば、中性脂肪や血糖などです。

受診する際は、注意事項をよく守りましょう。

血液検査では、悩んでいる症状の原因や病気などが分かります。

主には、貧血や肝臓の異常、腎臓の異常、高脂血症、糖尿病などです。

血液検査…結果が出るまでの時間はどのくらい

検査項目に応じて、結果が伝えられるまでの期間は異なります。

基本的な項目なら、数十分で結果が出ますので、即日伝えてくれる場合もあるでしょう。

しかし、1〜2週間ほどかかるものもあります。

また、血液検査の結果がいつ出るかは、病院の規模によって異なります。

設備の整った大きい病院であれば、血液検査のために採血してから、数分後から数時間後には結果は出ます。

しかし、小さいクリニックであれば、検査をするための機器がないため、別の病院や業者に検査を委託しているため、採血のちそれぞれに送られ、数日から1週間後にその結果が届くという場合もあります。

検査結果の判定をすることに関して緊急性のない場合には、余裕をみて2週間後に受診してくださいと伝える場合もありますし、2週間後に診察のフォローをしたい場合にも、2週間後に受診していただくようお伝えする場合もあります。

病院・診療所によって異なりますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

血液検査…採血はどのくらいの量?

検査の内容によって、必要となる量は異なります。

採血用の試験管2〜3本がおよそ、大さじ1杯ほどの量。

ごく一般的な検査(たとえば、肝機能、腎機能等の生化学検査(30〜40項目)と糖尿病診断の為の、血糖、HbA1cそしてB、C型肝炎ウィルス抗体、HIV抗体(感染症検査)、腫瘍マーカー(5〜15項目)、そして貧血の検査をする場合)

普通は3本の試験管に(生化学、感染症検査、腫瘍マーカー用に6ml、貧血検査用に2ml、血糖検査用に2ml)合計10ml採血すれば充分量に成ります。

血球数測定用の採血管に2ml、血清分離用の分離剤入り採血管に2〜4ml採血する・・・・これだけで一般的な検診(人間ドック)の採血量は十分なのです。

たとえば献血においては、体重50キログラム以上の方は、400mlまでは安全であるとされています。

これは、医学的に、普通の人間は、体内の血液量の15%以内であれば、失われても身体上の問題はないとされているからです。

献血可能な量と比べると、血液検査に必要な血液の量は、ごくわずかですので、ご安心ください。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ