時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

誕生日メールの返信に返信しますか? その内容は?

      2015/10/12

誕生日メールの返信に返信しますか? その内容は?

誰でも誕生日メールはもらって嬉しいものです。

そして、多くの人はそのメールに返信をするでしょう。

では、誕生日メールを送った当人は返信に返信するべきでしょうか?

これは悩む人も多いでしょう。

今回は、そんな人のためにもらって嬉しいメールの内容を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

スポンサーリンク


どのくらいの人が誕生日メールの返信に返信するか

まず、どのくらいの人が誕生日メールの返信に返信するかを見て行くことにしましょう。

結論からいうと、ほとんどの人が誕生日メールの返信に返信はしていません。

ただし、そのメールに返信すべき内容が書かれているのであればそうではありません。

また、「こんど会わない」というような内容が書かれていれば話は別です。

もしもそれでは無愛想だと思うのであれば、文章ではなく絵文字や顔文字を入れて返信するのも一つの手です。

誕生日メールの返信に返信をするということは、

 当人:「誕生日おめでとう」
 相手:「ありがとう」
 当人:「いえいえ」

という感じになるでしょう。

しかし、相手から「ありがとう」という返信があった時点でメールを読んでくれたことが分かるので、多くの人はそれ以上の返信は必要ないと思っているのでしょう。

もしも、返信を続けたいと思っているのなら、あまりしつこくしないことが重要です。

それがメール関係、つまり友達関係を長く続かせる秘訣だからです。

誕生日メールの返信に返信は必要か

次に、誕生日メールの返信に返信は必要かどうかを見て行くことにしましょう。

これも結論から先に言います。

誕生日メールの返信に返信は必要ありません。

むしろ、返信に対する返信は相手にいらぬ思いをさせることにもなります。

誕生日メールは相手にお祝いの気持ちを伝えるのが一番の目的です。

したがって、相手から帰ってきた返信に対して、新たに何を伝えればいいのでしょうか。

もしもなにか伝えたいことがあれば、これとは別に伝えればいいのです。

さらに、誕生日メールの返信に返信が返ってきた人、つまり誕生日を迎えた当人の立場になって考えてみましょう。

メールを送ってくれた相手に「ありがとう」という気持ちを伝えたのに、さらにメールが返ってきてしまいます。

当人は、「もしかして何か悪いことをしたのかも」と変に勘ぐることにもなりかねません。

このように、誕生日メールに返信をしないのは少し問題があるかもしれませんが、その返信にさらに返信する必要はまったくありません。

普通のメールの返信に返信は必要か

次に、普通のメールの返信に返信は必要かどうかを見て行くことにしましょう。

誕生日メールと普通のメールは違います。

誕生日メールは「おめでとう」という気持ちを伝えるために送ります。

したがって、相手から返信があったとしても、それ以上伝えることは基本的にありません。

もちろん、返信するなんらかの内容が書かれている場合は別ですが。

しかし、普通のメールはそうではありません。

普通のメールを送るということは、なにかしらの「用件」があるはずです。

その用件が片づかないうちにメールのやり取りを一方的に打ち切るのは相手に失礼にあたるし、相手も気分を害するでしょう。

ただし、先に説明したように、あまりしつこくしないことが重要です。

返信することが相手にとって重荷になってしまっては逆効果になってしまうし、友人関係にヒビが入ることにもなりかねません。

あまり重い内容にするのではなく、相手がサラッと返せる内容にしてあげるのも、友人関係を長く保つコツだともいえます。

元恋人に送った誕生日メールの返信は復縁のサインか

次に、復縁活動中の人が気になる、元恋人に送った誕生日メールの返信について見て行くことにしましょう。

元恋人の誕生日に復縁の願いをこめて送ったメール。

そのメールに返信があった場合は、復縁OKと見ていいのでしょうか?

残念ながら、相手にとってそのメールはたくさん届いた誕生メールのなかの一つにしか過ぎないことはよくあります。

では、まったっく脈はないのでしょうか?

いや、そうではありません。

返信されたメールの内容によります。

元恋人からプレゼントをせがまれた。

そんな時は、相手にはまだ誕生日を祝ってくれる新しい恋人がまだいない確率が高くなります。

まだ一人であることを告げられた。

寂しさを我慢できない状況であると思っていいでしょう。

こちらからの持って行きようで復縁の可能性はあるでしょう。

いずれにしても、返信されたメールの中には復縁をアピールするサインが隠されていることがよくあります。

なぜなら、元恋人とって誕生日という特別な日に送ってくるメールの中には、特別な気持ちが込められている確率が高くなるからです。

いざという時のために、チャンスを見逃さない「目」を養っておきたいものです。

相手が喜ぶ誕生日メールの返信方法

最後に、相手が喜ぶ誕生日メールの返信方法を見ていくことにしましょう。

嬉しい気持ちを素直に表現する。

これは何もメールに限った話ではありません。

プレゼントをもらった時も同じことが言えます。

特に女性の場合は、少し大騒ぎするくらいが丁度いいかもしれません。

そうすれば、相手も送ってよかったと思ってくれるでしょう。

決意表明をする。

単純に「ありがとう」だけではつまらないもの。

誕生日メールを送った相手も拍子抜けするかもしれません。

そこで、返信メールで決意表明をするのです。

例えば、「今年の目標は○○です!」のように。

そうして、それを有言実行すればいいのです。

英文を添える。

英文のメッセージを添えておしゃれに演出するのはどうでしょうか?

有名な名言でもいいし、相手が気に入っている曲の歌詞でもいいでしょう。

英文には日本語にはない独特のニュアンスがあります。

ただし、あまりやり過ぎると嫌味にもなるので、ほどほどに控えておいた方がいいでしょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ