時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

風邪なのに抗生物質!?フロモックスを服用した時の効能と注意点

      2015/11/06

風邪なのに抗生物質!?フロモックスを服用した時の効能と注意点

風邪をひいて病院に行ったときに、抗生物質を処方された経験がある人も多いと思います。

でも、ウイルスに効果がない抗生物質がなぜ風邪に処方されているのか知らずに、風邪の時は抗生物質を服用すれば治ると勘違いしている人も。

そこで今回は抗生物質「フロモックス」を服用した時の効能と注意点についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


フロモックスは多くの菌に対応する抗生物質

グラム陽性菌、大腸菌、インフルエンザ菌、グラム陰性菌などに対して効果を示します。その一方で副作用も比較的少ないため、広く使われています。

とは言え、フロモックスは薬であり、菌を殺す働きがありますので、誰に対しても副作用がないとは言い切れません。お腹がゆるくなる副作用もあり、腎臓の病気のある方や高齢者の方に副作用が出やすい傾向があります。

その他にも、アレルギー、喘息などの持病のある方、他の薬で副作用が出た事がある方は、念のため医師に申し出てください。

さらに薬を効果的に作用させるには、水分をたくさん摂って、ゆっくり休養をとることが大事です。膀胱炎にかかりにくい生活をすることが、薬の効果を高めるのです。

引用元-−-スキンケア大学

抗生物質では風邪にはほとんど効果がない

風邪の原因の約90%はウイルスが原因です。残りの10%が細菌など
が原因です。
そして、抗生物質(抗細菌性の抗生物質)は90%のウイルスには効果が
ありません。

したがって計算上、風邪に効く可能性は10%しかないですよね。
(90%はムダらしい)

抗生物質の乱用によるアレルギー、耐性菌の問題などがあり、リスクも
大きいとされているようです。

だから、、、★★「キチンとした医師の、キチンとした診察が必要とさ
れるんです!!」(強調)
どちらが欠けてもいけません。

引用元-−-NPO法人 起業家支援

風邪にフロモックスが使われる理由と効能

N934_kapuseruwomotudr500-thumb-750x500-1871

風邪のような感染症は、病原微生物が体内に侵入して悪さをします。この時、体の防衛システムが働いて病原微生物と戦うため、腫れや発赤、化膿、痛み、発熱が起こります。

病原微生物とは、細菌やウイルス、カビなどがありますが、フロモックスは細菌による感染症に有効です。グラム陽性菌やグラム陰性菌の多くに有効であり、病原菌が死滅すれば、腫れや痛みがとれ、熱も下がります。

様々な細菌に効果がありますので、のどの痛みや発熱をともなう風邪の時によく処方されます。インフルエンザを含む一般的なウイルス性の風邪には無効ですが、細菌による二次感染やその予防のために処方されることもあります。

フロモックスの効能

フロモックスの効能としては、風邪の症状として現れる咽頭・喉頭炎、リンパ管・リンパ節炎、急性気管支炎、肺炎があります。

この他にも、呼吸器系や耳鼻科などでもよく用いられることがあり、扁桃炎や外耳炎、副鼻腔炎、慢性呼吸器病変の二次感染などにも効果があります。

引用元-−-iGotit

フロモックスはひどい風邪で体力や免疫力が落ちた時に有効

ほとんどの風邪はウイルスが原因で発症します。

たしかにフロモックスをはじめとする抗生剤は風邪の原因のウイルスには効果がありません。
ですので、風邪が軽い場合は、何も処方しなくて大丈夫ですし、熱や咳や痰や鼻水などの症状がちょっと強い時は、症状ごとに合わせた対症療法を一時的に行う程度で大丈夫です。

それでも抗生剤がでるというのは、体力や免疫力が落ちているケースでひどい風邪になった時です。

これは、風邪の原因となっているウイルス対策ではなく、もともと体力や免疫力が落ちているところに風邪を引くことで、細菌などによる二次感染や重症化がおこることを予防する目的で抗生剤がつかわれます。

引用元-−-minacolor [ミナカラ]

フロモックスの副作用

この薬の副作用としては、下痢や胃の不快感、吐き気、嘔吐、腹痛、過敏症などが特徴的なものとして挙げられます。
重大な副作用としては、間質性肺炎や肝機能障害、偽膜性大腸炎、急性腎不全、血小板減少症などがおこる可能性があるので注意が必要です。

過去にフロモックスまたは他のセフェム系の抗生物質でショックや過敏症をおこしたことのある人は使用してはいけません。
また、血中の抗生物質の濃度を保つために、一定時間ごとの服用を心がけましょう。

以上がフロモックスの効果(効用)、副作用です。
実績のある専門医のいる病院で、治療を進めることが重要といえるでしょう。

引用元-−-薬の手引き

フロモックスばかり処方する医者には注意

フロモックスやメイアクト、セフゾン、トミロンといったセファロスポリンは日本では本当によく処方されています。しかし、ぼくの意見では、日本で出されているこうした抗生物質の99.9%(かそれ以上)は誤用です。
まず、風邪のように抗生物質を必要としない病気にフロモックス・メイアクトはガンガン処方されています。他の国では出されていない薬です。まさか、諸外国では風邪がない、というわけではないでしょうに。
そもそも、フロモックスもメイアクトもとても吸収が悪い、体の中に入っていきにくい抗生物質です。ですから、同じセファロスポリンでもぼくはケフレックスのような比較的昔のものを使います。昔のものだとダメかとおもいきや、さにあらず。(古い)ケフレックスのほうがずっとずっと体の中に入って行きやすいのです。
フロモックスもメイアクトも体に入って行かないのに、医者が使い続けるのは、「抗生物質がなくても勝手に治る病気」、すなわち風邪なんかに使い続けているからです。
次に、フロモックスやメイアクトでなくてもよいときに、こういう薬を浸かっている「乱用」が目立ちます。例えば、歯医者さんの使う抗生物質は口の中にある菌だけ殺せばいいのに、フロモックスやメイアクトはお腹の中にある菌まで(不要に)殺してしまいます。そのため、フロモックスやメイアクトの副作用で(お腹の菌が荒らされるために起きる)下痢が起きやすいのです。

引用元-−-楽園はこちら側

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 病気

ページ
上部へ