時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

赤ちゃんが成長曲線よりも大きいと問題があるの?

      2015/10/08

赤ちゃんが成長曲線よりも大きいと問題があるの?

他人と比べても意味はないと分かっていても、我が子が他の赤ちゃんよりも大きいと心配するママさんは多くいます。

では、そんな赤ちゃんには何か問題があるのでしょうか?

今回は、そんなママさんのために、赤ちゃんの成長曲線の正しい見方を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


赤ちゃんの成長曲線とは

赤ちゃんを出産すると産後は休む暇もなく、ママさんにとって忙しい育児の毎日がやってきます。

そして、生後1ヶ月から始まる定期検診で、毎回我が子の身長や体重を測ることになります。

そのため、我が子の成長を日々実感することにもなります。

一方、我が子の発育の度合いも心配になってくるでしょう。

「他の赤ちゃんと比べると小さいけど大丈夫なの」とか「よく大きいと言われるけど大丈夫なのかしら」等々。そんな時に便利なのが、成長曲線です。

成長曲線とは、厚生労働省が10年ごとに発表している、全国の乳幼児の身長や体重を男女別に集計したデータを元にして乳幼児の成長推移を表したグラフのことです。

これは、母子手帳にも記載されています。

そのため、乳幼児を持つママさんにはお馴染みでしょう。

でも、その使い方を知らない人もいるかもしれません。

これは、乳幼児の身長・体重の測定値を表に記載することによって、我が子の成長度合いの目安ともなるのです。

成長曲線より大きい赤ちゃんはダメ?

我が子の身長や体重がこの成長曲線の表を上回っているとダメなのでしょうか?

赤ちゃんの成長度合いを示す成長曲線は、パーセンタイルという統計手法によって作成されています。

簡単にいえば、サンプル全体の約94%の赤ちゃんの成長度合いを表したものが成長曲線です。

逆にいえば、残りの約6%の赤ちゃんは成長曲線と異なった成長をして表を下回ったり上回ったりします。

つまり、同性同年齢の子供と比べて著しく違いが感じられない場合は、この約6%の中に含まれていると思ってください。

心配する必要はありません。

ただし、身長や体重がこの成長曲線から著しくはみ出している場合は、成長不良や臓器の疾患、成長ホルモンの分泌不足等の疑いがあります。

もしも何か気になることがあれば、定期検診のときにお医者さんに相談すると良いでしょう。

いずれにしても、赤ちゃんの病気を早期に発見し治療につなげることがなにより重要です。

小さなサインも見落とさないようにしたいものです。

赤ちゃんの成長曲線 6ヶ月までの行動と特徴

ここからは、赤ちゃんの行動と特徴を見て行くことにしましょう。

まずは、6ヶ月まで。

0ヶ月〜1ヶ月

1日の半分以上は寝ています。

ぼんやりとではありますが、目は見えています。

また、耳は聞こえているので親の声は認識することができます。

1ヶ月〜2ヶ月

目の前にある物を目を使って追いかけることができるようになります。

バタバタと足を動かしはじめるのもこの時期です。

2ヶ月〜3ヶ月

「あー、うー」と喋りはじめる赤ちゃんが出てきます。

この頃になると首の筋肉が発達してくるので、うつ伏せの状態から少し顔を上げることができるようになります。

3ヶ月〜4ヶ月

この頃になると、首がすわってくる赤ちゃんも出てきます。

4ヶ月〜5ヶ月

今まで急激に増えていた体重の増加はゆっくりになります。

また、この頃になると社会性というものが備わってくる赤ちゃんも出てきます。

5ヶ月〜6ヶ月

この頃になると、寝返りをはじめる赤ちゃんが出てきます。

赤ちゃんの成長曲線 1歳までの行動と特徴

次は、1歳までの特徴です。

6ヶ月〜7ヶ月

歯が生える赤ちゃんも出てきます。

お母さんは虫歯から守ってあげましょう。

赤ちゃんによっては夜泣きする子もいます。

両親のストレスが高まるのもこの頃です。

7ヶ月〜8ヶ月

お座りができるようになる赤ちゃんが出てきます。

また、足の力が強くなっている赤ちゃんは、誰かが支えてあげれば立つこともできます。

8ヶ月〜9ヶ月

この頃になると、はいはいをはじめる赤ちゃんが出てきます。

自由に両手が使えるようになるので、おもちゃを与えるにはちょうどいい頃でしょう。

9ヶ月〜10ヶ月

親が相手をしてあげなくても、一人で遊べるようになってきます。

お母さんの負担も少しは軽減されるでしょう。

10ヶ月〜11ヶ月

いろんな言葉を赤ちゃんが喋るようになります。

親子の会話ももうすぐです。

この時期は、離乳食を朝、昼、晩と1日3度にするタイミングでもあります。

11ヶ月〜12ヶ月(1歳)

この頃になると親の喋る言葉の意味が理解できるようになってきます。

そのため、少しずつ親子の会話ができるようにもなってきます。

大きい赤ちゃんでも気にしない

もしかして、成長曲線と我が子の数値を比べて、不安が募ってきたというママさもいるかもしれません。

しかし、成長曲線はあくまでも目安だということを分かってください。

先に説明したように、約6%の赤ちゃん、つまり約10人に2人はこの成長曲線とは異なった成長を遂げることになるのです。

また、生まれたときの身長や体重は赤ちゃんによって個人差があります。

特に初めての育児でなおかつ周りに相談する人が誰もいない場合などは、どうしても他の赤ちゃんと比べてしまいがちになります。

その結果、両者に差があれば不安になってしまうのも無理はないでしょう。

それでも気になるようであれば、小児科のお医者さんに相談したり、近くの保健所で開催している育児相談会を利用してみるのもいいでしょう。そ

うすれば、気分的にも落ち着くでしょう。

毎日の子育ては楽しみたいものですね。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ