時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

   

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去に前科があれば受験資格がないと思って諦めてしまう人もいるかもしれません。

弁護士を目指していれば猛勉強をしているはずですが、昔の前科によって未来が閉ざされてしまうのは気の毒に感じます。

そこで司法試験を受ける場合、前科がある人の受験資格について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク



前科があっても司法試験の受験資格は得られる

司法試験の受験資格については、前科の種類によっては受験をすることができます。

若い頃はまだ未熟なので悪いことをしてしまうこともありますが、数年後に心を入れ替えて弁護士になりたいと決意することもあります。

弁護士の人がすべて小さい頃から悪いことをしたことがない人ばかりではなく、迷惑を掛けたらしっかりと反省することによって、自分を形成することができます。

そのため過去に前科があったとしても、前科の種類によっては司法試験の受験資格をはく奪されることはありません。

前科があっても大丈夫だと言うのは軽い犯罪を犯した人だけなので、当然重い犯罪を犯した人に関しては、罪を償ったとしても司法試験の受験資格はありません。

司法試験を受験する人は法によって人の人生を左右する立場になるので、法を犯すような人はなれないと言うことです。

司法試験で禁固以上の前科があると受験資格はなくなる

前科によっては司法試験の受験資格がありますが、禁固以上の前科になると受験資格はなくなります。

犯罪の刑罰としては重い順に死刑、懲役、禁固、罰金、拘留、科料となります。

禁固以上の刑となると死刑、懲役、禁固となりますが、死刑は別として懲役と禁固は罪を償えば社会復帰をすることができます。

司法試験を受けて弁護士になりたいと思っている人が、懲役や禁固刑を受けていれば、受験資格を失ってしまうので注意しましょう。

時には喧嘩をして拘留されたり、罰金刑になってしまうこともあるかもしれませんが、これらの前科は司法試験の受験資格を失うことはないので大丈夫です。

禁固刑は交通事故や過失などの犯罪を犯した人がなり、窃盗や傷害などは懲役刑になることが多いです。

そのため犯罪を犯していなくても、車を運転する人がいつ加害者となるか分からないので、弁護士を目指す人は注意しましょう。

しかし司法試験で禁固以上の前科持ちは10年経てば受験資格が得られる

司法試験の受験資格に関しては、禁固以上の前科があると受験することができないとされています。

もし弁護士になるために司法試験を受けるため頑張っていたのに、交通事故の加害者となって禁固刑になってしまえば、今までの苦労は無駄になってしまいます。

それだけの重大な過失を犯しているので仕方がないと言えますが、弁護士を目指す人にとってはかなりショックと言えます。

弁護士法によって禁固以上の刑に処された者が資格を失ってしまうとありますが、同時に10年すると効力を失うとされています。

つまり禁固以上の刑を受けた人であっても、10年以上経てば司法試験を受けることができるのです。

しかし弁護士の資質として実刑を受けた人が資格があるかは疑問なので、弁護士に慣れるとは限りません。

勉強ができるだけでは弁護士になれないので、資質があるかを弁護士会が認めるかは疑問です。

前科の種類によって受験資格を得ることができる

弁護士になるために司法試験に向けて勉強していても、前科があることで受験資格がなくなってしまうのは厳しい処分と言えます。

もちろん弁護士になるためには頭が良いだけではなく、資質がなければ弁護士になることはできないので、法を順守する人が相応しいと言えます。

そのため前科がある人に関しては、資質の問題によって弁護士への資格取得が相応しいかが問われます。

弁護士法によって禁固以上の刑に処された者に関しては、司法試験の受験資格はなくなりますし、仮に10年経っても弁護士会の了承が得られるかは分かりません。

普通に生活をしていれば禁固以上の刑に処されることはほぼないので、普段から法を順守して生活することが大切です。

前科によっては司法試験の受験資格があるので、一度刑を受けたことを反省して、法を順守する側を目指しましょう。

司法試験を受けるなら犯罪に関わらない生活をすることも必要

普段生活をしていれば犯罪とは無縁の生活を送ることができますが、時には犯罪に巻き込まれてしまったり、自分が加害者となってしまうこともあります。

司法試験を受験して弁護士になるためには、法によって人を守ることができるので、法を順守することが大切です。

そのため司法試験の受験資格は、前科者の一部については受験資格が与えられませんが、罰金以下の前科であれば受験資格を取得することができます。

弁護士を目指す人にとって自分が犯罪を犯した人を守らなければいけないので、自分が前科があっては資質を問われてしまうでしょう。

そのため弁護士を目指すのであれば、普段から犯罪に関わらないようにすることも必要なことです。

誰もが犯罪を犯したり巻き込まれたくないと思いますが、犯罪の臭いがする場所には近づかないことも資質と言えます。

司法試験を受けて弁護士を目指すのであれば、万が一を考えて犯罪に関わらない生活を送るように気をつけましょう。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ