時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

女性のイライラは病気の兆候?原因や対処法のまとめ

      2015/07/17

女性のイライラは病気の兆候?原因や対処法のまとめ

女性は、突然イライラしたり、男性には理解できない部分が多くあります。

しかし、そのイライラにもちゃんと理由があるのです。

女性のイライラの理由を理解してあげて、少しでも女性の助けになってあげてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

ef9f7870b42e02bd3264098d1ff0818b_s
一人暮らしで親と絶縁!解決策を教えます

一人暮らしと聞くと「憧れの一人暮らし」「自由な一人暮らし」と...

e53ea2984620afd186c61a48ae4766c9_s
こってピルの副作用? 恐ろしい血栓症の初期症状とは


女性の強い味方であるピル(低用量ピル)ですが、全...

c7edc126a01cbf2c4b402a81dd582705_s
ロタウイルスの感染経路に唾液? 正しい対処の仕方とは


胃腸炎(嘔吐・下痢など)を引き起こす病気は数多く...

499178
悩みのつきない胃腸炎。発熱・腰痛を伴う、つらさを改善したい!


『あ…』
『また、いつもの…』 ...

77d102c49a21ea9a93a6a2ab02c06771_s
ステロイドの副作用に違いはある? 点滴の場合の効果について

ステロイドは実を言うといろんな方法で、治療に使われています。...

スポンサーリンク


女性のイライラは病気?

女性ホルモンのバランスの変化が原因!月経前症候群
女性の中には、生理によって下腹痛、頭痛、腰痛、肩凝り、貧血などの体調不良を起こされる方も多いでしょう。また、生理中に肌荒れを起こしたり、憂鬱な気分に陥ることもあるでしょう。そして、特に原因も見当たらないのに悲しい気分になったり、イライラしたりすることもあるでしょう。
最近、PMSという単語を耳にすることが多くなりました。これは、月経前症候群というものです。月経前症候群は、月経が始まる1週間から2週間くらい前から起こり、月経が始まるとだんだん消えていく症状を指します。

生活習慣の乱れから発症することもある自律神経失調症
人間には、交感神経と副交感神経という自律神経があります。交感神経は活動している際や緊張している際に優位になる神経で、副交感神経はリラックスしている際に優位になる神経です。これらの神経は自分で意識をしなくても働きます。しかし、ストレスや他の病気などの原因によって自律神経のバランスが崩れてしまうことがあります。自律神経のバランスが崩れた状態のことを自律神経失調症といいます。

強迫観念によってイライラしてしまう強迫神経症(強迫性障害)
強迫神経症は聞き慣れない名前の病気かもしれません。強迫神経症は神経症の一種で、脳内の特定の部位で起こった障害やセロトニンやドーパミンを神経伝達物質とする神経系での機能異常によって発症すると考えられています。

悲しい気分になるだけではない!うつ病
芸能人が闘病を告白したりすることも多く、メディアでも取り上げられることの増えた今では多くの人がうつ病をご存知でしょう。しかし、うつ病でイライラとした気分が症状として現れることをご存知でしょうか。

引用元-−-心理学の時間ですよ

女性のイライラの原因

PMSの原因は実はまだ、はっきりとは解明されていません。

ただPMSは、排卵が終わると分泌量が上昇する女性ホルモンのひとつの“黄体ホルモン(プロゲステロン)”が関与しているのでは?という説があります。

本来は妊娠を継続させるために働くホルモンで、体温を上昇させたり、水分を溜め込む働きを持っています。そのため、ほてりやむくみなどが現れやすくなり、巷では「おブスホルモン」なんて悪名がついていたりします。でも、妊娠・出産には欠かせないホルモンで、なければいいというわけではありません。

いずれにしても、『妊娠・出産回数が少ない現代女性は、毎月ごとにホルモン変動の波にさらされている』というのは事実で、それがPMSの発症に影響していることは間違いないようです。

引用元-−-アンファーからだエイジング

女性のイライラの対処法

■ バランスの取れた食事

オススメの食材
大豆、納豆、豆乳、豆腐、きな粉、味噌、チーズ、ゴマ、アーモンド、大豆、小魚、 パセリ、ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草(緑黄色野菜)

女性ホルモンに似た働きをする『イソフラボン』を含んだ大豆製品は、ホルモンバランスを整えます。また、カルシウム、マグネシウムを多く含む食材は症状を軽くするお手伝いを。

■ ストレスを溜めない

強いストレスは、PMSの症状を悪化させる原因に。 寝る前にはゆっくりとリラックスできるような、お気に入りの音楽やアロマオイルの香りで癒されるのも◎。 ストレスは、その日のうちに解消しちゃいましょう♪ また、ムリなダイエットもストレスの原因になるので、 この時期はちょっぴり緩めなダイエットに切り替えるのをオススメします。

■ カラダを温める

カラダが冷えると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れる原因に。 冷やさないようにお風呂にゆっくりつかり温めるなど、 できるだけカラダを冷やさないように。

■ 適度な運動

普段からカラダを動かしてない人は、基礎代謝が低くカラダが冷えやすい傾向に。 適度な運動をすることで、ストレスを発散させホルモンバランスを整え、 PMSの症状も軽くなるお手伝いしてくれますよ。 お家で始めるには、軽いストレッチやヨガがオススメです♪

■ よく寝る

夜遅くまで仕事をしていたり、寝不足が続くと、ホルモンバランスが乱れてきます。 良質な睡眠は美肌づくりにも欠かせないので、しっかりと睡眠をとりましょうね♪

引用元-−-ピュア☆ラ☆バリ

女性のイライラの原因PMSとは

女性特有の生理日前のホルモンバランスによる、いわゆる不定愁訴、月経付近に起こりがちなイライラとか気分の落ち込みなどを訴える女性は多いですが、多くの女性が程度の差こそあれこのような症状の経験者であることは確かです。
このような生理日前特有の身体的・精神的症状を月経前症候群(PMS)と言われています。PMSは、premenstrual syndromeの略で、排卵のある女性であれば(妊娠可能なということ)誰にでも起こりうる症状と言えます。
このPMSは人によって症状の度合いが違います。一般的にどんな症状かと言うと、体がだるくなる、とにかく眠くて仕方がない、むしょうにイライラし出したり不安を感じる、また、怒りっぽくなるとか、気分が沈む、下腹部の痛みを感じる、偏頭痛、肩こり、風邪のような症状など、ほかにもいろいろとあります。
PMSの症状は決して特別なものではなく、健康だからこと見られる症状とも言えるでしょう。
とはいえ毎月このような症状があるのは不快なものですが、逆にこのようなpmsの症状がし始めたら、そろそろ生理かもなんていう目安にはなったりなんかします。

引用元-−-pms(月経前症候群)の症状・治療 特集

女性のイライラを理解して快適に過ごそう!

a0002_004057

月経前症候群・PMSの症状

代表的な症状をちょっとあげてみますね。

下腹痛、腰痛、下腹部が張る、乳房が痛い・張る、頭痛、肩こり、めまい、手足の冷え、ニキビができやすい、肌荒れ、化粧のノリが悪い、むくみ、のどがかわく、食欲が増す・なくなる、下痢・便秘、疲れやすい、眠くなる、おりものが増える、カラダがスムーズに動かない、アレルギー症状がある(鼻・目など) イライラ、怒りやすい、攻撃的になる、無気力、憂うつ、気分の変化、能率が低下、性欲の変化、いつも通り仕事ができない、女性であることが嫌になる、人付合いが悪くなる……などなど。

……というか、「女の人ならこんなの必ず何個かはあてはまるよね」と思っちゃいますが、やっぱりある調査では20〜30歳台の働く女性の90%以上の人がこういった症状にあてはまるという結果がでたそう。

引用元-−-All About

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ