時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

面接の結果待ち状態で辞退する際はこれらに注意しましょう

   

面接の結果待ち状態で辞退する際はこれらに注意しましょう

面接の結果待ちの状態で他の会社から内定をもらった場合など、こちらから辞退したくなるときも多いものです。

そういうときは、辞退を申し出ても良いものでしょうか?

今回は、そんなときの注意点をいくつか紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

スポンサーリンク


面接の結果待ちで辞退して良いか

まず多くの人が気にしている、面接の結果待ちで辞退して良いかについて見ていくことにしましょう。

結論から先に言えば、辞退しても良いです。

むしろ、面接の結果を知らされてからでは遅いともいえます。

企業の立場になって考えてみましょう。

あなたが採用になったことで不採用になった人がいるとしましょう。

あなたが辞退を申し出ることで、企業はあなたの次に評価が高い人を不採用にした人のなかから採用することになるでしょう。

つまり、他の人が採用されやすくなるともいえるのです。

これは企業や他の採用活動中に人に対するあなたの配慮だともいえるでしょう。

また、企業側は採用を伝えることであなたが喜んでくれると思っているでしょう。

しかし採用を伝えた際に辞退を申し込まれたら採用担当者はどう感じるでしょうか?

おそらく採用担当者はがっかりするでしょう。

つまり、面接の結果待ちの状態でこちらから先に辞退を申し出るのは、採用担当者への配慮だともいえるのです。

面接後に辞退するのならどのタイミングが良いか

先に説明したように、面接の結果待ちで辞退しても良いのです。

では、どのタイミングで辞退を申し出れば良いのでしょうか?

これも結論から先に言います。

できるだけ早いタイミングで辞退を申し出ましょう。

だからといって、面接を受けた当日に辞退を申し出るのはさすがにまずいでしょうが。

先に説明したように、企業は内定者のなかから辞退者が出れば、予定していた採用人数に足りなくなるために新たに採用活動をする必要が出てきます。

そして、それは早ければ早いほど良いのです。

なぜなら他の人はどんどん内定が決まってゆくので採用が難しくなるからです。

つまり辞退の申し出が遅れれば遅れるほど企業に迷惑をかけることになるのです。

「相手に迷惑がかかるから」と辞退の申し出をためらってしまい、結果的に辞退の申し出が遅れてしまう。

そして、それが企業に迷惑をかけることになってします。

当人にとっては企業に配慮したつもりでも、実際は配慮に欠けた行動だといえます。

面接を辞退する理由はどう伝えれば良いか

次は、面接を辞退する理由はどう伝えれば良いかを見ていくことにしましょう。

これも多くの人が悩むことでしょう。

企業は不採用を知らせてくれるとき、いちいち不採用になった理由を教えてくれる訳ではありません。

また、それを知っても本人が落ち込むだけです。

もっとも、次の面接に向けて修正しようという前向きの人はいるかもしれませんが。

企業に内定を辞退する場合も、これと同じように詳しい説明は不要です。

「内定が決まりましたので」と直接の理由は言わない方が良いでしょう。

たとえば、「よく考えさせていただいた結果・・・」というような抽象的な理由で十分でしょう。

企業側も察知して、深くは聞いてはこないでしょう。

なお、辞退する場合でも面接をしてもらったことについて感謝の気持ちを伝えましょう。

これは社会人としての常識でもあります。

それだけではありません。

この会社を辞退して他の会社に就職することになったとしても、将来、この会社と取り引きすることになることも考えられます。

その時に気まずい思いをしなくてもすむようにしておきましょう。

面接の結果待ちが長くなるのはなぜか

ごく稀に、面接を受けてもなかなか結果が通知されてこないときがあります。

それは何故なのでしょうか?

まず言えるのは、結果待ちの状態が長くなっているのは、既に面接で落とされている可能性があるということです。

企業は優秀な人材を確保することを第一優先に考えます。

つまり、面接で合格した人から連絡をするということです。

逆にいえば、面接で不採用になった人への連絡は後回しにするということです。

結果待ちの状態が長くなる理由の多くはここにあります。

したがって、そういうときは企業に遠慮する必要はありません。

こちらから辞退を申し出ましょう。

また、面接が終わって1週間以上も経ってから連絡があった場合、それは企業側の落ち度だともいえます。

仮にその時点で辞退を申し出ることになっても気にする必要はないでしょう。

この時点で気持ちが治まらないようでしたら、「他社に決まりました」と言っても問題はないでしょう。

ただし、先に説明したように、面接に対する感謝は忘れずに伝えるようにしましょう。

面接後に辞退するときの注意点

最後に面接後に辞退するときの注意点を見ていくことにしましょう。

大学によっては、辞退を申し出る前に就職指導課に話をするように指導しているところもあります。

企業や人事担当者によって辞退に対する考え方が異なっています。

それを知るために過去のその企業を辞退した学生がどう対処したかを教えてもらうのです。

ちなみに過去のその企業に誰も就職していない場合でも、適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。

まとめ

これまで見てきたように、辞退の申し出が遅れれば遅れるほど企業に迷惑がかかります。

できるだけ早めに申し出ましょう。

この時、具体的な理由をいう必要はありません。

抽象的な理由で十分です。

ただし、面接に対する感謝の気持ちは忘れずに伝えましょう。

社会人になった後でその会社と取引することになるかもしれないからです。

面接をしてもらったことに対して必要以上に恩義を感じる必要はありません。

これはビジネスです。

この会社は自分には合わないと思えば、面接が終わった後で辞退することは許されます。

なにより、自分に合った会社を選ぶ方が会社にとっても当人にとってもメリットは大きくなる訳ですから。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ