時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

   

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去に前科があれば受験資格がないと思って諦めてしまう人もいるかもしれません。

弁護士を目指していれば猛勉強をしているはずですが、昔の前科によって未来が閉ざされてしまうのは気の毒に感じます。

そこで司法試験を受ける場合、前科がある人の受験資格について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク



前科があっても司法試験の受験資格は得られる

司法試験の受験資格については、前科の種類によっては受験をすることができます。

若い頃はまだ未熟なので悪いことをしてしまうこともありますが、数年後に心を入れ替えて弁護士になりたいと決意することもあります。

弁護士の人がすべて小さい頃から悪いことをしたことがない人ばかりではなく、迷惑を掛けたらしっかりと反省することによって、自分を形成することができます。

そのため過去に前科があったとしても、前科の種類によっては司法試験の受験資格をはく奪されることはありません。

前科があっても大丈夫だと言うのは軽い犯罪を犯した人だけなので、当然重い犯罪を犯した人に関しては、罪を償ったとしても司法試験の受験資格はありません。

司法試験を受験する人は法によって人の人生を左右する立場になるので、法を犯すような人はなれないと言うことです。

司法試験で禁固以上の前科があると受験資格はなくなる

前科によっては司法試験の受験資格がありますが、禁固以上の前科になると受験資格はなくなります。

犯罪の刑罰としては重い順に死刑、懲役、禁固、罰金、拘留、科料となります。

禁固以上の刑となると死刑、懲役、禁固となりますが、死刑は別として懲役と禁固は罪を償えば社会復帰をすることができます。

司法試験を受けて弁護士になりたいと思っている人が、懲役や禁固刑を受けていれば、受験資格を失ってしまうので注意しましょう。

時には喧嘩をして拘留されたり、罰金刑になってしまうこともあるかもしれませんが、これらの前科は司法試験の受験資格を失うことはないので大丈夫です。

禁固刑は交通事故や過失などの犯罪を犯した人がなり、窃盗や傷害などは懲役刑になることが多いです。

そのため犯罪を犯していなくても、車を運転する人がいつ加害者となるか分からないので、弁護士を目指す人は注意しましょう。

しかし司法試験で禁固以上の前科持ちは10年経てば受験資格が得られる

司法試験の受験資格に関しては、禁固以上の前科があると受験することができないとされています。

もし弁護士になるために司法試験を受けるため頑張っていたのに、交通事故の加害者となって禁固刑になってしまえば、今までの苦労は無駄になってしまいます。

それだけの重大な過失を犯しているので仕方がないと言えますが、弁護士を目指す人にとってはかなりショックと言えます。

弁護士法によって禁固以上の刑に処された者が資格を失ってしまうとありますが、同時に10年すると効力を失うとされています。

つまり禁固以上の刑を受けた人であっても、10年以上経てば司法試験を受けることができるのです。

しかし弁護士の資質として実刑を受けた人が資格があるかは疑問なので、弁護士に慣れるとは限りません。

勉強ができるだけでは弁護士になれないので、資質があるかを弁護士会が認めるかは疑問です。

前科の種類によって受験資格を得ることができる

弁護士になるために司法試験に向けて勉強していても、前科があることで受験資格がなくなってしまうのは厳しい処分と言えます。

もちろん弁護士になるためには頭が良いだけではなく、資質がなければ弁護士になることはできないので、法を順守する人が相応しいと言えます。

そのため前科がある人に関しては、資質の問題によって弁護士への資格取得が相応しいかが問われます。

弁護士法によって禁固以上の刑に処された者に関しては、司法試験の受験資格はなくなりますし、仮に10年経っても弁護士会の了承が得られるかは分かりません。

普通に生活をしていれば禁固以上の刑に処されることはほぼないので、普段から法を順守して生活することが大切です。

前科によっては司法試験の受験資格があるので、一度刑を受けたことを反省して、法を順守する側を目指しましょう。

司法試験を受けるなら犯罪に関わらない生活をすることも必要

普段生活をしていれば犯罪とは無縁の生活を送ることができますが、時には犯罪に巻き込まれてしまったり、自分が加害者となってしまうこともあります。

司法試験を受験して弁護士になるためには、法によって人を守ることができるので、法を順守することが大切です。

そのため司法試験の受験資格は、前科者の一部については受験資格が与えられませんが、罰金以下の前科であれば受験資格を取得することができます。

弁護士を目指す人にとって自分が犯罪を犯した人を守らなければいけないので、自分が前科があっては資質を問われてしまうでしょう。

そのため弁護士を目指すのであれば、普段から犯罪に関わらないようにすることも必要なことです。

誰もが犯罪を犯したり巻き込まれたくないと思いますが、犯罪の臭いがする場所には近づかないことも資質と言えます。

司法試験を受けて弁護士を目指すのであれば、万が一を考えて犯罪に関わらない生活を送るように気をつけましょう。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ