時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

ADHD な社員の仕事の指導方法について

   

ADHD な社員の仕事の指導方法について

ADHDの社員がいる場合、仕事の指導方法については配慮が必要です。

普通の社員のように、「後は言わなくても判るよね的な」指導ですと、彼らは戸惑ってしまいます。

ここでは仕事の指導方法のポイントを大解説いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


ADHDの社員と仕事するには?

ここで決してADHD の社員について「お荷物だ」「役に立たない」「面倒だ」などと思ってはいけません。

彼らは、他の社員に比べて苦手分野が多くて明確ですが、その反面得意分野は他の追随を許さないほど秀でている場合もあります。

まずはADHD の社員の特性について理解しましょう。

彼らは、仕事の段取りが苦手です。

そのため納期を守ったり、複数のタスクを同時並行する事が出来ません。

つまり仕事の優先順位を決められないのです。

また思ったことを特に他意なく口にするので、時としてコミュニケーション関係でトラブルを起こしがちです。

時として、同じ失敗を繰り返すので、イラっとすることもあるでしょう。

また彼らの失敗を尻拭いしなくてはいけない他の社員たちもイラっとし始めると、一気に部署の空気が悪くなることもあります。

この負のスパイラルに陥らないように、まずは、彼らの得意分野や苦手分野を理解する事から始めましょう。

人というのは立場が上の人間が、ある人を尊重しなくなると、他の人もそれに倣う様になります。

尊重されない人は、本来の実力を発揮できなくなります。

ADHDの社員向けに業務内容をマニュアル化しましょう

ADHD の社員の特徴のひとつに、耳からの情報処理が苦手というのがあります。

つまり仕事の指導をただ口頭で説明しても、頭に残らないのです。

そのため、マニュアルを作成したり、説明した内容を文書化するだけでも、理解力がかなりアップします。

業務のマニュアル化や、連絡を口頭だけでなくメールや文書で行うというのは、ADHD の社員だけのためというと負担が大きく感じるかもしれませんが、他の社員にも活用可能なものなので、決して無駄ではありません。

業務のマニュアル化の弊害も色々と言われていますが、すべてをマニュアル化して、その通りにしなくてはいけないという訳ではないのです。

あくまでも業務の方法とルールを明文化しているだけで、決して臨機応変の能力を減退させるものではないのです。

これもひとつのツールです。

ツールは使う人間に依存します。

そういったツールを使いこなせてこその人間なのです。

逆にマニュアルなしで口伝で業務を伝えていけば、いつか大きな何かが抜け落ちてしまうことがあります。

ADHD社員の仕事の指導方法

今から解説することは、ADHD の社員に限らず、他の社員にも有効な手段です。

ADHDの社員は仕事の段取りが苦手です。

これは他の社員にも得手不得手の人がいます。

そして得手の人は、仕事ができる人で、不得手の人は仕事ができない人です。

どうすれば仕事の段取りが出来るようになるか、一番はタスクの見える化です。

よく言われているのがto doリストを作ることです。

あまり凝ったものは必要ありません。

一番簡単なのは、タスクと、納期を書いておきます。

PCよりもメモ書きがおすすめ。

常に机の上に出して置き、簡単に追加や削除ができるようにします。

これだけでも随分仕事が明確化されて、整理されます。

慣れてきたら優先順位をつけるようにします。

優先順位のつけ方が判らなくて割と困る人が多いのですが、基準は簡単です。

「納期が早いもの」「重要性のあるもの」「業務の上行程のもの」です。

納期は約束です。

約束を守れない人は、信用されません。

だから納期が早いものを優先するのは当然です。

ただ場合によっては、重要性のあるものを優先的にやってほしいと言われることもあるでしょう。

その場合は、納期の方を遅らせられるかどうか、相手に相談します。

出来ないようなら、自分の状況を上司に相談して、どっちを優先するかを決めてもらいます。

判断できない場合は、上司に決めてもらってもいいのです。

仕事の指導方法のポイント

ADHDの社員はいわゆる「報・連・相」が苦手です。

どのタイミングで誰に何を相談していいか判断出来ない、つまり相談する内容が判らないという事があります。

前述したto do リストですが、優先順位をつける時は、判断に迷うかもしれません。

業務を依頼する時は、納期と優先順位を伝えてあげましょう。

もしくは、迷ったら相談するようにと説明します。

大切なのは、できるだけ明確化、ルール化してあげることです。

もちろん全てを網羅するのは無理ですが、ある程度指針になるレベルで、「こうした時には報告する/連絡する/相談する」とルール化することで「報・連・相」を身に着けることができます。

また誰にというのは、これもリスト化して、この業務内容の報告は誰にと決めておくとかなりスムーズです。

細かくて決められない場合は、まずは一時受けとして相談する人を決めて、その人が誰に相談するかを教えてあげるという方法もあります。

内容については、口頭でする前に自分用のメモを作るというのがかなり有効です。

箇条書きでいいのでポイントだけでも書いておくと、報告や相談する時に頭が真っ白という状況を防ぎ、お互いの時間の短縮につながります。

ADHDの社員に仕事を指導する時の心構え

誤解されがちですが、彼らの知能は決して他の社員に劣っているわけではないのです。

むしろ、知能が高い例もあります。

ただそれを司る能力に多少問題があるだけなのです。

記憶力や、頭の回転はむしろ早いかもしれません。

歴史上の有名な人物も、おそらくADHD ではないかと言われる人がたくさんいます。

彼らが歴史に名前を残せたのは、一重に得意分野でその才能を発揮できたからです。

つまりあなたの部署にいるADHD の社員は金の卵かもしれないのです。

ただ、ちょっと孵化させるのに手間と配慮が必要なだけなのかもしれません。

確かに忙しい時に、他の人より手間なに配慮なりしなくては行けないとなると、あなた自身が負担に思うかもしれません。

しかし、それってADHDか否かに関係なく、仕事はできるけどちょっと難しい人というのは、すでに社内に一人や二人はいるはずです。

ADHDの人だから特別大変という事はないはずです。

だからADHDというのを理由に、彼らを排除したり、一線を引いてしまうのは止めましょう。

誰だって認められれば、その分実力を発揮できるのです。

そういう環境を作ってあげることこそ上司の役割です。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ