時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

2017.9.29

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする時に、各種手続きは期間が決まっているので、早めに加入手続きをしなければなりません。

税金への支払いに大きく関わるので、忘れていたというのは後でかなりのリスクとなってしまうので、しっかりと対応しなければなりません。

そこで社会保険の各種加入手続きの期間について紹介します。


社会保険の加入手続きの期間は各種決まっている

会社に入社したことによって社会保険に加入させなければいけませんが、各種手続きはそれぞれ期間が決まっているので早めに対応することが必要です。

もし期間が決まっていないで後回しにしてしまうと、入社して2ヶ月で辞めたとしても社会保険には加入した記録が必要となります。

しかし手続きを早くしていないと社会保険に加入した記録が残らないため、非常にまずいことになります。

社会保険の恩恵を受けていないのに、社会保険料を支払っていれば後でトラブルになることは必至です。

またそのままずっと未加入のまま働き続けたことによって、年金や保険などの支払いにも影響してきます。

そのため期間を決めて早めに手続きすることを促しますが、もし期間が過ぎてもミスであれば訂正することはできます。

社会保険料を支払っているのに未加入にならないように、しっかりと手続きをする必要があります。

社会保険の加入手続きのうち雇用保険の期間は翌月の10日まで

社会保険のうち雇用保険に関しての加入手続きは、翌月の10日までの期間となっています。

比較的期間があるので余裕を持って手続きをすることができますが、逆に余裕を持ちすぎて忘れてしまうこともあるので注意が必要です。

手続きを忘れてしまった時はすぐに手続きをすることが必要ですが、その時には全期間の賃金台帳やタイムカード、さらには期限を過ぎた理由が必要となります。

余裕を持って手続きをすることができますが、早めに手続きをした方が無難と言えます。

雇用保険はもしも離職をして失業をしてしまった時に、失業給付の額に影響を与えます。

雇用期間によって失業給付の額も変わってくるので、辞めてから困ることのないように確認しておくことが大切です。

もし忘れたとしても雇用保険を払っていることが分かれば訂正することができるので、手続きは早めに行うようにしましょう。

新たな人材の社会保険の加入手続きの期間は5日以内

会社に新たな人材が加入した時に社会保険の加入手続きの期間は、5日以内と決まっています。

会社として新たな新人が入社した時に、いつまで続くか分からないので、すぐに社会保険の加入手続きをしない会社も多いです。

実際に5日以内に社会保険の加入手続きをしろと言っても、3日で会社を辞める人もいれば、1週間で辞める人もいます。

原則に従えば加入手続きをした翌日に会社を辞めてしまうことも考えられるので、ある程度長く働いくれないと信用することはできないでしょう。

加入手続きのために面倒な作業が多くなりますし、退職すれば社会保険の失効手続きもしなければなりません。

そのため長く働くと信用できなければ、社会保険の手続きをしない会社もあるようです。

原則として5日以内ですが、少しくらいあれば手続きをすることはできます。

面倒でも手続きは期限内に早めに行うようにしましょう。

加入手続きと同じく失効手続きも必要

社会保険の加入手続きをの期間は5日以内ですが、退職した時は資格喪失も5日以内に行うことになります。

退職する時には各種手続きをするために、厚生年金手帳と健康保険証を返却してもらわなければなりません。

そして退職日から5日以内に社会保険の喪失手続きをしなければ、いつまでも社会保険料を会社が負担することになります。

社会保険の中の年金は会社と本人が折半して支払っているので、退職したのにも関わらずいない人の社会保険を払うことになるので注意が必要です。

また健康保険証しっかり返却してもらわなければ、本人が謝って使ってしまうこともあります。

返却してもらう時に離職票などを渡すことになりますが、退職者が後で困ることになるので、しっかりと手続きに関しては伝えなければなりません。

社会保険は加入手続きと同様に喪失手続きも大切なので、忘れることなく対応しましょう。

各種手続きはいろいろあるので毎回確認することが大切

社会保険の加入手続きに関しては、各種それぞれ期間が設けてあるので、しっかりと守るようにしましょう。

特に余裕のある期間だと申請するのを忘れてしまうこともあるので、早めに手続きすることをおすすめします。

社会保険にはいろいろな手続きがありますし、その他の手続きなども多々あります。

高年齢雇用継続給付金はあらかじめ期日が決まっているので、申請を過ぎたら受け付けてもらうことはできません。

育児給付金も期限過ぎたら受付できないので、手続きの期間に関してはとても大切です。

社会保険だけでなく各種手続きもそれぞれ期間が決まっているので、早め手に対応しておくことが大切です。

特に社会保険に関しては今よりも未来に大きく関わることが多いので、後でトラブルにならないようにしっかりと手続きをしましょう。

社会保険の手続きはいろいろ大変ですが、しっかりと手続きをして安心して働ける環境を作ることが大切です。

 - 生活・ライフスタイル