時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

電気をつかう暖房機器の省エネ術を伝授しましょう

      2015/12/11

電気をつかう暖房機器の省エネ術を伝授しましょう

これから冬になると暖房は欠かせません。

灯油もいいけれど、出来ることならより安全な電気を使いたいと考える人も多いでしょう。

でも、電気は灯油よりも高くつくのではないかと心配するかもしれません。

今回は、電気をつかう暖房機器の省エネ術を伝授しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


電気を使う暖房機器の種類

電気を使う暖房機器の種類は大きく分けて、部屋を暖めるタイプ、体を温めるタイプの2つがあります。

部屋を暖める

まず、暖房機器から出てくる温風で部屋全体を暖めるタイプ。温風が体に直接当たると不快感を覚えることがあるので注意しましょう。エアコンや石油ファンヒーターがこれに該当します。次に、暖房機器から出る赤外線で部屋を暖めるタイプ。温風を出す機器に比べて静かです。暖房機器の傍に行けば温かく感じられますが、部屋が暖まるまで時間がかかります。電気ストーブやパネルヒーターがこれに該当します。

体を温める

体に接するところを部分的に温めます。そのため、部屋を暖めることはできません。コタツ、ホットカーペット、カイロなどがこれに該当します。

電気代という観点からみれば、前者の部屋を暖めるタイプはより大きなエネルギーを必要とするのでどうしても電気代はかかってしまいます。その点、後者の体の一部分を温めるタイプはそれほど電気代はかかりません。ただし、特にコタツなどは部屋の中は寒いままなのでコタツから出ようとはせず、行動範囲が限られてしまいます。

暖房温度を下げて省エネ

設定温度を下げるのは省エネの定番です。そのため、多くの人が実践しているでしょう。また、多くの暖房機器は運転開始に多くの電気を消費してしまいます。最近のエアコンは省エネモードの設定ができるようになっています。また、他の暖房機器にも低消費電力設定ができるものがあります。暖房の運転開始からこれらに設定しておけば電気の消費量を抑えることができます。

ここで注意すべき点があります。先に説明した、暖房機器から出てくる温風で部屋全体を暖めるタイプの場合、設定している温度に比べて人が感じる温度はどうしても低く感じてしまいます。そのため、設定温度を上げようとしてしまいます。そうなったら省エネ効果は期待できません。もう一枚上着を羽織るなどの対策を講じましょう。

それでも寒いと感じるようであれば、体を直接温めるコタツやカイロ等を併用すると暖かく感じられるようになるでしょう。コタツを使うのなら、その上で温かい鍋をつつくのも良いですね。

暖房時間を減らして省エネ

冷たい外から帰ってきたとき、部屋のなかが温かいと天国のように感じられるでしょう。そして、ついつい長時間暖房機器を運転することにもなるでしょう。しかし、それでは省エネになりません。また、寝る直前になって暖房を切るという人もいるでしょう。それも省エネになりません。

暖房時間はできるだけ減らしましょう。そのためにはタイマー機能を使うのも良いでしょう。部屋の中の空気は暖まっています。暖房を切ったとしても急激に冷えるということはありません。寒くなってくればまた暖房を入れればいいのです。そうして、適切に暖房のオンオフをすれば省エネにもつながります。

ただし、注意点があります。最近のエアコンの多くは省エネ設計になっています。先のように暖房のオンオフをしなくても、自動的にオンオフをコントロールしてくれます。そのため、人がエアコンのオンオフをするとかえって電気代を消費することになってしまいます。省エネは、エアコンに任せておきましょう。

暖房機器の組み合わせは省エネになる

先に説明したように、エアコンのように温風で部屋全体を暖める機器の場合、設定温度を高くしても人は寒く感じてしまいます。そんなときは、エアコンの設定温度をあげるのではなく、別の暖房機器と併用すれば省エネにつながります。

体の一部を直接温めるコタツやカイロなどを使えば、低い設定温度でも暖かく感じられます。特に大勢が集まることができるコタツは、下半身が温められて血流がよくなり全身が温まります。なかにはホットカーペットを愛用している家庭もあるでしょう。ただし、ホットカーペットはコタツの2倍以上の電気を消費してしまうこともあるので注意が必要です。省エネのつもりで、エアコンとホットカーペットを併用していたものが、かえって電気代がかかってしまうことにもなります。

この他にも、エアコンと石油ファンヒーターを併用するのもいいでしょう。そうすれば、短時間で部屋のなかが暖まり省エネにつながります。もちろん、部屋のなかが暖まればどちらかの運転は中止します。

暖房の工夫で電気代節約

空気は温められると膨張します。つまり、それだけ軽くなるのです。その結果、暖かい空気は上にゆき、冷たい空気は下にきます。エアコンを使うときは、この上下二層になった空気を循環させる必要があります。そうでなければ、下にいる人は冷たいままです。

風向きは下にしましょう。そうすれば、エアコンから出た暖かい空気は上に向かって行くため部屋全体が暖まるのです。なお、エアコンから出た風が体に直接当たってしまうと寒く感じることがあるので、人の体に当たらないように風向きを調整するといいでしょう。

まとめ

使う暖房機器には電気代を含めてメリットとデメリットというものがあります。また、ちょっとした工夫や暖房機器を組み合わせることでも電気代を抑えることもできます。これらはいずれも簡単にできることばかりです。また、これらは自分のライフスタイルに合わせることもできます。この冬はこれらの省エネ術を実践してみてはどうでしょうか。

関連記事はこちら

 - ライフハック

ページ
上部へ