時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

受動喫煙の影響は?喫煙でどれくらいの人に迷惑をかけるのか

2017.9.12

受動喫煙による影響を心配する人は多いですが、喫煙している人にはあまり理解してもらうことができないかもしれません。

喫煙者はだんだんと減ってきていますが、だからこそ喫煙者の存在が目立ちますし、受動喫煙に対して配慮する必要があります。

そこで受動喫煙がどれくらい他人に影響を与えるのかについて紹介したいと思います。


妊婦への受動喫煙がどれくらいかは1時間でも大きな影響を与える

受動喫煙の影響を考えるなら、最も影響があると嫌がる妊婦に対して考えてみると分かりやすいです。

妊婦が受動喫煙の影響がどれくらいかは、1週間で1時間の受動喫煙によって影響を受けると言われています。

これはあくまでも目安ですが、胎児にはかなりの影響があると言えます。

受動喫煙を嫌がる理由はまず臭いにありますが、タバコを吸っている人には他人のタバコの臭いはあまりに気ならないかもしれません。

また煙が自分の方で近づいてい来ると、視覚的にも不快に感じるのでストレスとなります。

実際の受動喫煙によって体には悪影響を与えますし、タバコを吸っていない人の方が受動喫煙による影響を受けやすくなります。

抵抗力の弱い妊婦の影響も大きいですし、胎児に悪い影響があると分かっているので、タバコを吸う人には近づかない意識を持つことも必要です。

受動喫煙がどれくらいの影響を与えるのかは家族の喫煙者次第

家族に喫煙者がいると受動喫煙の影響は計り知れないものがあるので、どれくらい影響があるかは未知数となります。

受動喫煙は直接タバコを吸っている人の煙を吸うだけでなく、洋服に付着したタバコの臭いなどによっても影響があります。

また壁や物にもタバコのヤニなどが付着するので、間接的に受動喫煙の影響を受けることになります。

家族に喫煙者がいると知らぬ間に受動喫煙の影響を受けている可能性が高くなるので、体調が悪くなった時にはタバコの影響を考えることも必要です。

家族の中で喫煙者がいると直接的にタバコの煙を吸ってしまう機会もありますし、臭いなどでストレスを受けることもあるでしょう。

しかも喫煙者がいることに慣れてくることによって、自分が受動喫煙の影響を受けていることが当たり前のように感じてしまいます。

受動喫煙の影響は家族の喫煙者次第で影響を受けやすいので、家ではしっかりとルールを決めて吸ってもらうことが大切です。

受動喫煙による他人への影響がどれくらいかを知ればやめたくなる

自分が喫煙者だと受動喫煙の影響を知ることはあまりないですし、自分も受動喫煙の影響を受けていることに鈍感になってしまいます。

タバコはストレス発散のために吸う人も多いですが、体には悪影響を与えます。

自分の意思でタバコを吸うのであれば、体への悪影響を知って吸っているので自業自得と言えます。

しかし受動喫煙の影響が他人にどれくらい影響を与えるかを知ることで、タバコを吸う時は人まではやめようと意識するようになるはずです。

特にタバコを吸わない人にとって、受動喫煙による悪影響が肺がんリスクを高めることも分かっています。

タバコを一切吸わない人が受動喫煙の影響によって、肺が真っ黒になったり肺がんのリスクが高まってしまうこともあります。

自分の大切な家族や仲間の前では、なるべくタバコを吸わないように気をつけましょう。

自分だけでなく周りに迷惑をかける受動喫煙は配慮が必要

受動喫煙は周りの人に悪影響を与えることが浸透してきているので、タバコを吸う時も周りの人に煙が行かないように配慮する人も増えてきています。

実際にどれくらい影響があるかは未知数ですが、タバコを吸っていない人が受動喫煙によって肺がんになったり、肺の中が真っ黒になることもあります。

自分の身の回りにタバコをする人がいれば、受動喫煙の影響はかなり大きなものとなるのは確実です。

妊婦では1週間で1時間以上の受動喫煙は、胎児に影響を与えるれレベルだと言われています。

毎日ほんの数分程度の受動喫煙でも蓄積されていくので、健康被害を及ぼす恐れもあるので注意が必要です。

そのため喫煙者は自分の健康はもちろんですが、周りの人への影響を考える必要があります。

喫煙ルームでタバコをすることだけでなく、周りに人がいないことを確認してから吸うなどの配慮が必要不可欠となります。

どのくらい影響を与えるか気になるなら受動喫煙を知ることが大事

受動喫煙の影響がどれくらいあるかを知るには、しっかりと調べておく必要があります。

受動喫煙は短時間であっても蓄積されることによって、体への悪影響が大きくなってきます。

特に家族に喫煙者がいると受動喫煙の影響も大きくなるので、意識的に煙を避けることが大切です。

しかし重要なのは煙を吸わなければいいという訳ではなく、確実に受動喫煙の影響を受けてしまうことにあります。

例え換気扇の下でタバコを吸っていても、タバコの煙の中の物質は洋服や壁などにもしっかりついてしまいます。

喫煙していない人にとっては知らぬ間に受動喫煙の影響を受けていることになるので、家族内に喫煙者がいれば毎日受動喫煙の影響を受けていることになります。

煙が見えない所でも受動喫煙の影響を受けてしまうので、タバコを吸う場所は特定の場所にして、定期的に掃除をすることで受動喫煙の影響を最小限に抑えることができます。

できればタバコをやめて欲しいと願うばかりですが、受動喫煙の影響があることを意識して、他人に迷惑をかけないようにしましょう。

 - 健康