時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

OK?好きな人への連絡、みんなは何話してる?

2015.4.14

LINEやメール、その他SNSでも、好きな人に連絡を取る場合、きっかけや話題に困っていませんか?

できれば自分にも相手にも負担をかけなず、なおかつ二人の間が進展するような話題があればいいのですが…

どんな話題ならば、好きな人と自然にいいコミュニケーションが取れるかのヒントをまとめてみました。

好きな人に連絡を取る時の定番ネタ4つ

今何してる?と聞いてみる…20代男性

もっとも多かった、同じような答えが28人から来ました。

実際リスクの少ないメールですよね。

無理して話題を作っても、返信がないと悲しいので、という訳もありましだがほんとですよね。

ですが、自身が以前このメールをしたときは、なにもしてないよ。

と返ってきて、残念な形に終わりました。

このメールの返信内容で相手の想いが大体わかってしまうかもしれません。

話すことないけどメールした!と正直にメールする…20代男性

続いてお買ったのが、18人が答えたのがこちら。

1位と一緒で、無理して話を作らないという姿勢が上位を占めています。

ですが、これはもう、ほぼ告白ですよね。

用もないのにメールするくらいあなたと話したいというようなものですもんね。

このメールをするときは、ある程度決心しなければですね。

その人の趣味に関する話題を探してトピックス的にメール…20代女性

この回答も多かったです。

答えた人の多くは、さりげなさとネタが尽きないことの良さをあげています。

最近はネットで簡単に最新ニュースを見れますからね。

相手の趣味をあらかじめ知っておけば、とても使えます。

相手の趣味を知っているアピールもできますしね。

おすすめのCDやお店を聞く…20代女性

確実なやり方ですね。

飲食店なら、上手くいけば今度一緒に行こうなんてことになるかもしれないですしね。

やはり無難な話題は、「その日の出来事」

初めは無難に、「その日にあった出来事について報告すること」を会話の話題にしてみましょう。

例として、学生だったらテストの話をしてみたり、その日に盛り上がった話題について、働いている人ならばその日に会社でおこったことなどがいいんじゃないでしょうか。

その日にあったことをただ単に報告するだけでももちろん話の話題として使用することが出可能ですが、もっと話の中に相手を絡めていくことができれば、話がもっと盛り上がるでしょう。

基本的な日頃の話題で話が出来るようになってきたら、次はどうしたらいいでしょうか。

応用編として、相手にも質問をしてみる、同意を求めるなど、相手が話に入りやすくしてあげ、もっと続くようにアレンジしましょう。

例として、テストの話をするのなら、「私は今回はあんまりうまくいかなかったけど、あなたはどうだった?」など、相手にとっても関りのある話ならば返答しやすいです。

また、こういった話ならそのあとのやり取りにもつながりやすくなるでしょう。

最初はやり取りを続けられるようにすることが大事ですよ。

好きな人にただ自分をアピールする話題はNG!

みなさん相手の女の人に自身のことをアピールしたいですよね。

だからと言って自身のことばかり書いてしまう男の人がたまにいますが、あなたはそのようなメールを好きな人に送ったりはしていませんか?

それはNGなメールです。

「仕事でくたくた。」「今日はゴルフに行ってきた。」などと、あなたの話ばかりを一方的にメールで送りつけてはいけません。

そんなメールは、女の人からしてみれば、すぐに消すメールの対象になってしまうのです。

あなたは芸能人のブログかなにかのつもりですか?と。

あなたの情報を伝えることはいいのですが、終わりにちゃんと、「〇〇ちゃんの会社は仕事が遅くなることはよくあるの?」「〇〇ちゃんはゴルフをやる?もしくは何か好きなスポーツってあるかな?」というように、?マークを書くことが理想的でしょう。

?マークがあれば、メールの返信率が上がるでしょう。

また、「あなたに関心があります。」ということをさりげなく伝えることもできるんです。

好きな人のSNSに貼られた写真にヒントあり

フェイスブックやラインなど実名のSNSに登録している人のほとんどは、プロフィールに写真を載せています。

あなたも経験があるかもしれませんが、この写真を選択するのはすごく迷います。

自身のアイコンとして使うので、適当には選択できません。

それが本人の写真なら、それは1番可愛く映っているか、旅行に行ったときなどの好きな写真でしょう。

ペットや趣味の道具を載せる人も良くいますが、それは自慢したくてしょうがない写真です。

他にもいろんな写真を見かけますが、共通点は、誰かに見てもらいたいという気持ちです。

「ほら見て、凄いでしょう、うらやましいでしょ、褒めて、笑って、驚いて、感動して」
アイコンにはこんな思いがあるんです。

だから相手のアイコンを話題にすると、「ふふふ?やっぱり気になる?これはね…」と相手の自慢話が始まります。

こないだ自身もラインのアドレス欄を見ていて、昔知り合った女性がいることに気づきました。

ですが今更彼女に連絡するには理由がないです。

そこで、プルフィールの海外旅行の写真を見て、「久しぶり。ライン始めたんだね。これ台湾?俺も去年行ったよ。暑かったでしょう」するとすぐ返事がきて、しばらく台湾話で盛り上がり、久しぶりに飲もうとなることが出来ました。

好きな女性のラインやフェイスブックの写真を見て、連絡してみましょう。

好きな人のことを褒める場合は”中身”を褒めよう

これは、相手の全てを褒めようということではないので気を付けましょう。

ただ単に何でもかんでも褒められては、相手だって信じられませんよね。

なので、相手の性格のいいところを褒めてあげるといいでしょう。

〇〇さんはかっこいいですね。

などといったようなことではありません。

突然見た目のことを言われたら、相手から自身のことを狙っているんだということがバレバレになってしまいます。

下心が見えてしまっているとあまりいい気持にはならないですよね。

なので、例えば、〇〇ちゃんは気が利くよね。

とか、〇〇さんと話していると落ち着きます。

などといったように褒めるといいでしょう。

こうした褒め言葉は、相手の中身を褒めるものです。

自身の中身を褒められたら、やっぱり嬉しいですよね。

自身の見た目を褒められるよりも、中身を褒められるほうが下心は見えないでしょう。

下心満載では、アプローチする前に相手が逃げてしまいますよ。

 - 恋愛