時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

血液検査の結果、電話連絡のやり取りはあるのかないのか

      2017/02/23

血液検査の結果、電話連絡のやり取りはあるのかないのか

健康診断、定期検診、症状の診断等で行われる血液検査。

体調が悪かったり、持病の検査となると心配ですよね。

そんな中で検査結果連絡が病院からくるケースと来ないケースがあるのでまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


血液検査をする目的

血液検査の目的は、主に2つあります。

まず1つ目は、大きな異常がないかどうかをチェックする「スクリーニング」です。

そして、2つ目は、症状の程度や治療の経過をチェックします。

定期健康診断などでは、スクリーニング検査が行われます。

そして、次の項目がチェックできます。

貧血があるかどうか、肝臓や腎臓は正常に働いているか、タンパク質やアルブミンの値、メタボに関する項目、などです。

献血の場合は、肝炎などの感染症のチェックもされます。

生活習慣病やがんなどの血液検査は、症状や疾病により検査範囲が変わります。

血液検査だけでなく、尿検査や心電図検査などにも、目的があります。

では、「スクリーニング」について説明していきます。

スクリーニングは、「ふるい分け」という意味で、患者が何の病気か分からないときに行います。

特に初診の場合、問診ではなんの病気かわからないので、この検査をします。

「マス・スクリーニング」というのもあります。

これは健康診断などで行われます。

自覚症状のない人に検査をして、隠れた病気を見つけます。

それから、病気が進んでいないかを見るために、検査をすることもあります。

血液検査結果の電話連絡は通常来ないという意見

先日、病院で採血をしてもらいました。

採血をしたあとは、「もし採血の検査結果が悪い場合は、次の日にでも連絡があるはず」と思っていました。

しかし、いくら待っていても、何の連絡もきませんでした。

そのため、病院に電話をしてみました。

すると、電話に出た人に、「電話では、採血の検査結果は伝えることができません」と言われたのです。

数値で結果がわかるような検査のときは、項目によっては緊急報告のレベルが設定してあるものがあります。

そして、通常の病院への報告をするよりも前に、患者に連絡がくることもあります。

検査の結果が、次の来院予定日まで待てる場合は、特別な連絡が患者にいくことはありません。

一般的には、電話なんてしないのです。

診察をする医者が、患者の検査結果を患者さんが来院するまでに確認することは、めったにありません。

正直に言って、そんな時間はありません。

また、細胞診の結果は、そんなに緊急であるものではありません。

血液検査結果の電話連絡がきたケース

「結果については、1週間後になります。

」と言われていました。

しかし、検査をしてからたったの2,3日後に、病院から突然電話がかかってきました。

「この前の血液検査ですが、重大な結果が出たので、説明があります。

今日来ることができますか?」
と言われました。

それを聞いたときは、血の気が引いてしまいました。

事態は、31日から始まりました。

いつもと同じように、朝3時45分に、テレビ局からのお迎えの車に乗って、出社しました。

そして、朝の5時25分から番組が始まって、朝8時に終わりました。

するとそこに、クリニックの病院から電話がありました。

「検査の結果が出たため、できるだけ早く病院に来てください。

」と言われました。

夕方には、産婦人科から電話があったのですが、出ることができなかったので、留守電が入っていました。

そして、「先日の血液検査のことでお話があるので、急いで診察に来てください」と留守電に入っていたのです。

心配であれば電話で血液検査結果が確認できる医療機関もある

私の医院は、血液検査の結果を教えてくれました。

電話でも大丈夫だと言われたので、電話をかけて先生に代わってもらいました。

すると先生は、検査結果をチェックしてくれて、大丈夫かどうか教えてくれました。

そして、次の診察に行ったときに、検査結果の紙をもらいました。

娘の1年ぶりのアレルギーの血液検査をしました。

小麦を1年くらい、そして娘の体調が良い時はパンを15g、ということを続けていたので、血液検査の結果を期待していました。

そして、先週に受けた採血の結果を、電話で確認しました。

11時に血液検査結果をチェックするために、電話をしたのですが、ガイダンスに従って進むようになっていました。

とても面倒でした。

個人情報保護等についての議論は置いといて、検査をした時に、「結果は電話の問い合わせでも大丈夫です」と言ってくれる診療所もあります。

私の家の近くの診療所もそうなっています。

血液検査の結果は、希望する人には、電話で結果を伝えているので、利用してみてください。

血液検査結果を手軽に確認できる最新の仕組みも

在宅検査キットとスマートフォンやパソコンを使って、検査結果を自分で確認する方法があります。

医療機関に出向かずに、家で簡単に健康管理ができるという、とても便利なシステムです。

まずは、超微量血液検査システムを開発したリージャーと提携して、「生化学14項目血液検査サービス」が始まります。

ファミリーマートは、調剤薬局やドラッグストアなどと提携して、薬を扱う「一体型コンビニ」を、19年くらいに目指しています。

東京にある外神田の店では、簡単な血液検査は、500円でできます。

血糖値やコレステロール値を調べて、生活習慣病を予防することが目的になります。

お店で調べることができるものは、特定健診の血液検査でチェック可能な「血糖値」「中性脂肪」「肝機能」などの8つの項目になります。

検査をする人が、自分で指に細い針をさします。

そして、血を採取するのです。

ほんの少しの血液で、しかもたったの数分で、チェックすることが可能です。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ