時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

逃げちゃだめだ…! 嫁姑問題に悩まされる旦那がすべきこと

      2015/07/17

逃げちゃだめだ…! 嫁姑問題に悩まされる旦那がすべきこと

温かな家庭を築くはずだったのに、仕事で疲れて家に帰れば妻からの、母への文句が待っている。

同じく母からも涙ながらの陳述。

そんなことが続けば、全てを捨てて逃げ出したくなる…

これは、嫁姑問題を放置した場合に起こりうる結果です。

こと嫁姑問題においては、自分が逃げて解決することは何一つありません!

では、どうすればいいのか。その方法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


嫁姑問題は本人たちが解決すべき! そんな考えの旦那に、嫁は愛想を尽かす

嫁姑があまり良い関係ではない家庭では、夫が無関心を装っていることがあります。

夫にしてみれば、嫁姑は自分の妻と母親なので、どちらかの味方になることなどできません。

それに、もしも夫が嫁姑どちらかの側につくと、そうでない側は面白くありません。場合によっては、嫁姑の諍いに夫まで巻き込まれることにもなりかねないのです。

そのような事態が想定できるため、夫は「いっそ知らないふりをした方が得策だ」と考えるようになります。また、放っておけば、そのうち解決するだろうと思う夫も少なくありません。

しかし嫁姑問題は、そう簡単に解決するものではありませんし、お互いに不満やストレスが積もり積もると、大きな問題へと発展します。時には夫婦仲にまで影響が出て、離婚を考える嫁も出てきます。

嫁姑の間で問題が起きた場合、当事者同士で解決して、仲を修復するのは難しいと言えます。そこで解決の糸口を見つけられるのは、夫しかいません。

引用元-−-「離婚したい」を実現するために知っておく27の事柄

嫁姑問題、旦那に残されたリミットは○年!?

夫の調整能力のなさが、悪化の原因

どこの夫婦でも嫁姑問題は勃発しがちですが、それが離婚問題にまで発展してしまうのは、
その調整役として果たすべき役割が大きい、夫の調整能力が原因であることが挙げられます。

結婚後、3年ほどはなかなか夫もうまく調整ができないことは大目に見てあげてもよいでしょう。
嫁姑関係を取り持つことはとても難しいことなのですから。

しかし、結婚後全く調整を果たそうとしない夫、努力すらしようとしない夫が存在し、
これが非常に嫁としては困るのです。
いくら言っても、「おふくろだけが悪いのか!」「お前の態度が悪いからそうなんだろ!」とか、なかなか調整機能を果たしてくれません。

不器用であっても、
姑が暴言を吐いているのを耳にしたら、姑を注意するということをしてくれれば、嫁はいくらかは落ち着きます。
それができないなら、後から「おふくろがあんなこと言ってごめんね」と妻と同じスタンスに夫がいれば、全然妻の心は変わってきます。
しかし、不思議なことに、夫の横であからさまに姑にいじめられているにも関わらず、夫は知らんぷりなのです。
非常に不思議。

引用元-−-女性をしっかり支える離婚相談

特に同居の場合は、旦那による嫁姑仲の調整が不可欠に

本当の親子のように姑と嫁が上手くいくケースはほとんど稀です。一見うまくいっている様に見えても内心はお互い我慢している部分もあるでしょう。
夫となる男性とはある程度の付き合いを経て一緒に生活するのですが、夫の親となると、よく知らない状態で生活を共にする訳ですから、合わない場合には予想以上にストレスがかかります。
結婚前の段階で同居の話を出さなくても、結婚後に手のひらを返したように同居前提で話が進められるというのも、妻にとっては不信の元となります。

自分の親と自分の妻、男性にとってはどちらも身近で大切な女性である事に変わりはありませんが、だからといって仲良く出来ないから妻を非難するというのも酷な話です。
特に同じ女性という事で、微妙なテリトリーやルールというものがありますから、夫としては妻を守って母との関係を調整してあげるように立ち回ってあげた方が夫婦関係もスムーズに働きます。

引用元-−-結婚の理想と現実を知り幸せな結婚生活を!

嫁姑問題における、旦那のベストな行動”最初に味方するのは○○”

c00cb8e6ff7e2818222685c824b922c4_s

あなたはどちらの味方をしたほうが正解だったのか。ある意味究極の選択かもしれませんね。比較的多いのは「うるさいからその場では母親に同調して、妻にはあとでフォローをする」という答えのようです(例に挙げた聞こえないふりをした旦那さんがいい例ですね)が、これは非常にキケン。メンタリストの立場から言うなら、最初に味方すべきは絶対に「妻」です。

息子にとって母親はいくつになっても自分を守ってくれる、許してくれる存在です。でも妻は違います。妻はあなたが守らなければいけない存在。そうした三者の立場と役割を考えたら、まず妻の味方をして、あとで母をフォローするのが最善策なのです。

さらに女性脳の特性を考えても妻を味方するべきでしょう。女性脳には拡大思考といって、過去に起きたこともすべて今とつなげて現在進行形として考える傾向があります。ですから一度でも夫が母親側につくと、奥さんは「あのとき私の味方をしてくれなかった」と、その先何十年も事あるごとに持ち出され、なじられ続ける可能性もあるのです。

一方、母親が持っているのは、子どもの頃や反抗期に衝突しても息子はずっと自分を慕ってくれたという過去です。その過去が現在につながっているために、息子が嫁の味方をしても最終的には許してくれるのです。

ですから立場と役割、脳の特性を考えれば、「妻の味方につく」がベストな選択です。ちなみに最悪なのはどっちつかずな態度。間違いなく両方を敵に回すことになります。

引用元-−-ダイヤモンド・オンライン

特に問題の起きやすい子育て 姑(母)のアドバイスはどうすればいい?

お姑さんからアドバイスされてママが感じること

ママは育児書を読んだり、ママ友と情報交換をしながら、自分と赤ちゃんにとって最善な方法を探しています。

ポイント
お姑さんがくれるアドバイスはありがたいのですが、ママは「自分で一生懸命子育てをしているのに、それを否定された」と感じてしまいがち。

これは「姑」という立場の難しさが原因でもあるでしょう。同じことをママ友に言われると素直に聞き入れられるのに、お姑さんに言われるとおもしろくないと感じてしまうのです。

また、育児に対して口を出されることで「監視されているようで気が休まらない」と、精神的なプレッシャーを感じることも。

アドバイスはパパに伝えてもらおう

お姑さんがあまりにも時代錯誤で見当違いなアドバイスをする時は、パパもハッキリと
「今はそういうやり方はしないから、余計なことは言わなくていい」
と言えるでしょう。

問題は、よかれと思ってしてくれるアドバイスをママが受け入れない時です。
その場合は、まずパパから

「自分たちなりのやり方で育児をしたいから、黙って見守ってほしい」
ということを伝えましょう。

ポイント
ママからではなく、パパからそう伝えると、アドバイスを受け入れてもらえないお姑さんの気持ちも緩和しやすいもの。その上で、孫を見ていて何か気になることがあれば、嫁ではなく自分に言ってくれるようにお願いしましょう。

ポイント
お姑さんから直接言われるとママも反発してしまいますが、パパを介してワンクッション置くことで、アドバイスに耳を傾けることができるようになります。
自分の母親とママの間に立つというのは、気が進まないパパも多いでしょう。しかし、パパになったからには自分の家庭を守ることが一番大切です。

お姑さんとママがほどよい距離感を保てるよう、パパも協力してあげてください。

引用元-−-BabyNET

嫁姑問題で、旦那としてすべき行動の指針とは?

【夫の行動指針その1】嫁と姑の「意見」や「相違」の橋渡しをする

先ほどの基本ステップの1〜2の期間は、嫁と姑の「意見」や「相違」の橋渡しをします。
意識してほしいことは、この期間は「嫁」と「姑」は本質的には赤の他人だということ。
そのことを意識して、積極的に二人の中に入っていき、その橋渡しをしていきましょう。

具体的には、嫁と姑が会話(結婚式、子育てなど・・・)をしていた時に、価値観の違いなどから誤解が生まれたりや間違った解釈が伝わる事があった場合、赤の他人の嫁姑だけでそれを解決するのではなく、お互いのことを良く知っている夫が間に入り、適切な解釈を両者に伝えていきます。

引用元-−-子育て応援歌

【夫の行動指針その2】優先順位を明確にする

結婚とは家庭を持って自立する事であり、夫にとっては親離れ、姑にとっては子離れのタイミングです。
今までは家族が一番強いつながりだったかもしれませんが、これからは「夫婦」が一番強いつながりになります。
これは、両親を犠牲にするとかそういう話ではありませんよ。
両親をこれからも大切にするというスタンスのは変わらずに、それ以上に夫婦関係を大切にするということです。

例えば、あなたの家庭における物事の決定権は夫と妻にあるにもかかわらず、「姑」がそこに割って入るようなことがあれば、夫が姑にそういった行為をやめるように促したり、妻に姑の意見は参考程度に考え、それを絶対視する必要は無いことを伝えたりします。
血のつながった親子にはこれまで長年培ってきた太いパイプとなった関係性があります。
多少の無理を夫から姑に伝えてもその関係性が崩れることはないので、夫は安心して家族としての意見を姑に伝えていきましょう。

引用元-−-子育て応援歌

【夫の行動指針その3】「夫」が率先して夫婦としての考え方を「姑」に伝える

夫が自分の母親に妻の言葉を伝える時、「嫁がこういっているから」ではなく、「私達はこう考えているから」にしましょう。
「私達は・・・」と表現すると、「夫の意見」もその意見の中に含まれることになります。
そうすると、姑も「また嫁が・・・」と感じることなく、夫婦の意見として捉えることができます。
逆に言うと、「嫁がこういっているから・・・」というのは、嫁姑問題を加速させる方向に向かわせるのでやめておきましょうね。

引用元-−-子育て応援歌

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ