時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

肩甲骨の可動域が大きくなると水泳が上手に?

2015.12.30

肩甲骨の可動域を広くすると、肩こりの解消や水泳がうまくなるのに有効です。

自宅に居ながら簡単なストレッチで肩甲骨回りを柔らかくすることで得られる満足感。

肩甲骨の動きを良くして「肩こり」スッキリ!

肩甲骨の可動域を広くして水泳がうまくなる方法とは

肩甲骨とは胸の背中側にあって、肩の部分に位置する三角形のような形をしていて左右に一対づつ存在しているものです。

役目はといえば腕と胴体をつないでいるもので、鎖骨に靭帯(強い結合組織)を介して繋がっていて腕を動かすための重要な部分となります。

肩を上下させたり腕を回したり自在にコントロールできるのはこの肩甲骨が重要な役割を果たしていることに他かなりません。

ほかの骨とは直接接触していないために、動きがやわらかく可動域が広いという特徴があります。

しかし、窮屈な姿勢をとったり運動不足だったりすると固くなりやすいために可動域が狭くなりがちです。

可動域が狭くなると、周りの筋肉も固くなって血行が悪くなり肩こりひどい人はさらに悪化していきます。

たとえば運動で水泳をされている方は可動域の影響が即座に出て、ひどい時は肩を痛めることもあり得ます。

腕の動きが水泳に及ぼすということは肩甲骨の動きが水泳に非常に大きく関係しているということです。

水泳は肩甲骨の可動域を広くすると有利かも!

水泳は全身運動なので人それぞれ目的は違っても体のためにはいい運動になるというのはだれでも思っていることと思います。

しかし、初めて水泳をする人にとってはいきなり泳ぐといってもなかなかうまくいくものではありませんね。

腕や肩甲骨を痛めてしまう可能性も秘めてています。

やはり、他人からの適切な指導のもとで進めていくのが基本であり、上達も早いと思います。

プールに入る前の準備運動としては体を柔らかくする簡単なストレッチ、首を回す、腕を回す、肩を上下前後に動かす。

さらには、肩甲骨を柔らかくする運動、たとえば腕を前に出して肘を曲げながら後ろに引くと左右の肩甲骨が寄ります。

最近でもないですが、減ってくると自動で調整されて距離を一定に保つようになっているのがほとんどです。

逆に腕を伸ばしながら左右の手をくっつけるようにすると、左右の肩甲骨が離れて伸びるようになります。

このような動きを上下方向でもやることによって、肩甲骨回りがほぐれて動く範囲、つまり可動域が広くなっていきます。

この可動域が広くなるというのは水泳にはたいへんな重要なことで、これが水泳のうまいへたを左右すると言っても過言ではありません。

水泳が上手になる方法を考える

水泳と言えばプールでというのが普通ですが、ひと昔前は学校にはプールが無く体育の授業は川や海で行っていました。

現代では考えられないことですが、それ以外には設備されていませんでしたのでしかたがありませんね。

日本で水泳が発達しはじめたのは江戸時代だと言われていますが、メディアで放映される時代劇などでは水泳のシーンはほとんど見かけませんね。

当初は遊びのひとつだった水泳も今ではオリンピックの正式競技にもなり、世界的にもかなりメジャーになりました。

水泳は人によって、趣味、健康、競技など目的の違いはあるにしても、誰でもせっかくなら上手く泳ぎたいと思いますよね。

水泳に興味のあるひとならば他人がきれいなフォームで泳いでいる姿みれば自分も幸せな気分になれます。

どんな目的であれやはり上手い人に教わったほうがだんぜん有利です。

腕や足の動かし方だったり、呼吸法、アフターケアなども含め丁寧に指導してくれるはずです。

よほど体に支障がない限りはある程度の水泳はできるようになることと思いますので是非教えてもらいましょう。

肩甲骨の可動域とは?

最近ブレーキの効きがわるくなったような気がするなぁ、異音もするし。

あなたの車はこんな状態じゃありませんか?

ブレーキから聞こえてくる異音には種類があります。

良い異音と悪い異音???

良い異音はブレーキの摩耗を警告してくれる音。

悪い異音は警告を無視した結果さらに大きくなった音。

変な音が出ると言っても素人には「なんか音がしてるなあ」くらいで終わっていることが多いのが現状です。

もちろん車に詳しい方でなければ異音の発生が異常なことなんだなんてわからないですよね。

最近の車は警告装置やセンサーなどがかなり発達してきていますので、メーターのところを見ればどこに不具合があるのか一発でわかるようにもなっています。

車に無頓着な人でも毎日運転していればなんかいつもとちがって、ブレーキから変な音がするなあと気づきやすいと思います。

それと違い、たまにしか車の運転をしないっていう人は変な音が出ても気づきにくいかもしれません。

ブレーキの異音はほっておくと重大な事故につながることもあり得ることなので、気づいたら修理工場で点検してもらいましょう。

肩甲骨が体に及ぼす影響とは

肩こりが原因でストレスになったり、仕事などにも支障をきたしたりという人が多い現代。

いろんな形で運動の仕方やあるいはサプリや薬を利用しての対策。

普通、肩こりをしている人でこの症状を重大視している方はそんなに多くないと思います。

しかし、あなどるなかれ肩が凝っていることで仕事にも影響して、退社せざざるを得なくなったという話も聞いたことがあります。

肩こりは肩回りに筋肉が筋肉疲労などで肩回りが固くなって動きが悪くなることで発生します。

特に肩甲骨の回りに疲労が出てくると腕が上がらなくなったり、猫背になったりと人の体が自然に動くことに対して、反抗します。

ストレッチなどで肩甲骨の動きを良くすることで肩こりが解消したり、ストレスが減ったり、いろんな意味でいいことが訪れることでしょう。

つまり、体の柔軟性を高めることはある意味で運動であり、健康的でもあり、総合評価が人間の体に対してプラスになるということです。

 - スポーツ