時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

2017.11.10

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに苦労する病気で、家族の支えがなければ難しいとされています。

しかし逆にアルコール依存症は家族が見捨てることによって、本人が自覚を持って立ち直ることができる可能性もあるようです。

そこでアルコール依存症を改善するために家族が見捨てるメリットについて紹介します。


アルコール依存症は家族が見捨てることで改善することもある

アルコール依存症の改善のためには、家族の助けが必要とされています。

家族の助けとはアルコールを飲まないように監視することや、飲まないように生活習慣を改善するための手助けをすることです。

いくら家族が頑張っても本人がアルコール依存症から抜け出したいと思わなければ、隠れてお酒を飲んでしまうでしょう。

家族が頑張っても本人が抜け出したいと思わなければ、いたちごっこになってしまいます。

最終的には家族が諦めてしまうことも多いですが、ようやく追い詰められた本人が状況を理解し、抜け出そうと決意するようになります。

アルコール依存症の改善には家族の助けが必要ですが、見捨てる勇気を持つことも必要です。

家族にずっと助けられていてはいつまで経っても抜け出せないので、本人が自覚する環境を作ることも大切なので、本人を追い込んで自覚させましょう。

アルコール依存症の家族を見捨てることができないと続けてしまう

アルコール依存症は家族が見捨てることによって、本人が抜け出したいと思うようになります。

最終的には本人の覚悟がなければ抜け出すことはできないので、追い込むことで本気になってお酒を断とうと努力します。

家族が最後は助けれ暮れると思っていると、どうしても甘えが出てしまうので、隠れてお酒を飲んでしまうこともあるでしょう。

自分を最後まで見捨ててくれない家族がいるからこそ、最期まで覚悟を決めて頑張ることができないのです。

そんな家族に見捨てられたとなれば、本当に自分がダメな人間だと自覚し、お酒がすべて悪いと思うようになって断ち切る勇気を持つことができます。

アルコール依存症は家族の助けが必要ですが、過保護な助けは必要なく、むしろ本人にとって悪影響となってしまいます。

本人から抜け出したいと自覚するようにさせるため、見捨てることも必要です。

家族が見捨てることでアルコール依存症と真剣に向き合える

アルコール依存症は家族が見捨てることによって、自分のダメさ加減を認識することができるので、追い込まれることによって覚悟を決めることができます。

お酒を一度飲んでしまうと止まらなくなり、とことん飲んでしまいますが、気が付いた時には激しく後悔してしまいます。

何度もお酒を断とうと努力しますが、結局はお酒の魔力に勝てずに飲んでしまうのが怖いところでもあるので、自分だけでなく家族の助けも必要でしょう。

本人がお酒を飲んで後悔しているのであれば、もう少しで本気で向き合う努力をするはずです。

最終的に家族が守ってくれるという甘えがあるからこそ、お酒に手を出してしまうので、心を鬼にして本人のために見捨てる勇気を持ちましょう。

本人は苦しくて辛いかもしれませんが、家族見捨てられる方が辛いと分かっているので、真剣になって向き合うことができるはずです。

相手は大人なので自分自身で向き合う必要がある

アルコール依存症は本人が自分でお酒を断ち切るという覚悟がなければ、いつまで経っても向け出すことはできません。

ほんの一杯のお酒がすべてを狂わしてしまうので、一切お酒を飲まないという覚悟を持たなければ、アルコール依存症からは抜け出せません。

本人は自分でやめなければいけないと分かっているのに、結局誘惑に負けて飲んでしまうことを繰り返してしまいます。

大人として家族の助けがなければ何もできないのであれば、これから先も同じ子をの繰り返しでしょう。

家族に見捨てられることの辛さを知ることによって、本気でアルコール依存症から抜け出せなければ、一人になってしまう恐怖と向き合わなければなりません。

自分がお酒と向き合って断ち切る勇気を持てるかどうか、大人として自分で決断しなければならないので、最後は本人を信じるしかありません。

家族の支えが逆に甘えになってしまうこともあるので注意する

自分がアルコール依存症になったことで家族から見捨てられたら、本気でお酒を断ち切ろうとするはずです。

家族が見捨てることは相当なことだと自覚しているので、自分がその立場にいることの重大さを知ることができるからです。

家族が支えてくれることでアルコール依存症から抜け出すことが難しいからこそ、多少甘えても許してもらえると思ってしまいます。

自分はお酒を飲んでしまえば記憶も定かではないので、何をしているか把握していないでしょう。

しかし家族は相当な迷惑を掛けているので、本人だけが自覚をしていないだけです。

お酒で記憶が曖昧でも自分がアルコール依存症だと分れば、どれだけ家族に迷惑を掛けてきたかも判断できるはずです。

大人としてじっかりと自分で向き合うことによって、家族から見捨てられる前に断ち切らなければいけないと思えるので、家族が見捨てることで本気になって断ち切る勇気が持てます。

 - 健康