時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

肝臓が機能低下したら入院のおそれあり!?

2015.8.18

肝臓は、病気になっても痛みを感じないため、健康診断や血液検査などで調べる必要があります。

兆候を放っておくと機能低下から悪化の一途をたどってしまいますので、早めの治療が必要です。

病状によっては入院になります。

今回は入院する必要のある肝臓の状態について、調べてみました。

入院が必要な肝臓の状態

肝臓の検査で入院が必要になる場合もありますが、まずは採血検査で数値を確認しますから最初は通院です。

肝臓は投薬も負担になるので基本的には安静が第一となります。

自宅でもおとなしく様子を見ていれば大丈夫と思われます。

しかし劇症肝炎など、短時間で命に関わる状態になる場合もありますので、発症してから2週間くらいは大事をとって入院したほうが安心かもしれません。

肝臓の機能が悪化していれば画像検査や、細胞を顕微鏡で確認する生体検査を受けることもあります。

肝臓は、肝炎、肝硬変、肝臓ガンと症状が悪化していきます。有効な対策は早期の発見と治療です。

肝炎は、ウイルス性によるものなら投薬もありえます。

アルコール性の場合、患者を酒類から遠ざけるための入院もありえます。

薬剤性の場合は細かい試験を経て慎重な治療が必要になります。黄疸があれば入院治療を受けます。

自己免疫性肝炎の場合も入院して投薬する治療があります。

治療薬となるステロイドを服用すると免疫力が低下して感染症に見舞われる恐れがありますから、自宅での療養はできません。

肝臓の病気で入院する期間の目安

自覚症状があまりなく、放置して悪化する肝臓の病気は、突然重篤になって入院ということも充分ありえます。

ウイルス性の肝炎も潜伏期間があり、急性肝炎から慢性肝炎へと経過を辿るのが一般的です。

劇症肝炎になると命に関わる緊急性が発生します。

A型肝炎は通常、急性イコール軽度と甘くみていて劇症肝炎に発展し慌てる可能性もあります。

肝臓の検査だけなら1泊2日でだいたい終わります。

A型、B型のウイルス性肝炎は一過性で済むことが多く、平均的な入院期間は1ヶ月前後。再感染はしません。

食欲がない時に点滴をして様子をみます。

慢性肝炎になると、肝硬変への悪化を防ぐために抗ウイルス剤を投薬したり、炎症を抑える肝庇護薬を用いたりします。

ステロイドは慢性肝炎の症状を急性肝炎の状態に引き戻してウイルスを叩くために投与される場合があります。

治るまで入院というわけではなく、1ヶ月入院したあと通院治療というのが一般的のようです。

肝硬変で入院する場合は3週間〜6週間前後で、手術する場合もあります。

肝臓ガンは内科的治療で通院して投薬を続ける治療方法もありますし、外科的手術を受けて3週間くらい入院する場合もあります。

いずれにせよ症状によりますので、医師と治療方針についてよく確認しましょう。

肝臓が機能低下した時の症状って?

肝臓には神経が通っていないので、直接的な痛みなどを自覚することはありません。

けれども体内を巡る血液に働きかけて体調のコントロールを担う肝臓ですから、機能が低下してくれば現れる症状もあります。

もっとも顕著なものが黄疸です。

赤血球が古くなると肝臓が分解して胆汁に廃棄しますが、肝臓が働かなくなると赤血球から黄色いビリルビンという色素が胆汁ではなく血液に混ざって、眼球や皮膚が黄色くなります。

黄色人種は皮膚では分かりにくいので、眼球で判断します。

ほかに、微熱や倦怠感、頭痛、足のむくみ、ひどい眠気や逆に不眠といった疲労症状や、食欲がなくなる、体重が落ちる、お酒に弱くなる、息切れしやすくなるといった自覚症状があらわれます。

しかし単なる体調不良とあまり変わらず、ムリが利くため見過ごされやすいことも確かです。

もう少し病気っぽい兆候としては、便が白くなる(脂肪便)、尿が濃くなる(黄褐色)、爪が白くなる、掌の赤味が増す、首や肩や胸などに赤い斑点があらわれる(クモ状血管腫)、肌荒れ、シミやかゆみ、あざができやすくなる(皮下出血)、鼻血や歯茎から出血しやすくなる、胸に痛み、乳首にしこり、吐き気や膨満感といった内容が挙げられます。

もちろん必ずしも肝臓が原因とは限りません。気になる症状があれば検査をお勧めします。

肝臓が機能低下すると何が起こる?

肝臓は血液を通して体を健康に保つ働きをしています。

具体的には主に毒性のあるアンモニアや有害ウイルス、細菌、薬の成分といった異物を血液から取り除いて尿などで排出します。

アンモニアは疲労物質なので、肝臓がアンモニアを除去できなくなると体が疲れることになります。

それ以外にも、肝臓は胆汁酸塩を作って脂肪やビタミンの吸収をうながしたり、炭水化物、脂質、たんぱく質をエネルギーに換える働きをします。

筋肉を動かす際に必要なクレアチンも肝臓と腎臓で生合成しています。

それからグリコーゲンを貯蔵してグルコースとして使い、血糖値を調整しています。

肝臓が機能低下すれば、これらが正常に作られないので脂臭い脂肪便になったり、食欲が減退したりします。

現在の段階では仮説ですが、肝臓がセロトニン、ノルアドレナリン、副腎皮質刺激ホルモンの分泌に関係していて、これらの神経伝達物質が肝臓の機能低下によって分泌されないとすれば精神疲労、脳疲労も引き起こす原因になっているかもしれないと注目されています。

肝臓の機能低下の原因って?

肝臓が弱るのは主に生活習慣が負担をかけるせいです。

特に食生活が偏ると、肝臓は通常よりも体の機能を維持するために余計な仕事をしなければならなくなります。

たとえば1日3食の適度なブドウ糖が補給されないだけでも、肝臓は貯蔵庫からグリコーゲンを分解してブドウ糖に変換しなければなりません。

早食いや大食い、空腹から極端な飲食で急激に変化する血糖値を調節するのも肝臓の役割です。
ダイエットもバランスの良い食事をしないと、危機感から肝臓が脂肪を貯蔵しすぎて脂肪肝になります。リバウンドを繰り返すと、肝炎や肝硬変へと悪化していきます。

運動不足や睡眠不足も肝臓に負担をかけますから、ダイエットする時は適度な運動と総カロリーを減らしたバランスの良い食事を心がけて、快い睡眠をとるようにしましょう。

喫煙や薬の過剰摂取も肝臓に負担をかけます。

薬害を防ぐためには、自己判断による薬の長期服用は避け、医師に相談することが大切です。

便秘も肝臓に悪影響を及ぼします。

便が体内に蓄積されると排泄させたい有害物質が体内を巡ることになります。肝臓は余計な解毒作業を強いられることになります。

便秘を解消する場合も食生活や生活習慣の見直し、適度な運動が必要になります。

 - 健康