時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

高卒で就職した事を後悔した場合の対処方法を探る

   

高卒で就職した事を後悔した場合の対処方法を探る

高卒で就職するという進路を選択したものの、その選択を後悔している人に、後悔を少なくするための対処方法について解説します。

選んだ未来を後悔するのではなく、是非自分のプラスになるようにシフトチャンジしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


高卒で就職した事を後悔している理由は?

大学生になった友達が遊んでいるのを見ると損した気になっていませんか?

大学生の友達と話が合わなくなりましたか?

それとも、大卒の人と比べて、会社で冷遇されていると感じますか?

会社では怒られてばかりですか?

大卒との初任給や、昇進、給料に差があることに理不尽さを感じますか?

恋人がいますか?

その恋人の親に高卒だからといって交際を反対されましたか?

結婚を反対されましたか?

恋人に「高卒の人とは結婚できない」と言われましたか?

就職を選択した時、単に「勉強したくない」を理由にしていませんか?

大学に進学しなかった理由が人それぞれのように、高卒で就職した事を後悔する理由も人それぞれです。

あなたがなぜ高卒で就職した事を後悔しているのか、その理由を考えましょう。

後悔というのは、気が付いたときに、すぐにやり直せばそれだけ後悔が少なくて済みます。

逆にただ悩んでいるだけでは、後悔がどんどん多くなります。

多くなった後悔はあなたの人生を苛むようになります。

高卒の就職率と大学への進学率

文部省の調査によると、平成27年の現役世代の大学・短大への進学率は54.6%で過去最高だそうです。

ここに専門学校進学率を加算すると、おおよそ8割近い高校生が進学という進路を選んでいることになります。

一方、高卒の就職率ですが、これも上昇傾向にあり、17.8%となっています。

これは5年連続衆力率がアップしています。

数年前までは、就職氷河期の影響で高卒枠がかなり食われていたそうですが、高校や企業が高卒の就職について、ある程度取り組みを見せた成果という事も出来ると思います。

つまり、40人いるクラスで、卒業後に同窓会をすると、22人は大学や短大に行っている訳です。

9人は専門学校へ行き、7人が就職という事になります。

そしてクラスに1人ぐらいは、就職も進学もしなかったという事になります。

もうちょっとリアルな数字とすると、仲の良い友達グループのメンバー5人のうちと、2〜3人は大学・短大へ、1人は専門学校、1人は就職しているという事ですね。

高卒で就職をした事を後悔したなら

あなたがどうしたいかが問題です。

もし、会社の仕事がつらいのではあれば、もう一度考えてみましょう。

「大学卒業したら、仕事は辛くなくなるのか?」そんな事はありません。

仕事は高卒だろうと大卒だろうと、辛いと感じる人は辛いと感じるのです。

そこに学歴は関係ありません。

では待遇に不満を感じますか?大卒の方が優遇されていると思いますか?

残念ながらそれはそうです。

ここでは仕事の実務能力は関係なく、人より多く勉強を学んでいるという付加価値があるから、その付加価値分は、初任給などでも差が付きます。

もし、それが許せないのであれば自分も大学に行くことです。

または自分で起業して、高卒や大卒の待遇を等しくする会社を作るという方法もあります。

自分で事業を起こせば高卒か大卒かなんて、全く関係なくなりますね。

進学した友達との関係は?

前述しましたが、仲良し5人グループの場合、就職した人の高校時代の友達のほとんどは、進学しているという事になります。

たまにあっても、学校の話やサークルの話、アルバイトの話で盛り上がって羨ましいと感じるかもしれません。

なんとなく自分だけ青春が終わってしまったような気分になるかもしれません。

確かに就職した人から見れば、大学生は気楽に見えます。

それはその通りです。

そしてその反面、隣の芝生は青く見えるというのも事実です。

例えば学生の友達は、あなたが仕事の話をしているのを聞いて、自分の子供っぽさに劣等感を覚えるかもしれません。

またあなたが、自分たちとは違う新しい世界を知っているのに密かに脅威を覚えるかもしれません。

しかし、お互いの立場の差があったとしても、友情には変わりがありません。

あなたが一方的に疎外感を覚えて、グループから離れようとしているだけかもしれません。

また、学生の友人は、精々同世代の友人ですが、あなたが務めている会社はもっと多様性に富んだ年齢層の人がいます。

友人とは言えないかもしれませんが、そういった人たちの交流もまたあなたの人生を鮮やかに彩る要素です。

自分の周りをもっとよく見てみましょう。

大学へ行くという選択

高卒で、就職した事を後悔しているのであれば、こういう方法も解決策の一つです。

大学は確かに20代前後に人が多いですが、浪人した人もいれば、社会人になって「何かを学びたい」という事で通っている人もいます。

もしあなたが大学で何かを学びたいのであれば、是非チャレンジしてください。

ただ、やはり明確な目的がないと4年間は苦痛になります。

大学で何をしたいのかをきちんと考えた上でないとまた後悔する事になります。

ただ誰もが行きたいといったら行けるものでない事は事実です。

経済的な面、時間的な面、勉強的な面、色々と障害はあると思います。

しかし、本気で行きたいと思うのであれば、出来ない理由を挙げるのではなく、どうすれば出来るようになるかを考えましょう。

例えばインターネット上の大学であれば、時間的や経済的な制約も少なくて済みますし、大学によっては、学士の資格を得られる所もあります。

要はいかにやる気になるかが大切なのです。

腹が括れたら是非チャレンジしましょう。

関連記事はこちら

 - 学校・勉強

ページ
上部へ