時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

風邪だけじゃない。微熱、頭痛、腹痛の症状があるとき

      2015/07/17

風邪だけじゃない。微熱、頭痛、腹痛の症状があるとき

気がついたら微熱があって、頭痛がしてきて、腹痛まで……

風邪かな? と、風邪薬を飲んでも、なんだかスッキリしない。

風邪ではない場合がありますので早めの対処が肝心です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

eb02e31c58a34f884193b7946f22f24e_s
《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

ver88_sumafoijiru15150126_tp_v
派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s
《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s
介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s
赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s
《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s
犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

ad69359913dc8cffda18c063922a5988_s
天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

d2dcd3550633d0aaec1f399a4f4d5a16_s
新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s
読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s
マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

0f97733484de9b44f3eff19948dc941d_s
お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s
上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
呼吸すると肋骨に痛みを感じる時、考えられる原因はこれ!

呼吸の時に、肋骨が痛む・・・。寝ている時も食事の時も、呼吸は...

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s
受付の仕事に就きたい人必見‼︎受付の仕事の楽しい仕事内容

受付の仕事はオフィスワークの中でも人気の1つですが、受付の仕...

30b91282642a7651897cf705cf7231b4_s
本当に突発性発疹? 発疹が薄い時は別の病気を疑うべきか


突発性発疹と言えば、赤ちゃんが一番最初に罹る病気...

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s
電話やメールが苦手な人必見!克服法をご紹介します

最近ではチャット機能のメールが定番化してきて、テンポよく、会...

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
危険?!お風呂の温度が45°Cのメリットデメリット

家のお風呂で45°Cと聞くと、熱くない?!と思ってしまいます...

スポンサーリンク


普通の微熱って? 案外知らない微熱の定義

一般に、平熱には37度プラス・マイナス6分の幅があると考えてよいでしょう。さらに、一日のうちでも、活動のレベルや時間帯によって、6分も上下します(朝6時が最も低く、午後4時〜6時が最も高くなります)。また体温調節機能も、ホルモンの分泌量の変化に敏感に反応します(月経や排卵に応じて女性の体温が上下するのは、そのためです)。体温は、空腹や眠気、寒さ、高温、多湿などを感じると変化しますし、ストレスや強い感情の影響も受けます。

いわゆる正常値というのは、普通の気温(22.7〜24.4度)に保たれた室内において、快適な格好をし、空腹でない状態にいる健康な成人の値です。時間帯のほか、飲食物や喫煙も口腔体温を大きく左右します。ですから、飲食や喫煙をしてから20分以内、または温浴や激しい運動をしてから1時間以内に計った体温は、あてにしないほうがいいでしょう。

引用元-−-ソトコト

自律神経失調症で見られる症状の中で、よくある症状として、微熱が続くという症状があります。

中には、37度くらい体温の微熱が、一ヶ月以上も続くこともあるようです。

そして、自律神経失調症が原因による微熱はとてもやっかいで、
かぜ薬を飲んだとしても、炎症による発熱ではないので、熱が下がらないのです。

内科の病院で診てもらったとしても、どこにも異常が見つからないので、
ゆっくり休めば治るでしょうと言われて、治療ができないままということがあります。

自律神経失調症だとなぜ微熱が続くの?

もし、自律神経失調症が、その微熱の原因であるのならば、交感神経と副交感神経のバランスが
何らかの要因で乱れてしまっていることから、微熱を引き起こしているのです。

よく言われるのが、高熱よりも、微熱の方がつらく感じるという意見です。

たしかに、高熱は一気に熱が上がっていき、熱が下がるころには、
なんだかからだがすっきりしている感じがありますが、
微熱がだらだらと続くと、なにやらいやな不愉快な気分になってしまいます。

そして、微熱が続くことによる不安やストレスが、さらに別の
自律神経失調症の症状を引き起こしてしまう可能性もあります。

原因が不明の微熱がだらだらと続く場合には、自律神経失調症ではないかと疑って、
病院に相談してみるのが良いでしょう。

自律神経失調症が原因の微熱であるならば、解熱剤による治療ではなく、
自律神経失調症を改善させるための治療をしなければ解決しないのです。

引用元-−-自律神経失調症の症状は治療できる.com

日本人に多いと言われる頭痛の種類

ひと口に頭痛と言っても、原因がわからないのに時々襲ってくる慢性の頭痛やカゼをひいたときの頭痛、二日酔いのときに悩まされる頭痛など、いろいろあります。また、中には命にかかわるようなものもあって、ひとくくりにするわけにはいきませんが、大別すると「機能性頭痛」と「症候性頭痛」の2つに分けられます。

機能性頭痛(慢性頭痛)

…ストレスなどが関係していると考えられる原因不明の頭痛

脳や身体に病気がないにもかかわらず繰り返し起こる慢性頭痛です。代表的なものに、頭が締め付けられるように痛む「緊張型頭痛」や、主に頭の片側が痛む「片頭痛」、ものすごい痛みに襲われる「群発頭痛」があります。いずれも原因が不明な頭痛ですが、生命に関わることはありません。

引用元-−-内外薬品株式会社 痛み読本

症候性頭痛(原因がある頭痛)

…重大な病気が潜んでいる場合もあるのでご注意を!

病院で十分な検査をすれば原因が明らかになるタイプの頭痛です。くも膜下出血や脳出血、脳腫瘍などの病気や頭部のケガに伴う頭痛がこれ。生命が危ぶまれる重大な病気の前兆となるものもありますが、カゼなどの感染症によるものやアルコールが原因のものも含まれます。

【危険な頭痛の特徴】
・突然痛みが始まって急にピークに達する
・経験したことのないほどの激しい痛み
・後頭部に痛みを感じる
・吐き気や嘔吐、意識の低下を伴う(吐き気や嘔吐は片頭痛でも起こります)

引用元-−-内外薬品株式会社 痛み読本

頭痛はなぜ起こる?

頭痛の原因は様々ですが、特に明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる頭痛(=一次性頭痛)と、病気が原因であらわれる頭痛(=二次性頭痛)に大別できます。
一次性頭痛がいわゆる「頭痛持ち」の頭痛で、首や頭部周辺の筋肉の緊張や、頭部の血管の拡張などによって起こると考えられています。
二次性頭痛は原因となっている病気の治療が第一ですが、一次性頭痛はメカニズムを知り上手に付き合っていくことも必要です。

主な一次性頭痛の種類

代表的な一次性頭痛は、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の3つです。
緊張型頭痛と片頭痛は、混在する人もいます。

怖い二次性頭痛に注意

二次性の頭痛を起こす病気には、クモ膜下出血や脳腫瘍など危険なものもあります。
これまで経験したことのないような強い頭痛が突然表れたり、手足の麻痺やしびれ・痙攣や、激しい嘔吐、高熱などを伴う頭痛が起きた時はすぐに病院へ行く必要があります。

引用元-−-エスエス製薬 EVE

腹痛について、知っておきたいアレコレ

PAK85_lalaonakaitaidesu20140321500-thumb-815xauto-4469

腹痛(ふくつう、はらいた)とは、腹部に感じる痛みとして自覚される症状である。

腹痛は主に「内臓性腹痛」、「体性痛」、「関連痛」、「心因性腹痛」などに分けられる。腹痛を発生させる要因も様々なものがあり、体内で発生した何らかの異常を知らせる情報がまず痛みとして自覚される。またこれらの痛みは、異常に対する一種の防御反応とも言えるものである。

痛みの症状が著しい場合は、人体に対して二次的に生理的・心理的影響を及ぼす可能性が高くなるため、速やかに要因を突き止め、病院や診療所など、医療機関で適切な処置を受ける必要がある

引用元-−-ウィキペディア

腹痛には人それぞれ痛みの程度や表現が違うことがあり、注意が必要である。一般に、腹痛を来す病気は放置してても治癒する(軽症)ものから、内科的処置 を必要とする(中等度)もの、また、外科的に処置(手術など)する(重症)ものまでさまざまであり、痛みの性状も鈍痛、痙攣性、疝痛まで様々であり、早め に家庭医などに相談する必要がある。

引用元-−-一般社団法人 広島県医師会

(1) 右上腹部痛(右わき腹の痛み)
この部位が痛む場合、胆嚢と肝臓の病気をまず疑う。
(2) 心窩部痛(みぞおちの痛み)
胃疾患が最も多く、その他心疾患(狭心症や心筋梗塞)を考えることも大切である。
(3) 左上腹部痛(左わき腹の痛み)
まず、胃疾患や膵疾患を考える。
(4) 臍周囲痛(おへその周辺の痛み)
膵疾患や小腸疾患を考える。
(5) 右下腹部痛

急性症では虫垂炎(いわゆる盲腸)が最も多く、その他右尿管疾患や女性の卵巣・卵管疾患を考える。
(6) 下腹部痛
膀胱およびその周囲の疾患を考える。
(7) 左下腹部痛
結腸(S字状)疾患が最も多く、その他腎疾患や婦人科疾患を考える。
(8) 腹部全体
腹部全体に炎症が及んでいる腹膜炎などがまず考えられる。
このように、同じ部位での痛みでも数多くの病気があり、正確な診断には家庭医、病院、夜間では救急センターを受診し適切な処置を受けることが望ましい。

引用元-−-一般社団法人 広島県医師会

微熱、頭痛、腹痛……もしかしたら、花粉症!?

鼻水だけじゃない!頭痛、腹痛、微熱…それも「花粉」が影響しているかも。

花粉症イコール「鼻」と「目」、だけじゃないみたい…

引用元-−-NEVER まとめ

花粉症の症状には個人差があります。また、個人でも1日、1週間の中で大きな変化や変動があります。

引用元-−-All About

花粉症で熱が出るメカニズムについては、
鼻詰まりによる脳の酸素不足、
体から異物を出そうとする免疫反応
のどちらかが考えられます。

鼻づまりにより脳に酸素が行かないと
頭痛や発熱が起こるので
耳鼻科などで適切な対応が必要になってきます。

また花粉は、体には有害ではありませんが
免疫の異常で花粉を異物として認識しかゆみの
アレルギー反応だけでなく体温を上げて花粉に対して対処しようとします。

引用元-−-たけやまのINTERESTING!!

たいていの人は鼻で呼吸をしています。
そのため、花粉はまず鼻に入ります。

花粉は体にとっていらないものです。
つまり異物です。

体は異物を排除しようと頑張ります。
これをアレルギーといいます。

特に最初に花粉が入った鼻にアレルギーが起こるので
鼻水がでたり、鼻づまりの症状が起こるわけです。

ところで、鼻は口、食道、胃、腸とつながっています。

アレルギー反応も鼻から喉、胃と連鎖していくわけです。

鼻なら鼻水、喉なら咳や痰、胃なら胃炎、腸なら腸炎が起こります。

胃炎や腸炎の症状は腹痛です。

よく胃腸炎という言葉を耳にすると思います。
胃腸炎の症状は腹痛です。

まとめますと、
なぜ花粉症になると腹痛の症状が起こるか?というと、
鼻に入った花粉を排除しようと鼻と同じ管でつながっている胃や腸が炎症を起こすからです。

同じ管だから鼻炎から腹痛になる。

引用元-−-花粉症が原因で腹痛の症状が出る事ってありますか?

のんびりしてたら悪化する、食中毒

食中毒と言えば、下痢や嘔吐など胃腸に問題が起こる病気だとイメージしますね。

しかし、中には頭痛を伴う食中毒もあります!

引用元-−-「知ル」トハ「最強」ナリ。

【症状など】

子供から老人まで全ての年齢層で発症が認められますが、患者の75%が10歳未満の小児とされています。
症状は原因となる細菌やウイルスによって少しずつ変わりますが、発熱、下痢、腹痛、悪心、嘔吐などです。これらの症状が単独または、複数の症状が様々な組み合わせで出現しますが、原因となる病原体、患者個人間で大きな差があり、症状の重さも様々です。

特に、乳幼児にロタウイルスと呼ばれるウイルスによる乳幼児冬季白色下痢症と呼ばれるものが、毎年多く発生しており、注意が必要です。

37〜38度程度に発熱する場合もあります。

年長児では、これらの症状に腹痛が加わることもあります。

これらの病原体のほとんどが、食べ物や飲み水などを介した経口感染で体内に侵入します。しかしながら、一部はペットを介した感染も報告されていますので、ペットの扱い(同じ箸で食べ物を与える、口から口での食べ物の受け渡しなど)に注意も必要です。

【予防】

普段から、手洗いを頻繁に行ってください。そして、十分な睡眠と栄養を取るようにして、体調を良好に保つようにしてください。

【治療について】

一般的には対症的な治療が中心となります。具体的には、下痢や嘔吐などで体内から失われた水分や電解質を経口や点滴などで補給し、脱水の改善と電解質のバランスの調整が行われます。また、患者さんの年齢、症状などを考慮して抗生物質が投与されることもあります。

引用元-−-医療法人 清友会 笠松病院

twitterの反応


https://twitter.com/____1204/status/604297229671628802

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ