時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

2人目出産後の外出のタイミングの決め手

      2015/11/25

2人目出産後の外出のタイミングの決め手

上の子の世話もしなくればならない二人目の出産の方が、早くから外出しなければならない用事も多いものです。

出産や産後の体の状態は、上の子の出産でわかっているものの、1ヵ月検診までゆっくりと家にいることができた1人目の出産とは状況が大きく違います。

1人目の時よりよりも、いつから外出していいのかが問題になるママも多いのではないでしょうか。

ここでは1人目の出産と比べて、いろんな角度から考えてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


2人目の出産後に外出しなくてはいけない理由は?

年子で上の子がまだ家の中にいることが多い時期なら、外出させなければならないわけでもないので、1か月検診まで外出しなくても大丈夫です。

また、上の子と齢が離れていて小学校だった場合には登下校は一人でできますし、近くのコンビニへのお買い物のお手伝いはできるので、やはり1か月検診までの外出は避けられるかもしれません。

でも、上の子が保育園や幼稚園に通っていたら、上の子の送り迎えをどうしてもママがやらなくてはいけない事もあるでしょう。

親や祖父母と同居していたり、核家族でも親兄弟が手伝いにきてくれていれば外出の用事を頼めるかもしれません。

自営業やパパの仕事の時間に自由がきくならば、パパができるかもしれません。

しかしながら誰の助けもない場合は、人を雇うかママがやるかしかありません。

2人目出産後の体へのダメージは1人目出産と変わらない

出産に関しては、二人目の時は出産そのものは少し楽になる場合が多いです。自然分娩の場合はいきみかたもわかっていますし、一人目が産道を通っていますので広がりやすくなっています。

でも、安心してはいけません。赤ちゃんと胎盤の3キロ前後が体からでてきたわけですから、やはり1人目の時と変わらぬダメージがあって当たり前です。

むしろ産後の回復はについては最初の出産時にくらべて、上の子が抱きついて甘えてきたり、洗濯などの家事も増えていますから、体を休めるのも一苦労です。

ですから、経験があるからといって侮るのは危険です。悪露の量や色などの変化には注意しましょう。量が増えたり、貧血になったりしたらただちに体を休めるようにしましょう。

ホルモンのバランスも崩れています。上の子が言うことを聞かなかったり、興味本位で新生児に悪戯をしたりすると、急に落ち込んで泣きたくなったりします。

1人目・2人目に限らず、産後の産熟期はできるだけ安静に過ごす方がいいということを忘れないでください。

ママと新生児の外出をしない方法を考える

お買い物に関しては、ネットスーパーやネットショップで配達してくれます。パパに仕事の帰りがけにコンビニによってもらっても良いでしょう。必要なものはほとんど揃うと思います。世の中、とても便利になりました。

また地域によっては、産後のケアのボランティアがいる所もあります。これは市町村便りに載っていることもあるので、妊娠したらチェックしましょう。病院や保健所でもおしえてくれる場合もあります。

ボランティアが見つからない時には、有料の派遣サービスを利用するのもいいでしょう。毎日何時間も契約しなくてもいいので、必要な時に必要な時間だけ来てもらうようにすれば料金もさほどかかりません。ホームヘルパーは1回2時間単位になっているところが多いようです。

上の子の送迎をママ友に頼むというのもいいと思います。普段からお互いに送迎をひきうけていれば子供も他のママの送迎も当たり前だと思っているはずです。帰りにママ友の家で上の子を遊ばせてもらえるとなおいいです。こういう関係を普段から作っておいて助け合うということは大切です。

先輩ママさんたちはいつから外出しているのか

そうはいっても、どうしても外出しなければならない用事もあるかもしれません。自分の体調を良く考えて大丈夫なようなら、パパや誰かに新生児を頼んで外出しましょう。誰かに送迎をお願いしたり、タクシーを使うなどして、歩いたりすることは避けましょう。できるだけ体に負担がかからないように心がけましょう。

外出後に疲れて体調を崩してしまったら元も子もありません。ママが寝込んでしまったらママ本人が大変な状態になるだけでなく、パパや上の子にもかなりの負担をかけてしまいます。上の子が不安になって情緒不安定になるようなら事態は最悪です。

上の子の先輩ママ友さんに出産前から心得を聞いておくと良いでしょう。とても参考になりますし、こうすれば良かったというアドバイスにもなる話も聞けると思います。

出産して退院後から上の子の送迎をするママもいますが、その時はやらなくてはいけないから必死だったが、あとから考えると本当に大変だったという話もチラホラ聞こえてきます。

ママと新生児の外出はいつからしてもいいのか

最近は道具もとても便利になりました。優れた技術でその安定性を誇る新生児用のベビーカーや、すっぽりと赤ちゃんを包んでしまう新生児用の抱っこひも。抱っこひもというよりもちいさなカゴを抱えているようなものまであります。

新生児は免疫がなく感染症にかかりやすいので、ウィルスをシャットアウトとしてくれる新生児を隠してしまう設計やデザインのベビー用品を選ぶといいでしょう。

また、暑さ寒さのひどい時にはできるだけ新生児を外気に触れさせないようにしましょう。新生児は体温調節がうまくできません。まわりの温度差が激しい状況にならないようにしましょう。

ママに体力や回復力もあり、新生児も元気で問題なく育っていれば、必要に応じて自分で外出の判断をしましょう。

いきなりの遠出はさけましょう。まず家の周りを一周するくらいから始めましょう。上の子も一緒の場合は上の子からも目が離せません。何かに興味をもって急に飛び出したりすることもあるからです。

2人目だと大胆になってしまうママもいますが、ママと新生児の外出は1か月検診までできるだけ避けた方が良いでしょう。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ