時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

道路交通法は自転車が従うべき信号を規定しています

      2015/11/20

道路交通法は自転車が従うべき信号を規定しています

自転車に乗って道を走っているとき、自転車は車の信号に従えばよいのか、歩行者の信号に従えばよいのか迷うことも少なくありません。

自転車はどちらの信号に従えばいいのでしょうか?

それは、道路交通法によって規定されています。

今回は、自転車が従うべき信号とその意味について紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


道路交通法上自転車が従うべき信号

道路交通法は自転車が従うべき信号を規定しています。それは、自転車で交差点に差し掛かったとき正面にある信号機の信号です。かんたんいいえば、目の前にある信号だということです。自転車は自動車と同じ扱いをするので、車と同じルールが適用されます。

これは、自転車に乗って常に車道を走っている人には常識的なことでしょう。しかし、いまでも見られるように常に歩道を自転車で走っている人にとっては意外なことだと思われるかもしれません。なぜなら、自転車に乗っている自分は車と違って歩行者と同じだと考えているからです。

歩行者自転車専用信号機が設置されている交差点でも事情は同じです。自転車用横断帯があるのでその信号機の指示したがうものだと考えがちですが、その信号機は車道の上に設置されていません。あくまでも横断歩道を渡る歩行者のためであり、車の交通整理をするものではありません。したがって、自転車がその信号機に従う必要はありません。あくまでも、車道の上にある正面の信号の指示に従いましょう。

道路交通法上自転車が従うべき信号の例外

自転車の場合、先に説明したルールにもいくつかの例外があります。それは、左折するときと、横断して右折する場合の2つです。

自転車に乗って交差点に差し掛かり正面の信号が青で左折すると、左折した先の信号は赤のままです。このとき、赤信号で止まる必要はありません。そのまま直進しても問題はありません。これは車と同じです。反対に左折した先が青信号になるのを待っていると、こんどは元の信号が青になって自転車に乗っている人は危険にさらされることにもなりかねません。

青で交差点を渡った後に右折する場合もこれと同じです。青で交差点を渡り、その後に右折しようとすると、右折先の信号も赤のままです。このときも、赤信号で止まる必要はありません。そのまま直進できます。ただし、交差点で右折する場合、右折したあとは右折先にある正面の信号の指示に従う必要があります。そのまま直進してはいけません。

これらの例外はいずれも、車にはないルールで、斜め右折が禁止されている自転車特有のルールだといえるでしょう。

自転車が従うべき信号の種類

自転車が従うべき信号の種類は、車道を走るとき、自転車横断帯を横断するとき、横断歩道を横断するときによって違ってきます。

車道を走るとき。三灯式の一般の信号機、または、この信号機の下に「自転車専用」と描かれている自転車専用機のいずれかです。なお、この二つが一緒の場所にあるときは、後者の自転車専用機の信号機に従います。

自転車横断帯を横断するとき。自転車専用信号機、または、この信号機の下の「歩行者自転車専用」と描かれている歩行者自転車専用信号機のいずれかです。

横断歩道を横断するとき。歩行者専用信号機、または、歩行者自転車専用信号機のいずれかです。なお、自転車も横断歩道を渡るときは歩行者と同じ扱いになります。そのため、自転車であっても歩行者専用信号機に従う必要があります。

基本的に、自転車は車と同じに扱います。しかし、例外的に歩行者と同じように歩道を走ることも許されています。そのため、ここに見られるようにルールが複雑になってしまいました。これをきちんと理解できている人は少ないかもしれません。

自転車が従うべき信号の意味

信号の意味は分かっているようで意外と分かっていない人も少なくはないでしょう。

青信号。基本的に「進め」ということです。交差点では、直進と左折することができます。ただし、車と違って右折は禁止です。まず、直進して交差点を渡り、改めて右折先の信号に従って右折します。いわゆる二段階右折といわれる方法です。

青信号の点滅または黄色信号。基本的に「止まれ」です。赤信号になるまでの猶予ともいえるしょう。停止線の前に行ってはいけません。赤になっていないからいいや、と思って交差点に突入する人も少なくはないでしょう。でも、危険な行為です。止めましょう。

赤信号。「止まれ」ということです。ただし、青で交差点を渡っている途中で赤信号になったからといって、そこで止まってはかえって危険です。そのまま走って問題はありません。むしろ、走るべきです。

直進の矢印

そのまま直進して問題はありません。

左折の矢印

交差点に入って左折しても問題はありません。

右折の矢印

自動車と同じように右折してはいけません。自転車にとっては「止まれ」を意味しています。

自転車が信号を守らない場合の罰則

いわゆる、信号無視というやつです。赤なのに停止位置を越えてしまった場合、黄色で停止位置に止まれたはずなのに、それを超えてしまった場合、いわゆる斜め右折した場合がそれに該当します。3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金に処せられます。

確かに、自転車に乗っていて信号無視で捕まったという話は耳にしないかもしれません。しかし、最近になって歩行者に自転車が衝突して相手を死亡させる事故も起こっています。そのため、警察も取り調べを強化しています。安易に考えるとあとで後悔することになります。

まとめ

先に説明したように、自転車は基本的に車と同じように扱うにも関らず、状況によっては歩行者と同じように扱うこともあります。

そのため、自転車に乗る人の間に混乱が見られます。

まずは、自転車のルールをきちんと理解しましょう。事故を起こしたとき、「知らなかった」では済まされません。巨額の損害賠償を請求されるかもしれません。

自転車に乗る機会が多い人はくれぐれも注意しましょう。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ