時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

肝炎に感染するのは歯科医院での治療にも原因があります

      2015/11/21

肝炎に感染するのは歯科医院での治療にも原因があります

意外に思われるかもしれませんが、実は歯科医院での治療でも肝炎に感染する可能性があるのです。

歯と肝炎という意外な組み合わせのウラには複雑に入組んだ問題点が潜んでいます。

今回は、歯科治療で肝炎に感染する仕組みとその背景を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


歯科治療で肝炎に感染する仕組み

歯科治療で肝炎に感染する仕組みには、2つの要因があります。歯科治療のときに使う麻酔薬の使い回しと、カートリッジ式になった麻酔薬です。

肝炎が感染するのは、経口感染と体液感染の二つです。つまり、歯科治療にきた患者が肝炎に感染していれば、麻酔薬を注射するときに患者の唾液や体液がその注射器に付着してしまいます。それを、別の患者に使い回しすれば肝炎に感染することになります。

このときに問題になってくるのが、麻酔薬がカートリッジ式になったことです。カートリッジの底はシリコンゴムでできており弾力性があります。麻酔薬を注射した後に力を抜くと、この弾力性が災いしてシリコンゴムは元の状態に戻ろうとします。そして、その力で患者の血液が注射器の中に逆流してしまうのです。

ここで、疑問に思うかもしれません。たとえ注射器のなかに患者の血液が逆流したとしても、それを使い回ししなければ済むだけの話ではないかと。確かに、その通り。しかし、そこにはある理由があるのです。

歯科治療で肝炎に感染する背景

歯科医が麻酔薬を使い回しするのには、ある事情があるのです。

一般に、医師が薬を処方すれば診療報酬を受取ることができると考えられています。そのため、時には薬の過剰投与が医療費の高騰を招いています。これと同じように、麻酔をすればその分の診療報酬を受取ることが出来ると考えるのは自然なことです。

しかし、現実はそうではありません。そこには現代の医療問題の一端を垣間見ることができます。実は、診療行為のために使った麻酔は診療報酬を請求できないのです。麻酔薬も安いものではありません。歯科医の多くは街の歯医者さんとして独立開業しています。つまり、高価な麻酔薬を使えば使うほど、病院の経営を圧迫することになるのです。

だからといって、麻酔薬を使い回ししていいという理由にはもちろんなりません。麻酔薬を巡る医療制度は性善説に基づいています。つまり、診療報酬を与えなくても、まさか麻酔薬を使い回しすることはないだろうと。しかし、それには綻びも見えてきました。そろそろ見直してもいいころではないでしょうか。

すべての患者が肝炎に感染するわけではない

一部の不心得な歯科医が麻酔薬を使い回しして、不幸にも肝炎に感染している患者の血液が体の中に入ったからといって、全員が肝炎に感染するというわけではありません。

肝炎のウイルスは寄生虫のようなものです。つまり、寄生するものがなければ生きてはいけないのです。カートリッジの麻酔薬のなかに入った肝炎のウイルスにとっては寄生するものがありません。当然、麻酔薬に寄生するわけにいきません。そのため、しばらくすると肝炎のウイルスは死んでしまうのです。

それにも関らず、肝炎に感染してしまうということは、肝炎のウイルスが生きている間に別の患者に麻酔を注射したということでしょう。つまり、肝炎になっている患者に麻酔薬を注射し、その次にきた患者に麻酔薬を使い回ししたということです。

当の患者はそんなこと夢にも思わないでしょう。まさか、歯科医が麻酔薬を使い回し、その結果、自分が肝炎に感染してしまうなどということは。考えてみれば恐ろしいことです。

感染しやすい肝炎の種類

肝炎は、A型、B型、C型の3種類があります。テレビのニュースなどで耳にした人も多いでしょう。

A型は、主に口から感染します。慢性化しません。したがって、重症になる確率は低くなっています。

一方B型は、体液で感染します。先のように麻酔薬に逆流した血液で感染します。これはA型と違って慢性化する可能性があります。しかし、正しい治療でB型肝炎は治ります。また、自然に治る場合も少なくありません。

C型は、主に血液で感染します。したがって、麻酔薬に逆流した血液で感染することになります。C型は慢性化します。ときには、肝硬変になり肝がんになることもある恐ろしい病気です。しかも、C型にはワクチンがありません。そのため、C型肝炎を予防することはできないのです。不幸にして、C型肝炎に感染したら、慢性化しない、肝硬変にならないようにすることが重要です。

虫歯の治療にきたのに、一部の不心得な歯科医の麻酔薬の使い回しでC型肝炎に感染し、肝がんになってしまったら目も当てられないでしょう。

肝炎感染予防のための講習会

エイズが問題になったころ、厚生省と歯科医医師会の主催で講習会が行われました。それは、全ての医療機関の参加が義務付けられていました。その講習会では、先に説明したカートリッジ式の麻酔薬による血液逆流も取り上げられました。したがって、若い歯科医はもちろん、年配の歯科医もそのことは知っているはずなのです。

まとめ

このように、歯と肝炎という意外な組み合わせのウラには複雑に入組んだ問題が潜んでいました。いまは、麻酔薬の使い回しをする医療機関はないと信じたいところです。しかし、ニュースにもなるように、診療報酬を不正請求するという不心得な医師はあとを断ちません。

診療報酬を不正請求してカネを騙し取るのならまだしも、麻酔薬の使い回しは患者の命に関る重大な問題です。麻酔薬の診療報酬に関しては、性善説に立っている今の医療制度にも綻びが見えはじめました。正当な医療行為には正当な診療報酬を支払うような制度に見直す時期にきています。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ