時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

面接の結果待ち状態で辞退する際はこれらに注意しましょう

   

面接の結果待ち状態で辞退する際はこれらに注意しましょう

面接の結果待ちの状態で他の会社から内定をもらった場合など、こちらから辞退したくなるときも多いものです。

そういうときは、辞退を申し出ても良いものでしょうか?

今回は、そんなときの注意点をいくつか紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


面接の結果待ちで辞退して良いか

まず多くの人が気にしている、面接の結果待ちで辞退して良いかについて見ていくことにしましょう。

結論から先に言えば、辞退しても良いです。

むしろ、面接の結果を知らされてからでは遅いともいえます。

企業の立場になって考えてみましょう。

あなたが採用になったことで不採用になった人がいるとしましょう。

あなたが辞退を申し出ることで、企業はあなたの次に評価が高い人を不採用にした人のなかから採用することになるでしょう。

つまり、他の人が採用されやすくなるともいえるのです。

これは企業や他の採用活動中に人に対するあなたの配慮だともいえるでしょう。

また、企業側は採用を伝えることであなたが喜んでくれると思っているでしょう。

しかし採用を伝えた際に辞退を申し込まれたら採用担当者はどう感じるでしょうか?

おそらく採用担当者はがっかりするでしょう。

つまり、面接の結果待ちの状態でこちらから先に辞退を申し出るのは、採用担当者への配慮だともいえるのです。

面接後に辞退するのならどのタイミングが良いか

先に説明したように、面接の結果待ちで辞退しても良いのです。

では、どのタイミングで辞退を申し出れば良いのでしょうか?

これも結論から先に言います。

できるだけ早いタイミングで辞退を申し出ましょう。

だからといって、面接を受けた当日に辞退を申し出るのはさすがにまずいでしょうが。

先に説明したように、企業は内定者のなかから辞退者が出れば、予定していた採用人数に足りなくなるために新たに採用活動をする必要が出てきます。

そして、それは早ければ早いほど良いのです。

なぜなら他の人はどんどん内定が決まってゆくので採用が難しくなるからです。

つまり辞退の申し出が遅れれば遅れるほど企業に迷惑をかけることになるのです。

「相手に迷惑がかかるから」と辞退の申し出をためらってしまい、結果的に辞退の申し出が遅れてしまう。

そして、それが企業に迷惑をかけることになってします。

当人にとっては企業に配慮したつもりでも、実際は配慮に欠けた行動だといえます。

面接を辞退する理由はどう伝えれば良いか

次は、面接を辞退する理由はどう伝えれば良いかを見ていくことにしましょう。

これも多くの人が悩むことでしょう。

企業は不採用を知らせてくれるとき、いちいち不採用になった理由を教えてくれる訳ではありません。

また、それを知っても本人が落ち込むだけです。

もっとも、次の面接に向けて修正しようという前向きの人はいるかもしれませんが。

企業に内定を辞退する場合も、これと同じように詳しい説明は不要です。

「内定が決まりましたので」と直接の理由は言わない方が良いでしょう。

たとえば、「よく考えさせていただいた結果・・・」というような抽象的な理由で十分でしょう。

企業側も察知して、深くは聞いてはこないでしょう。

なお、辞退する場合でも面接をしてもらったことについて感謝の気持ちを伝えましょう。

これは社会人としての常識でもあります。

それだけではありません。

この会社を辞退して他の会社に就職することになったとしても、将来、この会社と取り引きすることになることも考えられます。

その時に気まずい思いをしなくてもすむようにしておきましょう。

面接の結果待ちが長くなるのはなぜか

ごく稀に、面接を受けてもなかなか結果が通知されてこないときがあります。

それは何故なのでしょうか?

まず言えるのは、結果待ちの状態が長くなっているのは、既に面接で落とされている可能性があるということです。

企業は優秀な人材を確保することを第一優先に考えます。

つまり、面接で合格した人から連絡をするということです。

逆にいえば、面接で不採用になった人への連絡は後回しにするということです。

結果待ちの状態が長くなる理由の多くはここにあります。

したがって、そういうときは企業に遠慮する必要はありません。

こちらから辞退を申し出ましょう。

また、面接が終わって1週間以上も経ってから連絡があった場合、それは企業側の落ち度だともいえます。

仮にその時点で辞退を申し出ることになっても気にする必要はないでしょう。

この時点で気持ちが治まらないようでしたら、「他社に決まりました」と言っても問題はないでしょう。

ただし、先に説明したように、面接に対する感謝は忘れずに伝えるようにしましょう。

面接後に辞退するときの注意点

最後に面接後に辞退するときの注意点を見ていくことにしましょう。

大学によっては、辞退を申し出る前に就職指導課に話をするように指導しているところもあります。

企業や人事担当者によって辞退に対する考え方が異なっています。

それを知るために過去のその企業を辞退した学生がどう対処したかを教えてもらうのです。

ちなみに過去のその企業に誰も就職していない場合でも、適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。

まとめ

これまで見てきたように、辞退の申し出が遅れれば遅れるほど企業に迷惑がかかります。

できるだけ早めに申し出ましょう。

この時、具体的な理由をいう必要はありません。

抽象的な理由で十分です。

ただし、面接に対する感謝の気持ちは忘れずに伝えましょう。

社会人になった後でその会社と取引することになるかもしれないからです。

面接をしてもらったことに対して必要以上に恩義を感じる必要はありません。

これはビジネスです。

この会社は自分には合わないと思えば、面接が終わった後で辞退することは許されます。

なにより、自分に合った会社を選ぶ方が会社にとっても当人にとってもメリットは大きくなる訳ですから。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ