時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

独身と既婚者ではこれだけ違う!税金に対しての知識と対策

   

独身と既婚者ではこれだけ違う!税金に対しての知識と対策

独身と既婚者では支払う税金に違いがありますが、各項目をしっかりとチェックしていけば税金を払う金額にも納得することができます。

独身の方が単純に税金額が多くなり、既婚者は控除などがたくさんあるので安くなるというイメージを持っている人も多いでしょう。

そこで独身と既婚者の税金の違いについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク



独身と既婚者の税金の違いは扶養家族がいるかで決まる

独身と既婚者の税金の違いに関しては、扶養控除による税金の控除が大きな違いとなっています。

扶養控除とは自分が養っていく人がいる場合に、生活するのが大変だから税金を少なくていいと割り引いてくれる制度です。

この扶養控除があるからこそ、独身の人よりも既婚者の方が支払う税金が多いと言われているのです。

確かに独身の人は控除額が少ないですが、独身だからこそ自分で掛かる税金を抑えることもできます。

独身でも控除される項目はたくさんあるので、自分にお得な控除を受けられるようにすることもできます。

例えば個人で入る保険ならば、一定額までは税金額を抑えることができるのも控除のひとつとなります。

扶養家族がいるほど控除額も大きくなるので、それだけ税金を払う金額が少なくなるので、独身と既婚者では税金額の支払いには差が出てくるのです。

既婚者よりも独身の方が多く税金を払っているとは言い切れない

独身者の方が既婚者よりも多く税金を払っていることになりますが、一概には多く払っているとは言い切れません。

税金は所得によって支払額が決まるので、所得が多ければそれだけ多くの税金を支払うことになります。

まったく同じ給料や所得ならば、既婚者の方が扶養家族がいる分税金は安くなります。

しかし既婚者でも共働きをしている夫婦にとっては、扶養に入ることはないので普通に税金を納めることになります。

既婚者が必ずしも扶養家族がいるとは限らないので、扶養がいなければそれだけ独身者と同じ額の税金を払うことになります。

細かく言えば一緒に住む人が多くなるほど消費税を払う金額が多くなるので、独身者よりも既婚者の方が税金を多く払うこともあります。

一般的に独身者の方が多く税金を払うというのは、扶養家族がいることを前提としているので、共働き夫婦にとっては独身者と同じ税金となります。

独身と既婚者では税金の項目によって金額が変わる

税金に関してはいろいろな種類があるので、それぞれの項目に合った税金を適切に支払う義務があります。

独身と既婚者では税金の項目が変わってくるものもあれば、同じ金額の税金もあります。

会社勤めをしていると給料明細で天引きをされますが、所得税、住民税、厚生年金保険料、健康保険、雇用保険など、各税金によって天引きされています。

社会保険となる年金や保険料は、所得によって金額が決まっているのでほとんど変わることもありません。

厳密に言えば扶養家族がいれば保険料も若干変わりますが、所得によって支払う金額が多くなっていく仕組みは同じです。

独身と既婚者で金額が大きく変わるのは、所得税と住民税で扶養家族が増えることによって金額も変わります。

年金は支払う金額は独身と既婚者では変わりませんし、厚生年金だと扶養家族がいればその分も払ってくれるので、既婚者の方がお得となります。

各税金の種類によって金額が変わるので、税金の中身を知っておくことは大切です。

会社勤めは税金に対する意識が薄れるのでチェックする所を知る

会社勤めの人の多くは給料明細をもらった時に、手取り金額だけを気にする人が多いでしょう。

しかし各項目にはしっかりと税金を支払うために天引きされた項目があるので、毎回チェックすることが大切です。

独身と既婚者の税金の違いに対しては、住民税や所得税などが扶養の有り無しのよって変わりやすいですが、あまり気にすることはないでしょう。

税金は1年を通じて同じ金額を払っているので、毎回チェックすることもなくなっていきます。

税金に対する意識が薄れてしまうと、せっかく税金を安くできることがあってもやらないでそのままにしてしまうこともあります。

会社勤めになると税金に対する意識が薄れてしまうので、既婚者は特に税金が安くなってもあまり気にしなくなります。

税金を安くするための方法がいろいろとできることもあるので、独身や既婚者に限らず税金の知識を知ることが大切です。

税金はできるだけ賢く払って節約することが大切

税金は独身と既婚者で違う金額と同じ金額などいろいろありますが、しっかりと税金対策を立てて節約することも大切です。

会社勤めをしていると必ず税金を天引きされてから、残りの手取り額をもらう形になります。

税金で引かれる分を少しでも減らすことができれば、年間を通じてかなりの金額が節約できます。

既婚者はできるだけ扶養に入れることで税金を抑えることができますが、妻がしっかりと働けるなら扶養よりも働いた方がお得になることもあります。

税金は個人の所得によって変わりますし、扶養によっても独身者との税金の差が出てきます。

税金を支払うことを抑えることはできませんが、できるだけ控除を受けることによって、税金額を抑えることができます。

控除を受けるにはそれなりに知識が必要なので、会社の明細の手取り額だけを見て捨てるのではなく、少しでも安くするために税金のことや控除について勉強しましょう。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ