時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

赤ちゃんの血液型が知りたい!検査はいつ頃すればいいの?

   

赤ちゃんの血液型が知りたい!検査はいつ頃すればいいの?

最近は、赤ちゃんの血液型の検査を病院でしなくなりました。

新米ママは当然血液型をそしえてくれるものと思っている人が多いので、なんだか不安になってしまいます。

我が子の血液型は知っておきたいもの、いつ頃から検査ができるのでしょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


少し前まで、赤ちゃんの血液型を検査していたワケとは

少し前まで生まれた赤ちゃんの血液型は、病院で退院までに検査をしておしえてくれたものでした。ですからかなりの人たちが自分の血液型をわかっています。

今まで病院で新生児の検査をしてくれていたことには、実は重大な意味がありました。

新生児の赤ちゃんの血液を採取していた本来の目的は、先天性の病気があるかどうかを調べるために行われていました。

赤ちゃんの足の踵の部分に小さな針をちょこんと刺して、そこからほんの少しだけ血液を採って調べるという検査方法です。

この時に先天性の病気を調べれ事だけではなく、同時に血液型が何型なのかも調べていました。そして病院のサービスの一環として、親に血液型をおしえるという方式をとっていました。

然しながら検査が本来の目的である先天性の病気の発見にのみ行われ、病気の予防や治療をすることになりました。このため今迄のように血液型を調べて、赤ちゃんの退院までに親におしえることはなくなりました。

赤ちゃんの血液型を、知っておく必要はあるのでしょうか?

そもそも赤ちゃんの血液型を知らないと、なにか良くない事でもあるのでしょうか?事故にあったり病気になったりしたときに、緊急に輸血しなければならなくなったりしたら血液型をすぐにお医者さんに告げた方が処置が早いと思う親御さんもいるかもしれません。

でもよく考えてみてください。もし親御さんの言うとおりの血液型で処置をしてしまったら、親御さんの記憶違いだったり間違った血液型をしらされていたりしたらどうなるでしょう?命取りになってしまうかもしれません。

病院やそれに準ずる施設で輸血をするような時には、もちろんきちんと血液型の検査が行われてから処置をします。ですから、血液型を知っていたから処置が早くなるということはないのです。

日本人は血液型による性格を気にする習慣があります。これは諸外国にはあまりなく、日本人に顕著にみられるようです。血液型占いなどを信じるのも、日本人の特徴のようです。こういう風習があるために、自分の血液型がなにかを知りたい人も多いのではないでしょうか。

血液型を知るためにいつどんな検査方法を受ければいいの?

それでは血液型を知るために、現在どんな検査方法があるのかを調べてみました。血液型を知る方法はいくつかありますが、ここでは一般的な病院で行われるABO血液型検査について説明していきましょう。

ABOなどの血液型を正確にきちんと知るために必要なのは、血液中の赤血球の「抗原」の型が何であるかと、血清中の「抗体」の型がなんであるかを調べなくてはいけません。この「抗原」の型と「抗体」の型の組み合わせによって、ABO式の血液型がわかります。こちらの検査は、血液を少量採取して行われます。

A型とは、赤血球上にA抗原があり、血清中にB抗体を有するものをいいます。
B型とは、赤血球上にB抗原があり、血清中にA抗体を有するものをいいます。
AB型とは、赤血球上にA抗原およびB抗原があり、血清中には抗体を欠くものをいいます。
O型とは、赤血球上にA、B抗原がなく、血清中に抗Aおよび抗Bを有するものをいいます。

この組み合わせによって、血液型が何型なのかの判定が下されることになります。

赤ちゃんの血液型を調べておしえてくれなくなった理由は?

ABO式の検査につきましては先程述べましたが、検査では血清中の「抗体」の型がなんであるかがわからないといけません。

ところが新生児の血漿内では、A抗体とB抗体が実はまだ全く作られていないのです。このために検査ができくなっています。

たとえ無理を言って検査をしたとしても、ママから赤ちゃんにうつった抗体が影響してしまいそのためママの強い反応が出て赤ちゃんの正確な血液型が出ないこともあります。

その上新生児の赤血球側のA抗原・B抗原の反応がとても弱いせいもあって、検査結果が正確とはいいきれません。

このため赤ちゃんの時に判定された血液型と、大きくなってからの血液型が違うというトラブルがちょうじてしまう事もあります。これでは親も本人もパニックになってしまい、あらぬことまで想像して苦しんだり不信感をもったりしてしまうかもしれません。

このように血液が不安定で確率していない時に、わざわざ調べる必要もないので赤ちゃんのうちに検査をしなくなったのです。

子供の血液型は、いつから調べられるのでしょうか?

それでは子供の血液型は、いったい何歳ぐらいから調べられるのでしょうか?赤ちゃんの血液が安定してくるのは1歳をすぎてからです。1歳を過ぎると血液検査をしてくれる病院がでてきます。

ですがあかちゃんの赤血球上の抗原はまだ未熟で成長過程です。2〜4歳で成人並みになると言われています。より正確な検査をするためには、4歳をすぎてからが良いようです。

ただ子供の血管は細いため採血がしにくいという欠点があります。時間がかかったり、うまくできずに何回も針を刺し直したりすると子供に注射や病院に対する恐怖を植え付けてしまう可能性もあるので検査がひつようなのかよく考えましょう。

検査の費用ですが、病気や怪我でない場合の検査は保険適用外になります。病院によってもかなり検査料が違いますので、料金が負担になる場合は事前に調べたり病院の問い合わせをした方がいいかもしれません。

また、花粉症などのアレルギーや病気で採決をした場合に、血液型を聞いてみるという手もあります。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ