時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

妊娠初期の血液検査結果について正しく知ろう

      2017/02/23

妊娠初期の血液検査結果について正しく知ろう

妊娠初期の血液検査結果ってドキドキと不安でいっぱいですよね。

血液検査の目的から結果、再検査になるケースまでまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


妊娠初期の血液検査の目的

妊娠が発覚して喜んでいるのもつかの間、病院に行く度にたくさん検査を受けなければいけなくて、心配事が増えてきますね。

特に妊娠初期に行われる血液検査には、様々な目的があります。

血液には体内をめぐって、各器官に酸素や栄養を届けたり、老廃物を運び出すという役割があります。

妊娠すると、血液は胎盤を介してお腹にいる赤ちゃんにも、酸素や栄養を届けたり、老廃物を運び出してくれるようになります。

妊娠した後の血液は、お腹にいる赤ちゃんの身体を作る材料とも言えるので、お母さんの身体に問題がないか血液検査で確認するのです。

妊娠中の検査は赤ちゃんとお母さん、両方の健康と安全のために必要なので、必ず受けるようにしましょう。

妊娠初期の検査は、今後妊娠を継続していく上で、大きな問題となりそうな異常がないか調べるために行います。

もし、血液に何か異常があれば早めに対処できるように、妊娠初期の段階からのチェックが必要となっています。

血液検査の結果は診療機関と検査内容、状況によりまちまち

血液検査の結果、何か大きな問題が発覚し緊急を要する場合は、次回の受診日までの間に病院から連絡が来ると思います。

何も異常がなければ、次回の受診日の時に結果報告、というパターンが多いです。

HIVや肝炎などの項目で陽性が出た場合、早期に治療を開始することで胎児への影響が少なくできるとされることから、事前に連絡が来て治療に入ることになります。

検査をしている場所によっても変わってきます。

病院内の検査室で検査をしているのであれば、数時間で結果がわかりますが、外部の検査機関に依頼しているなら少し時間がかかってしまいます。

通常は3日から1週間程度は検査に時間を要するはずです。

私の場合は、妊婦健診は血液検査を受けてから3週間後でしたが、病院から「1週間後に検査結果が出るので、また来てください。」と言われました。

仮に検査結果に異常があれば、次回の健診の時に教えてくれるはずなので、あまり心配しすぎることなく待ってみてください。

妊娠初期の血液検査で調べて結果わかること

妊娠初期に行われる基本的な血液検査で、わかる項目をまとめてみました。

●血液型ABO式、Rh式
●貧血
●梅毒
●B型肝炎
貧血の検査は、妊娠初期から中期、後期にかけて計3回行われます。

血液検査で貧血だと診断されると、食事の改善を指示されたり、場合によっては薬を処方されたりします。

定期的な妊婦健診では、一般的に下記の検査を行います。

●腹囲と子宮底の長さの測定
●胎児の大きさと位置(子宮内にきちんと妊娠しているか)
●胎児の心音の確認
●体重測定
●血圧測定
●尿検査(たんぱく・糖が出ていないか)
●むくみの有無
これらの検査により、胎児はしっかり育っているか、母体は健康かなどを確認してくれます。

何か気になる点があった場合は必要に応じて、下記のような検査がプラスされることもあります。

●胎児超音波検査(胎児の発育・胎盤の位置・羊水量など)
●胎盤機能検査
●心電図
●胸部X線撮影
●肝機能、胃機能検査
●骨盤X線検査
●血糖値、血液凝固検査
●不規則抗体検査
●C型肝炎ウィルス抗体検査
●風疹ウィルス抗体検査
●トキソプラズマ抗体検査
●HIVウィルス抗体検査
●HTLV−1抗体検査
●クラミジア抗体検査

妊娠初期の血液検査結果で再検査になるケースも

妊娠初期の血液検査の結果次第で、再検査になるケースもあります。

ケース1:33歳の初産婦です。

妊娠初期の血液検査で再検査になりました。

風疹抗体が1024もあり、結果はまだ出ていませんが心配です。

実は今年の2月に一度流産をしています。

その時の検査では256だったので、なぜこんなに数値が増えてしまったのか・・・。

中学2年生の時に風疹の予防接種も受けていますし、風疹の症状である発疹や発熱もまったくありませんでした。

それでも風疹にかかってしまっていたということなのでしょうか。

お腹の赤ちゃんにどんな影響が起こるのか、とても不安です。

ケース2:妊娠8週の時に行った血液検査の結果を聞いたところ、トキソプラズマと風疹の抗体値が高いと言われました。

小さい頃風疹にはかかったし、感染経路にも身に覚えはなく、自覚症状もなし。

どうして?とかなり落ち込んでいます。

心配で色々調べてみたところ、先天性の奇形などのリスクがあるようで、妊娠継続は難しいかな?と深く考え込んでいます。

ケース3:妊娠中インフルエンザにかかってしまい、やっと治ったと思ったら、妊婦健診でHIV検査の結果が陽性だったと聞かされました。

インフルエンザの影響なのでしょうか。

まったく身に覚えもないので、医療ミスかなにかかと疑ってしまっています。

出産以外で手術なんて受けたこともないのに、予想外すぎて驚きました。

再検査をした結果、問題がなかったと安心する声も

血液検査で異常が発見されても、再検査では問題がなかったと安心する声も聞かれます。

妊娠中期で妊娠糖尿病の疑いがあった方の話です。

「空腹時に採血をした後、検査用の甘い炭酸飲料を飲み、再び採血。

そして、それから2時間後にまた採血。

1日で3回も採血をしました。

とても心配でしたが、看護師さんから「これまで再検査で引っかかった人はほとんどいないので、心配しないでください。妊娠糖尿病ではないと確定するための再検査です。」と言われ、少し安心しました。

トキソプラズマで再検査を行った方もいます。

「血液検査でトキソプラズマに引っかかって、3回検査しました。
結果的には問題なかったのですが、結果が出るまでの間1日12錠もの薬を飲まなければならず、とても大変でした。
副作用で発疹もたくさん出て、痒さとの戦いでした。」

他にも血小板が少ないという検査結果が出て、再検査を行った方もいます。

その日の体調などで、たまたま検査に引っかかってしまうといったこともあるようです。

心配になることもありますが、再検査をすると問題ない場合も多いようなので、心配しすぎは身体のためにも禁物ですね。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ