時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

2017.11.10

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強いから危険であると聞いたことはありませんか。

炊飯器はマイコンとIHがメジャーと言えますが、電磁波に違いはあるのでしょうか。

また、電磁波はどのように私たちの身体に影響を与えるのでしょうか。ここではIH炊飯器の電磁波について、また電磁波が身体に与える影響についてまとめてみました。

IHの炊飯器の電磁波は危険?!どんな危険があるの?

まず、電磁波とはどのようなものなのでしょうか。

電磁波とは電気と磁気の波のことを指します。炊飯器や電子レンジ、ラジオなどから出るものですが、自然の中にも電磁波は存在しています。

しかし電磁波は身体に影響があるというのを聞いたことはありませんか?海外の研究機関では、電磁波が身体に影響があることを指摘しています。

不眠症や目眩、吐き気など「電磁波障害」と呼ばれる症状などが起こることがあります。

高い電磁波を浴び続けると、神経や筋肉の動きが妨げられたり、心臓の働きに影響があると言えます。

しかし、そこまでの高い電磁波は普段の生活では浴びることはありませんので、健康に影響を及ぼすことはないと言えるでしょう。

また、がんが発症したり、遺伝子が損傷するなどの意見もでているようですが、このことに関しては、これまでの研究では証拠が示されていません。

IHの炊飯器から出る電磁波は強い?対処法は?

炊飯器はIHとマイコンの2種類が主なものとなっていますが、電磁波はどれほど出ているのでしょうか。

炊飯器以外の家電からも電磁波は出ていますが、それらの家電は国が定めた電磁波の基準値を超えないように作られています。

ですから、家電から出る電磁波が強くても健康被害はほとんどないと言えます。

それを踏まえた上で、マイコンとIHの炊飯器を比べると、IHの炊飯器の方がマイコン炊飯器の3倍ほどの電磁波を発生させることが分かっています。

また、炊飯器は家電の中で電磁波は強い方であると言えます。炊飯器を使用している際に近づかないようにする、などの対処をすると良いかもしれません。

30センチ以上離れると影響はほとんど無いと言われています。できるならば、使用中の炊飯器から30センチは離れるようにするといいかもしれませんね。

炊飯器を選ぶポイントは?IHだと電磁波の問題がある?

先程も述べたとおり、マイコン炊飯器とIH炊飯器を比べると、IH炊飯器の方が電磁波を強く発生することが分かっています。

電磁波を多く発生するぶん、IHの炊飯器は早くお米を炊き上げることができます。そこから比べてしまうと、マイコン炊飯器は炊きあがりまでには時間がかかってしまいます。

炊き上がりが早いということは、最大の消費電力も上がってしまいますので、アンペア容量が少ない家にお住まいの場合は、気をつけた方が良いかもしれません。

しかし、マイコン炊飯器でも5合炊き以上のものだと同じくらいの消費電力となります。

炊飯器自体の安さでいうとマイコンの方が安価なものが多いと言えます。電磁波が気になるという方はマイコンを選ぶのが良いでしょう。

ただしIH炊飯器にも、炊き上がる時間が早いことや、お手入れが簡単なことがメリットとして挙げられますので、最後は直感になるかもしれませんね。

電磁波とうまく付き合っていく方法

自然界や色々な家電から出ている電磁波ですから、気にしすぎるとストレスが溜まってしまったりなど、生活することがとても難しくなるかもしれません。

しかし、妊婦さんや小さなお子様をお持ちの方、ペースメーカーを装着している方などは、電磁波の影響がとても気になることでしょう。

健康に被害を与えない程度に電磁波とうまく付き合っていくには、どのようにすれば良いのでしょうか。

まず、使用中の家電からはできる限り距離を置くのが懸命かもしれません。テレビをなるべく離れたところから見る、携帯やパソコンを長時間利用しないなどができるかもしれません。

また、炊飯器や電子レンジなどの家電からは20〜50センチほどの距離をとるようにするということも良いでしょう。

また、使用しない時にはコンセントを抜いておくのも、電磁波を発生させないために行うことが出来る一つの方法です。

便利さの裏側には危険がつきもの?!

現代社会の中で、電磁波を発生させるものは日常に溢れています。電磁波があるおかげで、便利になったことも多くあるでしょう。

しかし、便利になった一方で電磁波を浴びすぎてしまうという危険性も重視しなくてはいけません。

電磁波を全てシャットダウンすることはできませんが、使わないコンセントは抜いておくことや、使用中の家電からはできる限り距離をとることで、電磁波を浴びる時間を少なくするようにしましょう。

パソコンや携帯電話を使いすぎるのも気をつけなくてはいけません。

電磁波が強く発生するIHの炊飯器は危ない!と頭ごなしに考えるのではなく、IH炊飯器ともうまく付き合っていけば、電磁波がそこまで健康に影響を与えることはありません。

これから生きていく上で、電磁波を避けることはできませんので、うまく付き合っていけるように努力しましょう。

 - 雑学