時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

血液検査の結果、電話連絡のやり取りはあるのかないのか

      2017/02/23

血液検査の結果、電話連絡のやり取りはあるのかないのか

健康診断、定期検診、症状の診断等で行われる血液検査。

体調が悪かったり、持病の検査となると心配ですよね。

そんな中で検査結果連絡が病院からくるケースと来ないケースがあるのでまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


血液検査をする目的

血液検査の目的は、主に2つあります。

まず1つ目は、大きな異常がないかどうかをチェックする「スクリーニング」です。

そして、2つ目は、症状の程度や治療の経過をチェックします。

定期健康診断などでは、スクリーニング検査が行われます。

そして、次の項目がチェックできます。

貧血があるかどうか、肝臓や腎臓は正常に働いているか、タンパク質やアルブミンの値、メタボに関する項目、などです。

献血の場合は、肝炎などの感染症のチェックもされます。

生活習慣病やがんなどの血液検査は、症状や疾病により検査範囲が変わります。

血液検査だけでなく、尿検査や心電図検査などにも、目的があります。

では、「スクリーニング」について説明していきます。

スクリーニングは、「ふるい分け」という意味で、患者が何の病気か分からないときに行います。

特に初診の場合、問診ではなんの病気かわからないので、この検査をします。

「マス・スクリーニング」というのもあります。

これは健康診断などで行われます。

自覚症状のない人に検査をして、隠れた病気を見つけます。

それから、病気が進んでいないかを見るために、検査をすることもあります。

血液検査結果の電話連絡は通常来ないという意見

先日、病院で採血をしてもらいました。

採血をしたあとは、「もし採血の検査結果が悪い場合は、次の日にでも連絡があるはず」と思っていました。

しかし、いくら待っていても、何の連絡もきませんでした。

そのため、病院に電話をしてみました。

すると、電話に出た人に、「電話では、採血の検査結果は伝えることができません」と言われたのです。

数値で結果がわかるような検査のときは、項目によっては緊急報告のレベルが設定してあるものがあります。

そして、通常の病院への報告をするよりも前に、患者に連絡がくることもあります。

検査の結果が、次の来院予定日まで待てる場合は、特別な連絡が患者にいくことはありません。

一般的には、電話なんてしないのです。

診察をする医者が、患者の検査結果を患者さんが来院するまでに確認することは、めったにありません。

正直に言って、そんな時間はありません。

また、細胞診の結果は、そんなに緊急であるものではありません。

血液検査結果の電話連絡がきたケース

「結果については、1週間後になります。

」と言われていました。

しかし、検査をしてからたったの2,3日後に、病院から突然電話がかかってきました。

「この前の血液検査ですが、重大な結果が出たので、説明があります。

今日来ることができますか?」
と言われました。

それを聞いたときは、血の気が引いてしまいました。

事態は、31日から始まりました。

いつもと同じように、朝3時45分に、テレビ局からのお迎えの車に乗って、出社しました。

そして、朝の5時25分から番組が始まって、朝8時に終わりました。

するとそこに、クリニックの病院から電話がありました。

「検査の結果が出たため、できるだけ早く病院に来てください。

」と言われました。

夕方には、産婦人科から電話があったのですが、出ることができなかったので、留守電が入っていました。

そして、「先日の血液検査のことでお話があるので、急いで診察に来てください」と留守電に入っていたのです。

心配であれば電話で血液検査結果が確認できる医療機関もある

私の医院は、血液検査の結果を教えてくれました。

電話でも大丈夫だと言われたので、電話をかけて先生に代わってもらいました。

すると先生は、検査結果をチェックしてくれて、大丈夫かどうか教えてくれました。

そして、次の診察に行ったときに、検査結果の紙をもらいました。

娘の1年ぶりのアレルギーの血液検査をしました。

小麦を1年くらい、そして娘の体調が良い時はパンを15g、ということを続けていたので、血液検査の結果を期待していました。

そして、先週に受けた採血の結果を、電話で確認しました。

11時に血液検査結果をチェックするために、電話をしたのですが、ガイダンスに従って進むようになっていました。

とても面倒でした。

個人情報保護等についての議論は置いといて、検査をした時に、「結果は電話の問い合わせでも大丈夫です」と言ってくれる診療所もあります。

私の家の近くの診療所もそうなっています。

血液検査の結果は、希望する人には、電話で結果を伝えているので、利用してみてください。

血液検査結果を手軽に確認できる最新の仕組みも

在宅検査キットとスマートフォンやパソコンを使って、検査結果を自分で確認する方法があります。

医療機関に出向かずに、家で簡単に健康管理ができるという、とても便利なシステムです。

まずは、超微量血液検査システムを開発したリージャーと提携して、「生化学14項目血液検査サービス」が始まります。

ファミリーマートは、調剤薬局やドラッグストアなどと提携して、薬を扱う「一体型コンビニ」を、19年くらいに目指しています。

東京にある外神田の店では、簡単な血液検査は、500円でできます。

血糖値やコレステロール値を調べて、生活習慣病を予防することが目的になります。

お店で調べることができるものは、特定健診の血液検査でチェック可能な「血糖値」「中性脂肪」「肝機能」などの8つの項目になります。

検査をする人が、自分で指に細い針をさします。

そして、血を採取するのです。

ほんの少しの血液で、しかもたったの数分で、チェックすることが可能です。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ